New Arrivals.

Yarmo、CC41シリーズの新作、2 Tuck Shorts が入荷しました。
爽やかなインディゴのストライプは、KOJIMA DENIM (児島産デニム)となります。

 

2タックが入り、全体にルーズでボリュームしっかり。ウエストはドローコードでギュッと絞るだけのアナログな仕様となっており、かえって新鮮、かつ何とも言えない雰囲気が出ているように思います。とても Yarmo らしい、ヨーロピアン・マリンのテイストを感じていただけるはずです。

 

まっ白のシャツかTシャツを着て、ベージュやブラウン系のエスパドリーユ、もしくはブラウンレザーのサンダルで合わせたい、というようなイメージでしょうか。

 

Yarmo – 2 Tuck Shorts *Denim Stripe
col : Indigo Stripe
size : 44 / 46 / 48
price : 19,800 (税込み)

 

Oridinart fits からも新作ショーツが届いています。
定番モデルの Twist Pants をショーツにしました、Twist Shorts です。

 

こちらもデニム生地のショーツとなっており、中厚、やや軽めの国産デニムを使用。斜めに大きく入ったタックが目を惹く特徴となっており、少々ラップパンツのようなニュアンスを醸します。

 

シルエットはゆったりルーズ、ボリューム感もあり、なので、サイズをいつもより小さめでとっています。通常レディースサイズとされている 0 とメンズSとされている 1のツーサイズの展開となります。これで充分メンズのS/M、M/L という感じでいけます。

 

ウエストはストレスのないゴムとコード。股上が深くてゆったりしているので、たるっ、とした感じの雰囲気となっています。

 

Ordinary fits – Twist Shorts
col : Indigo
size : 0 / 1
price : 14,300 (税込)

 

GICIPI のタンクトップ。
既にご紹介してきたロンT、カーディガン、ポケTと同じ生地によるベーシックなタンクトップです。

 

ハイゲージの強タンブラー済みの天竺コットン生地は、ハイゲージなのに、それなりに厚みがあるというもの。目を詰めて厚地にして、シルケット加工のような表面の毛羽立ちを演出しています。

細からず緩からずのスタンダードフィットとなりますので、真夏に単体でもいけますし、そろそろシャツの下に着るインナーとしてもしっかり活躍してくれそうです。

 

GICIPI – Tank Top
col : White / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 4,730 (税込)

 

Universal Works のスニーカーソックス。
スラブ織り、マーブル柄です。

 

スニーカーはもちろん、スポーツサンダルなどでも重宝することと思います。

 

Universal Works – Ankle Slub Socks
col : Dk.Sand / Navy
size : M
price : 2,420 (税込)

 

----------

 

■おしらせ

突然ですが、本日から6月20日まで、送料無料キャンペーン を実施することにしました。
シンプルに、通販利用の際の送料が無料となります。

緊急事態宣言が延長することが決まったようなので、Fuzz もここらでひとつ景気対策です。本当にささやかなサービスで恐縮なのですが、軽く背中を押すことにつながればと願っております。

実店舗は普通に営業していますので、出かけられる方々は、どうぞいつでもご来店ください。
新作入荷が重なり、店頭も充実してきています。マスク着用などのマナーを守っていただき、楽しくお買い物をしていただけたらと思います。

春夏シーズンの後半に入ってきたような時期ですが、この後もまだまだ新作入荷は続きます。
ひきつづき、宜しくお願いいたします!

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Universal Works – Shirts.

Universal Works の半袖シャツが入荷しました。

数年来、この時期の恒例となっている、開襟シャツの Road Shirt というモデルを中心としたカジュアルな半袖群です。生地感やカラーで遊びごころがあり、ストリートからリゾートまで、夏スタイルに欠かせないアイテムになっております。

 

いつもは柄ものを狙いますが、今シーズンは総柄で面白いものが出ていませんでしたので、シンプルに使いやすいという方に舵を切りました。例年よりはやや手堅い印象ではありますが、その分、気軽に、かつ幅広く使っていけると思います。

 

この一つだけ新型となります Utility SS Shirt というモデル。
ミリタリーシャツをモチーフにした Universal Works. らしいテイストです。

両胸フラップポケット、ペン挿し、少しだけ大きいボタン、このあたりがミリタリーシャツ的なディテール。サイドスリットにわずかな身頃の前後差、といったアレンジを加えてバランスを整えています。

 

生地は毎シーズンの定番素材となる反染めのコットンポプリンです。普通のコットンのシャツ地だと思ってもらって大丈夫です。
色名が OLIVE となっていますが、実際はもう少し明るい印象で、ウグイス色、抹茶色の方に近い感じです。この色合いによって、ミリタリーの重さ、堅さが取れて、少しポップな方向に向いたように思えます。

Universal Works – Utility SS Shirt *Cotton Poplin
col : Olive
size : XS / S / M
price : 16,500 (税込)

 

ここから Road Shirt です、まずはシアサッカーのブラウン。
こちらも後染めとなります。

Road Shirt は開襟シャツで、裾がストレートカットで、ボックスシルエット気味のシルエットになっています。そのため、イギリスのシャツなのに着丈が長すぎて困るということが起こりにくく、我々ジャパニーズも親しみやすいというシャツなのです。

 

Universal Works – Road Shirt *Seersucker
col : Brown
size : XS / S / M
price : 17,600 (税込)

 

Fine Chambray という生地で2色。
ちょっときれいめというか、ドレスの方でよく使われるような目の細かいシャンブレー生地となります。カジュアルですと、ワークシャツ路線の目の粗いシャンブレーが多いと思いますが、その対極のシャンブレーです。

