New Arrivals.

BASISBROEK の新作入荷です。
ブランド定番のロングセラーモデル、Bravo、今季はサマーウールで登場です。

 

股上を大きくとって、尻股まわりはかなりゆったり、膝下からキュッと細い、レングスはだいたいノークッションでジャスト(身長によって異なりますが)、という独特のシルエット。
サルエルパンツのようにもたつきをつくっていますが、サルエルと言えるほどではないです。

先行してご紹介済みの、同じく定番の Senne もそうなのですが、ゆったり感をもって穿くけれど、見た目としては意外にすっきりしている、という特徴があります。

 

生地の方もここ数年来ブランドの定番としている Travel Wool と名付けられたサマーウールが使われ、イージーパンツでありながらもエレガントな雰囲気です。

オリジナルファブリックの Travel Wool は、ストレッチが効いていて、通気性が好く、皺になりにくく、動きやすい、という三拍子を備えた生地となっています。

ウエストはゴム入りでドローコード付き、前の裏側に裏地が付きます。

 

楽ちんなんだけど、ルックスは上品で、カットソーとラフに合わせても絵になるイージーパンツです。

 

BASISBROEK – Bravo
col : Khaki / Blackish
size : 3
price : 18,000 (+tax)

 

FLAMAND のカットソーも新作が入荷です。
秋冬の長袖で展開していたハイネックの半袖ver. となります。

 

幅広のリブで、さほど高く立ち上がらないハイネックです。首元がキュッと締まった印象になる感じです。

シルエットはややゆったりでドロップショルダーというバランス。丈感は標準的で、オーバーサイズと言えるほどまでではない、ルーズシルエットとなります。

 

FLAMAND – High Neck Short Slv.
col : White / Beige / Black
size : 2 / 3 / 4
price : 6,500 (+tax)

 

Vincent et Mireille からはニットのボーダーTシャツが入荷。
一見ニットには見えないのですが、機能素材のポリエステル糸によるニット地になるそうです。

クルーネックで、ややゆったりシルエット。細ボーダーで品が好く、色合わせも抜群に好し。裾にスリットが入っていて気が利いています。

 

糸に撥水加工を施した “Proof PLUS” という特殊なポリエステルニット生地となり、洗濯を繰り返しても効果が持続するそうです。伸縮の利くハイゲージのニット生地で、肌当たり、通気性も良好。コットンのニット地のようなしっとりした滑らかさではなく、ドライタッチのサラサラした触感となります。

撥水コートの糸なので汚れにも強い。洗濯も通常のものと一緒で大丈夫です。

 

撥水ということは、汗を吸いにくいということにもなります。要するに、汗を吸うコットンとは逆の考え方で、汗で濡れないシャツということにもなるはずです。
一枚で着た場合、身体にまとわりついた汗を生地に吸わせず、自然乾燥させていくということになります。汗をかきかきして、すぐにシャツが VishoVisho になるのも不快だったりしますし、どちらが快適なのかは人により、時と場合によって変わってくるとは思います。
もちろん、コットンのインナーを着て、という着方も当然有りでしょう。

ハイテクファブリックもいいですが、そもそも色柄とデザインがかなりいい感じで、コーディネイトも気の利いたものになると思います。

 

Vincent et Mireille – Water Proof Stripe Knit Tee
col : Navy*Green
size : 40 / 42
price : 10,800 (+tax)

 

New Arrivals.

Universal Works の新作ジャケットが入荷しました。
ブランドを代表するモデル Bakers Jacket、素晴らしいファブリックを載せてやってきました。

 

カバーオール型のカジュアルなジャケットですが、あまりワークワークしておらず、スマートに、かつほどよくラフな感じで着ていただける絶妙なバランスです。
こういうかたちでこういうバランスで、そしてそこへ気の利いたファブリックを使う、といったこういうアイテムは、日本ではあまり見かけない、いかにもヨーロッパらしい感覚のアイテムだと思います。

 

飾りのボタンホールやポケットの付き方に Universal Works のデザインを感じます。
実際にポケットは使いますから、実用性も高いです。

 

