Universal Works. – Jackets.

Universal Works のジャケット3型、新入荷です。
ウールや中わたのあたたかジャケットです。

 

初登場モデル、Watchman Jacket。

Outline
ショート丈のウールジャケット。
フロントの大ぶりなフラップポケットが目を惹くブルゾンタイプとなります。
ポケットは二重構造でフラップポケットと横向きのハンドウォーマーポケットに。内ポケットも1つ備わり、計5ポケットと機能的です。
ファブリックはリサイクルウールを素材とするライトウェイトの平織り生地、裏無しの一重仕立てです。目の詰まった思いウール地ではなく、上品で軽い着心地が特徴のイタリア製ファブリックとなります。
シルエットはスタンダードなフィットで、全体的にややコンパクト気味。軽快に羽織るようなスタイルで、真冬には上からオーバーコートを羽織ってのコーディネイトもよさそうです。

 

けっこう前からあったモデルですが、Fuzz では初登場です。ずっとピックアップしたかったのですが、ファブリックとの相性が合わず、今季ようやく念願叶いました。

なんとなく軽快な印象のするショートジャケットで、ショートだけど短すぎずというバランスが好みです。ウールの感がしっかりありつつ、薄地というわけではないですが、ふんわりと軽いので重アウターという感じではなく、この上からコートを羽織ったりして、秋冬の長い期間で着られると思います。
デザインや使っている生地とのバランスなど、とてもヨーロッパ的なジャケットだと思いました。

 

Universal Works – Watchman Jacket *Recycled Soft Wool
col : Black
size : S / M / L
price :38,500 (税込)

 

こちらはおなじみのベイカージャケットですが、”V3 ” ヴァージョンというもの。

Outline
ブランド定番のベイカージャケットにチンストラップとリアポケットが付いたモデルです。
スマート型で均整のとれたシルエットのカバーオール型、豊富なポケットで実用性も高いジャケットです。
生地はしっかりしたウールメルトン、裏無しの一重仕立てとなります。
冬のアウターにもなる厚さがありますので、インにしっかり着てアウターとして、またはインを軽くして上からオーバーコートを羽織ったりと、着方、使い方にも幅がございます。
中に着こめるよう、通常の Bakers Jacket より、わずかに大きめのサイズ設定になっています。

 

チンストラップと背後のフラップポケットが付くのが “V3” ということらしいです。冬仕様ということで、少し大きめにサイジングしているのも芸が細かいです。
ウエストに絞りの利いているスマート型ですので、すっきり着て上からオーバーを羽織ってもいいですし、インにしっかり着込んで、冬アウター扱いということでもOKです。サイズ選びの際には、どう使うかということも考慮に入れてご検討ください。

 

Universal Works – Baker V3 Chore Jacket *Melton
col : Olive
size : S / M / L
price :48,400 (税込)

 

初登場モデル、Carlton Jacket。

Outline
中わた入りのキルティングブルゾンジャケット。
シェルはリサイクルナイロンを素材とし、高い撥水性と耐久性を誇ります。
中わたにはイギリスの Clo Insulation の高性能のインサレーションを使用。わた入りですが、さほどのボリューム感にはならず、快適に、またスマートに着ていただけます。
ショート丈のボンバージャケット型で、ハンドウォーマーポケットに加えて、胸のパッチポケットが Universal Works らしいポイントです。フィットはスタンダード、ジャストサイジングのシルエットとなっています。

 

ボンバージャケットタイプなので、少しスリムなパンツを穿いて、キュッとマフラーをしばいて、、といったイメージでしょうか。(ブランドのルックではけっこう太いパンツと合わせていましたが)

ボリューム感はほどほどですが、しっかりした防寒性能です。

 

Universal Works – Carlton Jacket *Recycled Nylon
col : Sand
size : S / M / L
price : 50,600 (税込)

 

着用写真は、今回はすべてSサイズを着てみました。
60kg 前後でしたら、だいたいSでいいと思いますし、175cm を超えてきたらだいたいMでいいと思うのですが、171cm で65kg を超えてくると、Universal Works のジャケット全般、SとMでけっこう迷います。型の癖やどう着るかによってSだったりMだったりする感じです。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
10月31日(月) 定休日
11月3日(木) Long Open Day 11:00-20:00
11月7日(月) 定休日

New Arrivals.

