Ordinary fits – Jacket, Pants.

Ordinary fits からも秋冬新作が届きました。
なんとなく懐かしいような、往年の Ordinary fits を彷彿とさせるようなワークなアイテムが入荷してきました。

 

USED 加工のデニムカバーオール。
やや Fuzz らしくないかもしれませんが、とても Ordinary fits らしいというもの。重々しさはなく、ふわりと気楽に着れる気軽さがあり、自然な格好よさがあるジャケットです。

 

スタンドカラーのスタイルで、デニムはさほど厚くなく、重くありません。得意の加工が入ることで質感もよりソフトになり、ゆったりめのシルエットと相まって、着心地も非常にナチュラルです。
オーバーサイズシルエットではなく、多少ボックスシルエットに近い、やや緩いシルエットとなります。

 

ヴィンテージアメリカンな雰囲気も失わず、しかしデイリーカジュアルを標榜する Ordinary fits らしい軽快さがまさる好バランスなデニムジャケットです。

年齢を重ねるにつけ、理屈でなくデニムやリネンなどの素材感のある生地に目が行くようになりますね、という会話が増えてきた昨今、年齢を重ねてきている組にとっては “イマドキ” なアイテムではないでしょうか。
もちろん、年齢をさほど重ねていない組の人にもおすすめです。いない組のみなさんには、いる組にはできない、いい意味でのかわいらしさの出る着方ができるはずです。

 

Ordinary fits – Denim Coverall
col : Used
size : 36/ 38/ 40
price : 28,000 (+tax)

 

 

新作モデルとなる Yard Trouser は、ワークトラウザー型のコットンパンツです。
いかにもメンズならではのしっかりした重厚感があります。

 

 

真冬でもいけるどっしりした厚地のコットンサージに、少し太いという無造作なシルエットが男らしく、ベーシックにワークのテイストが入ることで、取り入れやすさ、コーディネイトしやすさが増します。
“かっこいい” が苦手で、多少の野暮ったさを必要とするときには、このバランスがしっくりくるはずです。

 

Ordinary fits – Denim Coverall
col : Beige / Black
size : 30 / 32
price : 17,000 (+tax)

 

Charpentier de Vaisseau – Sweat Parka, Sweat Pullover.

Charpentier de Vaisseau のスウェットアイテムが入荷しました。
裏起毛のベーシックなスウェットは、年代やスタイル層を問わずにおすすめです。

 

ジップアップのスウェットパーカ。
定番的なヘザーグレーの色味にきわめてシンプルな仕様となります。素材やディテールのウンチクを語らないブランドですが、こういったシンプルなアイテムほど、当たり前のように上質な素材を使っているところに格好よさを感じます。

例によってメンズはワンサイズとなり、だいたい普通のMサイズという印象です。

 

Charpentier de Vaisseau – Sweat Parka
col : Grey
size : 2
price : 15,000 (+tax)

 

同じ素材でクルーネックのスウェットです。こちらもごくごくシンプル。
シルエットはタイトでなく、ほんのり緩め。クルーネックはキュッと締まった感じです。

こういったベーシックアイテムであっても、さらりとシンプルに着て、どことなく違いがあるのがシャルパンティエの不思議です。
本当に微妙なニュアンスなのですが、根気よく展開を継続しているうちに、理解者が少しずつ増えてきている実感があります。

 

Charpentier de Vaisseau – Sweat Pullover
col : Navy / Black
size : 2
price : 11,000 (+tax)

 

FUJITO – Big Silhouette Shirt.

FUJITO のビッグシルエットシャツが新たに入荷しました。
ブランドの定番アイテムとして、オーバーサイズが今ほど定着する以前から脈々と展開されている人気のシャツです。

 

クラシックな風情の小紋のチェック柄。しっかり感のあるどっしりしたコットンブロードで、いかにもメンズ好みなファブリックです。
バーガンディ(見た目としてはブラウン系)とネイビーの2色展開です。

 

(過去の記事を再掲)
================

ビッグシルエットシャツの特徴は、レギュラーカラー、フレンチフロント(裏前立て)、背面がプリーツではなくギャザーの仕様になっている、といったところ。清潔感と軽さが強調されるようなディテールワークになっていて、ゆるいシルエットを上品に着ることができるよう配慮されています。

================

今回もサイズは0と1でのご用意となります。

 

FUJITO – Big Silhouette Shirt *Check
col : Burgundy / Navy
size : 0 / 1
price : 19,000 (+tax)

 

同じくビッグシルエットシャツで、定番的なブロードのものも。カーキの色味がいい感じだったのでピックアップしました。
よりさらっと着れる感じで、どうやってもいい雰囲気で着れそうな気がしてしまいます。

 

FUJITO – Big Silhouette Shirt
col : Khaki
size : 0 / 1
price : 18,000 (+tax)