綾目の立ったツイル生地に弱いという僕の個人的な趣向が影響していますが、素晴らしいファブリックだと判断してのセレクトです。
ズシッとどっしり感のある、厚地のコットンツイルです。特別なガーメントダイ(製品染め)で仕上げられているということで、既に表面に風合いが出ています。コットン素材ですから、着古してアタッて褪せてとエイジングを楽しんでいただけると思います。

 

しっかりしたウエイト感なので、ミドルゲージのニットの上から羽織ってもチグハグにはなりません。そうなると、冬のかなり深いところまで使っていけるはずです。

 

Universal Works – Bakers Jacket *Trio Twill
col : Taupe / Black
size : S / M
price : 35,000 (+tax)

 

BASISBROEK からはオーバーサイズドのフーデッドコートが新作として入荷しました。
ゆるっとした風情で着るルーズでカジュアルなコートです。

 

身まわりはかなりたっぷりで、しっかり肩を落として羽織ります。ギミックとして両サイドにジップが隠れていて、好みの深さでサイドスリットを入れられます。

 

BASISBROEK は、特徴的なデザインに目が行きますが、実は非常にいい生地を使います。今回のこの生地も、細糸度詰めの上質なコットンギャバジンで、マットな光沢がとても上品です。

わたくしの場合はデザインの前に生地の好さに目が行ってしまい、生地が好いとデザインそっちのけで発注してしまうこと多々です。

 

結局コットンなので、いつ着てもOKな雰囲気です。それなりにウエイトがあり、総裏地の仕様なので、インナーにどれだけ着るかで秋から冬、春まで広く使っていただけるはずです。

 

BASISBROEK – Circus
col : Sumi
size : 1 / 2
price : 32,000 (+tax)

 

イタリアのパンツ専業、Riccardo Metha (リカルド・メサ)。久しぶりに定番のワンタックワイドトラウザーが入荷してきました。

 

なんといってもトラウザー専門のファクトリーということで、プロダクトは本格的なつくりで上品です。今回のこのコットンツイルの生地は製品染めにしているので、あまりきれい過ぎず、ほどよく力の抜けた雰囲気で仕上げられています。

 

丈感がジャストからやや短め、全体ワイドながら緩めにテーパードしていて、『太いのに上品』 というシルエットです。ワークパンツやミリタリーパンツの太さとはまた違った感覚で、きれいめな太パンツというポジションとなっています。

 

生地は通年の定番とされている、中厚ミドルウエイトのコットンツイルとなっております。

 

Riccardo Metha – One Tuck Cotton Trouser *Twill
col : Lt.Beige / Black
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

いよいよ入荷が盛々になってきました。服飾の秋ですね。
いいシーズンになってきましたので、しっかりと秋を楽しみましょう!

 

New Arrivals.

BASISBROEK の新作ジャケットが入荷しました。
珍しいディテールが搭載されたウールのジャケットです。

 

コーチジャケットとシャツをミックスしたようなデザイン、素材は化繊混のウールサージ、さらりとしたやや軽い生地となりますので、シャツジャケットのような軽めの感覚です。

 

すっかり定着しているルーズなシルエットはこのジャケットも例にもれず。生地をふんだんに使っていますので、ドレープを伴ったゆったりシルエットとなります。

 

背面を襟から裾まで縦断する隠しファスナー、これが最も特徴的なディテールです。
ファスナーを上げるとベント(スリット)のようになりますので、自在の深さでアクセントをつけられるというものです。深く開けるほどに生地に動きが出ることと思いますが、特に利用せずにこのままでも充分いい感じではあります。

 

ルーズシルエットやオーバーサイズのシャツやカットソーが増えていますので、それらと合わせるジャケットとしても重宝すると思います。
大きめサイズのカットソーを着て、さて、羽織るものが無いなというケースもけっこうあるようです。

 

BASISBROEK – Jagger
col : Brown / Black
size : 2 / 3
price : 20,000 (+tax)

 

SAINT JAMES からはウェッソンの別バージョンが届きました。
ここ数シーズン続いているメランジのモデルが2色で入荷してきました。

 

複数色の糸を使って編みたてられたメランジ生地は、杢の表情がよりはっきりと表れ、変化に富んだルックスとなっています。単色スムースな生地のボトムと合わせるなら、これくらい表情が豊かであるとバランスがうまくとれると思います。

 

SAINT JAMES – OUESSANT Melange
size : T4 / T5 / T6
col : Beige Chine / Indigo Chine
price : 12,000 (+tax)

 

BASISBROEK – Shirt, Pants.