久しぶりの登場、Yarmouth Oilskins。
新型でシャツ型の丸襟ジャケットが入荷しました。

 

Yarmouth Oilskins について、初めての方もいらっしゃると思いますので、簡単に。

“Yarmouth Oilskins” ブランドは、メーカーとしての Yarmo の本国企画のラインです。単に “Yarmo” というのは、元々リアルなワークウェアのレーベルであり、今でもイギリス国内で流通しています。日本で我々のようなお店が販売している Yarmo については、このワークウェアブランドから発展して、日本の代理店さんの仲介で、アパレル製品として企画されたラインとなっており、ライセンス商品も含め、国内でアパレルブランドとして展開しています。
因みにですが、この代理店さんは、たいへん信用のできる代理店さんであり、Yarmo をここまで育てたのはこの代理店さんならではの手腕であり、、というところはまた長くなるので別の機会に。

とにかく、この Yarmo と一線を画した、Yarmo のメーカーとしての矜持を示すためのブランドが Yarmouth Oilskins なのです。自らの古いアーカイブを駆使して、本物のブリティッシュ・ワークのブランドを展開するという意気込みで運営されている骨太のブランドなのです。

ということで前置きはほどほどに、以下、アイテムについて。

 

Outline
ラウンドカラーのシャツスタイル・ジャケット。
イギリスの生地メーカー Brisbane Moss のブリティッシュ・モールスキンを使用。しっかりした厚みがありながら、ソフトで美しい起毛感のあるモールスキン生地となっています。
ワークシャツのデザインをベースにしていますが、ハンドウォーマーポケットを備えてオーバージャケットとして羽織れるつくりになっています。

半年前の展示会で、片隅にひっそりあったのを発見して唸ったアイテムでした。
なかなかのプライスだったので、一旦は諦めたのですが、待てよ、と思いとどまりました。

明らかにいい生地を使っていて、しかもこの生地は見たことがあるぞ、おそらく、ブリスベン・モスだ。インポーターさんにメーカーに問い合わせてもらったら、あっさり 『ソウデスケド』 という返答があり、ならばこのプライスも納得ができる、という経緯でした。
Brisbane Moss のラベルを付けてくれればいいのに、と思いましたが、この辺の感覚はまた違っているのでしょう。

 

ということで、すごく “海外のモノ” な雰囲気がするジャケットで、このならでのテイストを楽しみたいところです。
国内ブランドのような 『ちょうどいい感じ』 みたいなものが、容赦なく無い感じ。プライドが高くてさりげなく高級な生地を使っているすました感じ。
我々と違ったバックボーンの人たちが、違った感性でつくるからこそ生まれるその違いが面白いです。

 

Yarmouth Oilskins / The Maritime Overshirt *British Moleskin
col : Navy
size : M / L
price : 44,000 (税込)

 

Universal Works からはウール(化繊混)シャツ、もしくはシャツジャケット、2種。
暖かそうですが、素材感としては軽いというのがポイントで、シャツとしても、羽織としても使ってほしいというアイテムです。

 

Outline
ウール系素材のシャツ、あるいはシャツジャケット。
アウターでシャツジャケット、インナーでシャツ、使い方を規定しない意味で Utility Shirt と名付けられています。
厚手起毛の暖かな生地ですが、アウターのインでも着やすいソフトでしなやかなものを使用しています。
シルエットは一般的なシャツよりひとまわり程度大きいサイズ感としています。ほどよい緩さが感じられ、シャツジャケットとしてのサイジングにはなっていますが、上からアウターを羽織ることも想定していますので、肩幅やアームなど、オーバーサイズにし過ぎないよう配慮されたシルエットとサイジングになっています。

 