 

quotidien – Crew Neck Cardigan.

quotidien のクルーネックカーディガンが入荷しました。
ブランドの定番アイテムということもあり、Fuzz でも何度目かの入荷となります。

 

カーディガンといえば、メンズでは特にVネックが多いところですが、あえて丸首で、というもの。
ポケットもない非常にシンプルなデザインで、シルエットは全体にコンパクト。
Vのシャキッとした雰囲気がやわらいで、やさしげな印象になり、よりカジュアルなコーディネイトに使っていただけると思います。

秋冬は裏起毛のやや厚手のコットン生地となります。裏パイルではないのでスウェット生地とは異なりますが、厚さや質感、雰囲気はかなり近いです。

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)

 

SOUTIENCOL – Shirts.

おませしました、SOUTIENCOL から秋冬シーズンの新作シャツが届きました。
おなじみのインポートファブリック、イタリアの canclini の生地を使った2モデルが入荷しました。

 

こちらオールシーズンのコットンブロード、トラディショナルなストライプです。メンズらしい堅実な雰囲気で、ビジネスカジュアルなどにもうってつけでしょう。
ファブリックは薄めで非常にしなやかです。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *canclini
col : Blue Stripe
size : 1 / 2 / 3
price : 19,500 (+tax)

 

やわらかな質感のコットンツイルのチェック柄。標準的な厚みで表面にほんのり起毛が感じられます。
ダークレッドとダークグリーンを合わせた渋い色味も魅力的です。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *canclini
col : Dk.Red Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

D.C.White, Candidum.

D.C.White のセットアップ、Candidum のレジメンタルタイが入荷しました。
オールシーズンのオリジナルファブリックによるジャケット、パンツは、ビジネスシーンも見据えた新しい試みとなります。

 

スタイルはいつもの段返り3つボタンではなく、2ボタンのきわめてベーシックなものとなります。
細身すぎない細身シルエットで、スマートなルックスはいつも通りです。

 

今回、メーカーとして生地からオリジナル開発した力の入ったものとなりますので、まずはその説明です。

D+Armor と名付けられたオリジナルファブリックは、ウールサージのルックスでありながら、PTT繊維を混紡することにより、表層の耐久性や形態回復性を高め、ウールの混率を下げることで水洗いを可能にしています。弱流水による洗濯機での水洗いが可能となり(公的機関 QTEC における耐洗濯テストをクリア)、また表面の摩擦強度が通常のウール素材の3倍あるとされ、摩擦の多く起こる箇所でのピリングやフェルト化を防ぎます。

 

要約すると、イージーケアで耐久性もいいですよ、というものです。
その名の通り、ビジネスマンの “Armor” (鎧) として、日々の戦いの場でガシガシ使えるウェアである、ということでしょう。

 

袖口は仮切羽、裏地は袖裏のみ、内ポケットは両側に備えられ、ベントはセンター、という仕様です。

本当に気兼ねなくガシガシ使うにはプライスも重要という認識で、凝った仕様にせず、きわめてシンプルなつくりに終始しています。
結果的に目を見張るようなプライスになっていますが、メーカーとして何か分からない意地を張っているようにも見えてしまいます。。

 

D.C.White は、Candidum とはまた違う客層も見ていて、おそらく、メーカーとして、もっと若者たちにも入ってきて欲しいというのが強いのでしょう。

そんな若い人などは、量販ビジネススーツとはどこが違うの?と思われるかもしれませんが、当然シルエットや最終的な味つけがひと味違います。量販メーカーのターゲットが全方位なのに対し、やはりファッションブランドというのは、独自の定めたターゲットがあり、そこに向けて商品を放ちます。

そんなこんなも熟知している若くない人(笑)も、それぞれのニーズに従ってうまく使っていただけたらと思います。

 

D.C. White – 2B Tailored Jacket *D+Armor
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 19,000 (+tax)

 

こちら、同じ生地のパンツです。
普通のトラウザーで、かなり幅広いシーズン、また幅広いシーンで使っていただけると思います。

 

ジャケットもそうですが、単体で活用することもおすすめです。特にパンツなどは、カジュアルでもかなり使いやすいのではないかと思います。
かたちさえ好みに合えば、ビジネス用、カジュアル用と別々に、、ということもこのプライスなら考えていいような気がします。

 

D.C. White – Basic Trousers *D+Armor
col : Charcoal
size : 44 / 46 / 48 / 50
price : 11,000 (+tax)

 

Candidum のクレジットで、ベーシックなシルク製レジメンタルタイも入荷しています。
こちらもビジネスからプライベートまで。

 

右上がりは英国式。

 

Candidum – Regimental Tie
col : Wine / Green / Brown
price : 8,000 (+tax)