BASISBROEK の新作が入荷しました。
シャツとパンツ、どちらもブラウン系カラーで秋らしい雰囲気です。

 

なかなかのボリュームなルーズシルエットのシャツです。
独特なシルエットに加え、小さめの襟とフライフロント、裾サイドのスリットといったディテールが集まり、一般的なシャツとはずいぶん離れた印象です。
ドレープを利かせてゆったり着るシャツですが、ナチュラルというよりはどことなくクール。BASISBROEK ならではの、ちょっとモード的なニュアンスがかすかに感じ取れる気がします。

 

生地はシャリッとした感じがあるので、化繊絡みかなと思いましたが、コットン100の馬布のような詰まった平織り地となります。
表面はピーチスキンのように微かに起毛感が感じられ、生地そのものにもある種のニュアンスが感じられます。

 

BASISBROEK – Bass
col : Dk.Brown
size : 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

太め、ほとんどストレートシルエットのウールスラックス。
クラシックなスラックスかと思いきや、なかなかのクセが詰まっていて、やはりオリジナリティの強さが感じられるものとなっています。

 

ブラウン、ブラック、ネイビーで構成されたチェック柄も独特で、柄からしてすでにニュアンス有り。ソフトなウールサージで厚ぼったいタイプではなく、ウール地としてはミディアムな地厚です。

 

ウエストにはアウトドア系ウェアに見られるようなゴムとパーツが付いていて、ベルトレスでも穿ける仕様になっています。このあたりも独特です。

 

アウトプリーツの3タックのストレートシルエット、裾ダブル。かなりたっぷりめのルーズで、裾幅がそれなりに広いため、ストンとまっすぐ落ちる感覚です。
ただ、本来なら “かなりたっぷり” が基本になるのでしょうが、ウエスト上限もそれなりに大きかったため、サイズダウンの方が調子がよさそうと考え、1と2というサイズで揃えています。そうなると、極端なワイドにはならず、”けっこう太め” くらいの印象になるかと思います。

 

一見クラシックな風情ながら、しっかりデザインの入ったカジュアルなパンツになっています。前述のシャツと同様、やはりモードファッションのニュアンスが適度に混ざり、ファッション的テンションをしっかり揚げてくれるアイテムとなっております。

 

BASISBROEK – Lexho
col : Brown Check
size : 1 / 2
price : 20,000 (+tax)

 

New Arrivals.

BASISBROEK のショートパンツが入荷しました。

毎年そう多くない Fuzz のショーツのラインナップですが、BASISBROEK のこのコットン・シルクのシリーズはしぶとく継続しています。毎シーズン、デザインやシルエットを微妙に変化させながら、かなり長きにわたって展開されています。

今季は3色での展開です。
膝上丈の短めで、ややワイドと言えるくらいのシルエット。特徴的なポケットが付きデザインも凝っています。

 

ウエストはベルトレスで、ゴムとコードの仕様。ポケットは前後にあって、計4つ。フロントのパッチポケットはマチ付きで少々立体感があり、ほどよくアクセントになっています。

 

コットン80、シルク20のオリジナルファブリックは、もはや BASISBROEK の定番にして看板でしょう。独特のハリ感、光沢感があり、これが化繊によるものでなく、天然素材のナチュラルなものであることが大きな特徴です。

 

BASISBROEK – Flagy
col : Smoky / Leaf / Blackish
size : 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

Vincent et Mireille からも新作のパンツが入荷しています。
こちらはバリバリの化繊で、SOLOTEX という帝人の機能素材を用いたスマートパンツとなります。

 