日本のブランドがつくるシャツジャケットと、なんとなくニュアンスが違うような気がするのは、シルエットの感覚の違いが大きいと思います。
Universal Works のトップスは、シャツやジャケット、コート、基本的にはスマート型で、シルエットでの遊びはしない傾向があり、その分、ファブリックのバリエーションがものすごいです。

 

この生地もなかなか珍しいルックス、質感です。

 

Universal Works – LS Utility Shrt *Bari Fleece
col : Brown
size : S / M / L
price : 22,000 (税込)

 

同型生地違い。リサイクルウールがメイン素材になっています。

 

言ったら CPOシャツのカテゴリなのでしょうが、もう少し軽いイメージで、アウターだけでなく、インナーでも使うぜという意図が強いと思います。
ブランドのルックを見ると、こういったアイテムを用いながら、何かとレイヤードレイヤードという感じでした。色柄もうまく使って重ね着で活用できたら、存在価値はさらに高まるのではないでしょうか。

 

Universal Works – LS Utility Shrt *Recycled Olver Check
col : Grey
size : S / M / L
price : 20,900 (税込)

 

もうひとつイギリスブランド、こちらはスコットランドですが、おなじみの Keela です。
昨年も好評を博したブランド定番の Kintyre Jacket、今季もブラックとネイビーで入荷しました。

Outline
ナイロンシェルのベーシックなアウトドアジャケットです。
自社開発のオリジナルファブリックは防水・防風、透湿性に優れたウレタンコートのナイロン素材となります。
機能性と実用性を重んじる本格的なアウトドアジャケットならではの機能美は、ファッションアパレル的なデザイン美とは違った魅力を備えています。
イギリスのアウトドアジャケットらしい質実剛健な風情が感じられ、素朴な野暮ったさとスタイリッシュさが絶妙にブレンドしたジャケットです。

 

透湿撥水の自社開発のナイロン生地を使用。生粋のアウトドアウェアのメーカーによる、アウトドア用のジャケットです。
オーバージャケットのつくりなので、全体的にゆったりしていて、ラグランスリーブでアームホールも広いです。
わたくしも愛用していますが、『何を着ていようと上から羽織っちまえ系ジャケット』 と位置づけ、実際に何を着ていようと、このジャケットを上から羽織っちまっております。

 

胸ポケットが1つフェイクですが、その分フロントファスナーのところに横向きのポケットがあり、とにかくポケットが豊富なのも嬉しいです。

ちょうど今日、急に寒くて雨も降ってということで、出勤の際に着てきました。
ビジネス用として、スーツの上から、という人もけっこういらっしゃいます。

派手さはないものの、渋さはある、と思っています。

 

Keela – Kintyre Jacket
col : Black / Navy
size : XS / S / M
price : 24,200 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
10月10日(月) 定休日
10月17日(月) 定休日

 

Universal Works. – Jackets.

お待たせしました、Universal Works. ようやく新シーズン開幕です。
コーデュロイの Bakers Jacket、新型のミリタリージャケット、新作ジャケット2型をご紹介します。

 

Universal Works と直接やりとりすることになって数シーズン経ちますが、毎度小さなトラブルがあり、なかなか苦労させられます。加えてやはり輸送の遅延もあり、届くまではヤキモキしているのですが、とにかく今季も無事届いてホッとしています。

今シーズンの Universal Works、空輸遅延のリスクを考えて、晩秋~冬寄りのセレクトになっていますが、いつも通り、Universal Works. らしいアイテムをセレクトしています。
相変わらずイギリス国内、フランス、アメリカで好調らしいですが、日本ではなかなか実物を見られない環境になっていますので、Fuzz が貴重な場になっているという使命感に燃えています。いや、嘘です。使命感はありませんが、12年か13年か、長い付き合いをしているので大切なブランドであることは間違いありません。
ということで、今シーズンも是非注目してみてください。

 

