Le Laboureur – Work Jacket, Pants.

遅れていました、Le Laboureur のジャケットとパンツの入荷です。
モールスキンジャケットのブラック、初登場となるストライプ柄のパンツ、2型が届いています。

 

Fuzz ではずいぶんと長い付き合いになりますラブルール。フレンチワークの一番手という貴重な存在ですが、今季は GALLICE の発注を先にしていたという都合により、少し控えめ。ブラックモールスキンの定番カバーオールと、初見となるヴィンテージ感がすごいブラックストライプのワークパンツ、2種類をセレクトしました。やはり遅れたか、ということもあったので、結果的には間違ってなかったようです。

 

定番のカバーオール、モールスキン、ブラック。
今季は綿100のモールスキン生地、またかなり久しぶりに胸ポケットにラベル入りです。このラベルは非常にあったりなかったりなのです。

 

ガリスとはまた違ったクセを持っていますので、身体的な相性や感性的な好みなどによって、ということになります。
ラブルールのジャケットの特徴は、襟は案外普通でけっこう格好いい、肩が小さめ、着丈と袖が長め、という感じです。

 

ガリスもラブルールもリアルなワークウェアのメーカーですが、ガリスはファッションアイテム向けのプロダクトとしてリアルワークと分けている(古い年代のものを自らリプロダクションしている)のに対し、ラブルールは区分が曖昧です。
ラブルールの製品は本国でリアルワークとしても売られながら、同じものがファッションアイテムとしてイギリスや日本などで扱われています。ただ、ラブルールは生地から生産するメーカーであり、かつワークウェアだけでなく、リアルなハンティング、ゲームウェアも手がけていますので、ハンティングウェアの生地をワークのカバーオールに載せてファッション用に、というようなこともしています。例えば、太畝のコーデュロイなどはハンティング系の生地ですが、ワークジャケットの型で発注できたりするのです。

どちらも現行のフレンチワークウェアも生産しているメーカーですが、我々の手元に届く製品には、このような微妙な違いがあったりします。そうです、知らなくてはいけないことでは、まったくないです。

 

毎度毎度、きっちり同じものとなりますので、基本的には新しく語るべきことはありません。笑。
ですので、前回入荷時の文章を再掲しておきます。

----------

Fuzz では長い付き合いになるフレンチワークジャケット。ファズスタイルとか制服とか言うつもりはまったくありませんが、このジャケットをどう着るか?というのは、隠れテーマのようなかたちで常に裏側に置いておきたいと思っています。

ポケットがたくさん付いているし、生地も縫製も頑丈だし、汚れても気にならないタイプのジャケットだし、ということで、休日のお父さんジャケットにするのも一つのかたち。もしくは飲みに出かける時に羽織る、『飲んだくれジャケット』。

きれいなシャツやタートルネックにスラックスを穿いて、渋めのブーツなど履いて、最後の外しにこのジャケットを着て、というのもまた一つのかたち。タイドアップしたり、スカーフなど巻いてみたり、あえてコントラストをはっきりさせてみると、ファッションにおける意外性という部分に魅力を感じることができます。

 

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Black
size : 0 / 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

さて、今回は変わりダネのお品もお一つ。
久しぶりのパンツアイテムなのですが、生地がモノトーンのストライプ柄というものです。前述の通り、生地からつくるメーカーなので、こちらもオリジナルの生地となり、ワーク屋さんならではのものとなっております。

どうでしょう、だいたい40年代くらいでしょうか、そこよりも前の年代のもので時々見かける、よく分からないストライプがいろいろあるのですが、おそらくそれです。
実はかなり “フレンチワークの薫り” なるものが強いと言え、ちょっと特殊なヴィンテージのテイストも合わせ持つ面白いアイテムです。

 

パンツとしては無造作ストレートのワークトラウザー型。
すごく太いわけでもなく、細いわけでもない、少し太いという程度です。尻と腿は意外とスリムで、絞りをほとんど利かせないストレートシルエット。弊店では、無造作だからこそ味がある、と解釈しております。

ラブルールらしい説得力のあるアイテムと言えるでしょう。ひどくクセのあるアイテムだとは思いますが、モノとしての魅力に溢れているではありませんか。
琴線に触れた方は、是非トライしてみてください。

 

Le Laboureur – Work Trouser *Stripe
col : Black
size : 40 / 42 / 44
price : 17,800 (+tax)

 

Le Laboureur – Classic French Jacket.

久しぶりになってしまいましたが、Le Laboureur のワークジャケットが入荷しております。
定番のモールスキンで、インクブルーとブラック、クラシックアイテムです。

 

昨日の Monument by Yarmo と同じく、本来的に非ファッションアイテムです。ラブルールも単純にリアルなワークジャケットとして、同じものをひたすらに、そう、拍手を贈りたくなるほど、ひたすらに同じものを同じようにつくっているメーカーです。

ラブルールは多少の生地のバリエーションを持っていますので、ややファッション性も感じさせはしますが、基本的には、ワークと、実はハンティングなども手がけているのですが、いずれにしても道具としての服を提供するメーカーです。

ですから、まったくのこちらの勝手な意思で、ファッションアイテムと解釈して着てしまうというものです。元来のまず用途や目的ありきで服がつくられ、着ていた時代に思いを馳せ、敬意を払いながら、街でお洒落着に昇華させていこうという試みです。

 

Fuzz では長い付き合いになるフレンチワークジャケット。ファズスタイルとか制服とか言うつもりはまったくありませんが、このジャケットをどう着るか?というのは、隠れテーマのようなかたちで常に裏側に置いておきたいと思っています。

ポケットがたくさん付いているし、生地も縫製も頑丈だし、汚れても気にならないタイプのジャケットだし、ということで、休日のお父さんジャケットにするのも一つのかたち。もしくは飲みに出かける時に羽織る、『飲んだくれジャケット』。

きれいなシャツやタートルネックにスラックスを穿いて、渋めのブーツなど履いて、最後の外しにこのジャケットを着て、というのもまた一つのかたち。タイドアップしたり、スカーフなど巻いてみたり、あえてコントラストをはっきりさせてみると、ファッションにおける意外性という部分に魅力を感じることができます。

 

今回、インクブルーの方はコットン100、ブラックの方はポリエステル混紡(コットン67/ポリ33)の現代的モールスキン生地となっています。ブラックの方がわずかに厚みがあり、ポリエステルが入っている分、退色が遅く、さらに頑丈という特性があります。現在のワークウェア的にはこちらがメインに使われているそうですが、見た目や風合いとしてはほとんど違いはないかと思います。

Le Laboureur – Work Jacket *Moleskin
col : Navy / Black
size : 0 / 1 / 2
price : 21,800 (+tax)