SOLOTEX とは、ソフト、形態回復、ストレッチ、クッション性という4つの要素を特徴とするファブリックです。化繊でないと難しい薄さとストレッチで、肌当たりがソフトで動きやすいというものとなります。

 

ミリタリー系ワークパンツ的デザインにタックまで入りつつも、シルエットはすっきり細身型です。スリムテーパードのかたちで、タイトフィットと呼ぶほどではないにせよ、股上は浅く、ヒップはコンパクト気味で、余分なゆとりはほとんどとっていません。

 

ディテールはメンズ的で凝っていますが、軽快な素材で快適な穿き心地を指向。素材感とデザインの関係で考えると、アンバランスと言えばアンバランスなのかもしれませんが、スポーティな化繊生地でさっぱりしすぎてしまわないという美点が感じられます。

ワーク系の体裁をとりつつも、実態はアーバンでスマートでリラックスなスポーティ・パンツといった様相です。

 

天然素材での薄地には、『透け』 という敵が強いために限度があります。夏場に一線を超えた薄地を所望するのであれば、化繊に走るべしです。とにかく生地が柔らかく、さらに伸縮しますので、ストレスをほとんど感じずに、機能的に使っていただけると思います。

 

Vincent et Mireille – Slim Stretch Work Pants
col : Navy / Black
size : 38 / 40 / 42
price : 13,800 (+tax)

 

それから、ご好評いただいた Zeno Watch の腕時計が再入荷しました。完売後、ブラックの方で数件お問い合わせをいただいたので、ブラックのみ確保しました。シルバーの方もあるそうなので、ご希望がありましたらご一報ください。
製品についての詳細は、先日のブログ をご一読いただけたらと思います。

Zeno Watch – Vintage Divers
col : Black
price : 15,000 (+tax)

 

New Arrivals.

Universal Works 新作入荷です。
薄手、ライトアウターの MW Fatigue Jacket が入荷しました。

 

ミリタリージャケットの “ジャングルファティーグジャケット” をベースにしたモデルです。
コットンのリップストップでよりリアリティーがあります。

 

薄手の軽い生地となりますので、サマージャケットというところまで使っていけそうなウエイト感。元々のルーツがトロピカルジャケットということもあるので、この軽さがしっくりきます。
Tシャツの上からでも、シャツの上からでも、無造作に羽織って絵になるのはミリタリーならではです。

 

FUJITO でもありましたが、ジャングルファティーグ型はもはやメンズの定番と言える地位を確立し、長きにわたる支持率の高さを誇ります。
コーディネイトのしやすさに加えて、豊富なポケットゆえの実用性の高さも魅力でしょう。FUJITO ほどの細かいアレンジはないものの、こちらもしっかりつくりこんでいて、また微妙に違った着地点になっているようです。
あえて “イージーなジャケット” という雰囲気を強めているように思えます。

 

適度な余裕があって、シルエットのバランスもいい感じです。

Universal Works – MW Fatigue Jacket
col : Sand / Navy
size : XS / S / M
price : 28,000 (+tax)

 

BASISBROEK の定番パンツ Senne も入荷しました。
春夏恒例の定番素材、コットンシルクで登場です。

 

Senne は独特のテーパードシルエットで、穿き感は緩く、見え方は細く、というもの。尻や股の部分に充分なゆとりを持たせ、膝下をグッと細くしています。股上が深めでワンタックが入りますので、なんとなく全体に余裕を感じます。

 

生地はここ数年続いているブランド定番のファブリック、コットンシルクです。
コットン80、シルク20の混率の、目の詰まったハリ感のある薄地生地。薄いですがやわではない、しっかりした生地感で、何より天然素材による光沢感が一番の特徴でしょう。

後染め製品となりますので、シルクが入っていますが水洗いは問題ありません。

 

ウエストはバックギャザーとドローコードでベルトレスで穿けるイージー仕様。ベルトループも付いて、これはこれで嬉しい人がいるはずです。

 

BASISBROEK – Senne
col : Smoky / Blackish
size : 2 / 3 / 4
price : 18,000 (+tax)