ブランドのコアアイテムとしての位置付け、定番のカバーオール型ジャケット、Bakers Jacket。
毎シーズン、いろいろな生地で展開されていますが、今季はコーデュロイでいい色目を見つけました。
ダークブラウンと言ってしまっていいとは思いますが、ちょっと茶色の赤味が弱く、チャコールグレーとダークブラウンを混ぜたような色合いです。

 

Outline
ブランド発足からつづく展開されているフラッグシップモデル “Baker Jacket” は、スマートなカバーオール型ジャケットです。
豊富なポケットでワークジャケットの機能性を備えつつ、すっきりとジャストサイジングのシルエットで、タウンユースカジュアルのジャケットとして仕立てています。
生地はソフトな質感のコーデュロイ。ふんわりと柔らかく仕上がるフィニッシュを施した上質なファブリックとなっています。
胴裏、袖裏の付いた二重仕立てです。
さまざまなスタイリングに適応する、ユーティリティタイプのジャケットです。

このモデルのアイコンになっている飾りのボタンホール。2番目と3番目の間にあります。

生地はちょうど昨日ご紹介した comm.arch. のコーデュロイと同じ系統で、腰のあるずっしりしたコーデュロイではなく、地厚はしっかりでも質感はふんわりソフトというものです。そういう仕上げをしているとのことで、ゴワゴワしたものではなく着やすい生地です。

 

総裏地で、裏にもポケットが2か所にあって、しっかり丁寧なつくりです。ポケットの多さはワークジャケットならではの実用性の高い部分ですが、シルエットはファッションアイテム的なきちんと感のあるスマート型です。

 

カバーオール型で、すっきりしたシルエットのカジュアルジャケット。こういったバランスで、こういったポジションで、というのは、やはり国内ブランドとは考え方が違っていて、ヨーロッパのブランドならではの感じがします。
あくまでも “ファッションアイテム” であることが自然であり、モチーフを誇大再現することなく、総合力で勝負している感じがします。

 

Universal Works – Bakers Jacket *Cord
col : Licorice
size : S / M / L
price : 37,400 (税込)

 

こちらは今季の新型モデルとなる Peacenik Jacket。
このタイプのミリタリージャケットモチーフは今までありませんでした。

 

Outline
リップストップ生地のミリタリージャケットモデル。
NATOのフィールドジャケットをモチーフに、Universal Works のアレンジを加えています。
特徴的な大きめのポケットがフロントに4つ、バックに1つ、計5つ備わり、ウエスト、裾のコードやダブルジップなど、細やかなディテールが随所に見られる手の込んだつくりとなっています。
生地はずっしり感のあるしっかりしたコットンリップストップです。仕上げにハードウォッシュの加工をかけて、全体にフェード感を出し、生地も柔らかくなっています。
シルエットは Universal Works の通常よりは少し大ぶりに設定していますが、極端なオーバーサイズではござません。適度なざっくり感が出る程度のサイジングとなっています。

 

全体的にずしっとしっかり感があるジャケットで、つまりはこのコットンリップストップの生地のウエイトが見た目より実際の方があるということでしょう。軽いと思ったら、案外重いね、という感じ。

ディテールもずいぶん細かく、しっかりつくってあります。
ユニバーサル・ワークスは、十数年前のブランド発足の頃からインド生産をしていますが、このモデルがインド生産と聞くと、もしかして、ホークウッドがつくった?と勘ぐってしまいたくなります。

 

こちらもポケットがしっかりあって、バッグを持ち歩きたくない派には嬉しいポイントになるでしょう。
シルエットは逆にざっくり系で、少し大ぶりなバランスで仕上げています。こちらは男っぽく無造作に羽織るイメージでつくられたのでしょうか。

 

Universal Works – Peacenik Jacket *Heavy Ripstop
col : Black
size : Black
price : 36,300 (税込)

 

バリバリのミリタリーモチーフのジャケットのネーミングが “Peacenik Jacket”。以前もどこかで話しましたが、ファショニスタの反戦表明は、ミリタリーウェアをストリートでお洒落に着こなすことでございます。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
10月3日(月) 定休日
10月10日(月) 定休日

Universal Works – Bucket Hat.

Universal Works のハットが新たに入荷しました。
長きにわたって定番展開している Bucket Hat、久しぶりの登場です。

 

こちら、半袖シャツでもありました、Indigo Jungle というファブリックが使われています。
コットンシャンブレーに同色系統の総柄プリントを載せた面白い雰囲気のテキスタイルとなっています。

 

なんとなくプレーンなコーディネイトになってしまったなという時に、たいへん気の利いたアクセントになってくれるはず。

 

こちらはシアサッカーでブラウンとネイビーのチェック柄。シャンブレー総柄プリントよりインパクトは控えめながら、シーズン性もあり、堅実に使っていけそうな雰囲気です。

 

帽子は、実用アイテムとして、気分アイテムとして、各々それぞれの動機でお手に取ると思いますが、どちらかというと、具体的なイメージで狙って探すというよりは、あれこれといろいろ見て、出会えるかどうかという類いのアイテムかと思います。

Universal Works. のこのモデルは、シーズン毎に、当期のコレクション内で使われたファブリックによって展開されるため、シーズン性が豊かであり、一期一会の感のある、まさに出会い系ハットとなっております。
何につけ、出会いは大切にしたいものでございます。

 

Universal Works – Bucket Hat
col : Indigo Jungle / Check Seersucker
size : L
price : 8,800 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
6月6日(月) 定休日
6月13日(月) 定休日

Universal Works. – Short Sleeve Shirts.

Universal Works. の半袖シャツが入荷しました。
ゴールデンウィークが明けたら、次に目指すは夏休み。ぼちぼち夏支度も進めていきましょう。

 

ここ数年来、夏アイテムとしては恒例の品揃えとなります Universak Works. の半袖シャツ。やはり見どころは、イギリス人のデザイナー、デイヴィッドが用意する夏のシャツ地でしょう。
色合いや柄の雰囲気など、国産生地とは少々趣が違うヨーロッパのカジュアルなカテゴリのファブリックを、リラックスして着られるオープンカラーの半袖シャツでお楽しみください。

 

長い付き合いをしているとUniversal Works らしいなと感じるコットンの織柄ストライプ。
ヨーロッパ的な薫りもするし、アメリカ古着でも目にしそうな雰囲気で、とにかくオールドテイストを感じます。

 

Universal Works – Road Shirt *Togo Stripe
col : Sand
size : S / M / L
price : 17,600 (税込)

 

オーガニックコットンの生地に総柄ヒマワリプリント。こちらも雰囲気にらしさを感じます。
アメリカのアロハを扱わない Fuzz としては、こういうタイプは、『ヨーロッパ的アロハシャツ』 という感覚でピックアップします。ちょっとしたリゾートテイストは夏ならではのお洒落です。

 

Universal Works – Road Shirt *Sun Flower Organic
col : Navy
size : S / M / L
price : 17,600 (税込)

 

こちら、今季新型となります Camp Shirt というモデルです。Road Shirt 同様オープンカラーのモデルですが、シルエット、サイジングが異なります。
Road Shirt に比べてひとまわり大きなサイジングとなり、オーバーサイズの設定になっています。着丈も少し長めですが、こちらは身頃に前後差を付けています。

ファブリックは渋い色合いのマドラスチェックです。地味すぎず、派手すぎず、普通にタウンユースできる雰囲気かと思います。

Universal Works – Camp Shirt *Madras Plaid
col : Navy Check
size : S / M / L
price : 17,600 (税込)

 

同じく Camp Shirt で、少々インパクトのあるプリント総柄。
シャンブレーの地に同系色でボタニカルのプリントを総柄で入れているのですが、とてもいい具合におさまっているように思います。
ほどよいリゾート感もあり、スペシャルな渋さもあり、面白くも魅力的なシャツになっていると思います。

 

Universal Works – Camp Shirt *Indigo Jungle
col : Indigo
size : S / M / L
price : 18,700 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
5月16日(月) 定休日
5月23日(月) 定休日