 

やや光沢感があることが特徴です。少々お上品な雰囲気ではありますが、シャツのデザインとしてはラフなテイストなので、いってこいで普通ということで。

 

Universal Works – Road Shirt *Fine Chambray
col : Lt.Indigo / Dk.Indigo
size : XS / S / M
price : 17,600 (税込)

 

こちらは綿麻生地、麻55、綿45で、ネイビーです。
ごくシンプルではありますが、いざ着るとなると、間違いないところではないかと思います。

 

リネンシャツということでか、同じモデルでも他のものよりやや大きめにつくられています。元来、トラッドの世界では、リネンシャツは少し着丈が長いものを着るという、ちょっとしたルールがあったりしますが、おそらくそういう感覚で大きくしたのではないかと思います。
『そういうものだよね』 的なざっくりした感覚かもしれませんが、ヨーロッパのブランドは自然とそういうことをしたりします。

 

Universal Works – Road Shirt *Linen Shirting
col : Navy
size : XS / S / M / L
price : 17,600 (税込)

 

-----------

 

カレンダー上のゴールデンウィークが終わったわけですが、みなさんどんな連休だったでしょう?まだこれから後半戦ですという人も一部いるようですが、新宿の街やニュースなどを見ていると、出勤している人の方が多いのかなという印象です。

Fuzz のゴールデンウィークはどんな感じだったかと言えば、それなりにお客さんが訪れていただき、通販利用の方はけっこう多く、結局、僕個人は普通に忙しく過ごしていました。本当にありがたい限りです。

ゴールデンウィークというのは、春夏シーズンの流れの中でのひとつの節目になっていて、販売ベースでは、ここを過ぎると夏への意識が強まります。しかし実際は、ようやくリネンシャツが着れる時期に入り、今、店頭で一番よく売れているのが SAINT JAMES のウェッソンだったりします。

ここ数年の Fuzz では、春夏シーズンのアイテム構成を、ちょうど今から初夏、梅雨あたりの季節で活躍するアイテムを重点的に揃えていて、これまでせっせとご紹介していたアイテムも、多くはちょうど今くらいから着られるものになっています。
ですので、だいぶ前にご紹介したものも、ようやく相応しいシーズンに入ったということも多く、どうぞ入荷したてのアイテムだけでなく、広くいろいろと物色していただけたらと思います。

個人的な話ですが、ゴールデンウィークが終わると、ようやく本格的な洋服の整理をするのが慣例になっています。これまで雑な衣替えというか、ざっくりした入れ替えだったものを、玄関の下駄箱に入れておく靴を入れ替え、いくつかのコートをクリーニングに出し、ニットを何度かに分けて水洗いして、クローゼットに防虫剤やドライペットを配備して、、、
なかなか大変な作業ですが、まだ湿度も低く、晴れればとても快適な季節なので、こういう作業も意外と楽しいものです。
外出がままならない今のような時期においては、特に相応しい作業であるような気がします。。

しかし、、来年のゴールデンウィークはどんな感じなのだろう、と思わずにはいられませんねぇ。

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Universal Works.

Universal Works の新作入荷です。
ジャケット、パンツ、ソックス、魅力的なアイテムがいろいろ入ってきています!

 

リネン・ウールのジャケットとパンツ。
それぞれ単体が基本ではありますが、同じ生地なのでセットアップでもいけると思います。

リネン・ウールのたいへんシックで上品なファブリックのプロダクトです。

 

モデルとしては Fuzz では初登場の Nehru Jacket というもので、スタンドカラーのカバーオール型です。ポケットの付き方など総じて Universal Works らしさが全開で、シルエットはスマート型となります。

 

生地がスペシャルで、リネン・ウール素材となっています。トロピカルウールとリネンを合わせたようなことなので、リネン100やコットンリネンとは皺の出方が違い、表情は似ていても質感としてけっこう違います。ウールが入る分、皺をもどす力が働きますので、着ていてもしわしわという感じにはならず、より品よく見えるはずです。
そしてもちろん、天然素材由来のナチュラルな光沢も魅力的。

 

カジュアルなスタイルのジャケットなので、気軽に羽織っていただけるのですが、ダークトーンの色合いと相まり、シックで落ち着いた印象です。シルクのスカーフなど巻いて、思い切り格好つけるのも気持ちがいいのではないでしょうか。

 

Universal Works – Nehru Jacket *Linen Mix Suiting
col : Dk.Brown
size : XS / S / M
price : 38,500 (税込)

 

同じ生地で Military Chino。
Universal Works で最も定番的なボトムとして位置づけられてるモデルです。

シルエットはやや強めのテーパード型です。腿がゆったり、からの裾に向かって細くなり、穿き感はそれなりに緩く、ルックスとしてはすっきりしているというものです。
生地が渋いので、やはりシックな雰囲気です。

 

Universal Works – Military Chino *Linen Mix Suiting
col : Dk.Brown
size : 30 / 32 / 34
price : 24,200 (税込)

 

同じ Military Chino で別生地、ハケメのようなルックスのコットン薄地。絶妙な中間色で、こちらも渋い雰囲気です。

 

ほんのりと杢のような雰囲気の表情があり、色合いが柔らかで上品です。
白いシャツやTシャツとこぎれいなスニーカー。なんとなく爽やかに合わせたくなるような印象です。

 

Universal Works – Military Chino *Washed Suiting
col : Sand
size : 30 / 32 / 34
price : 20,900 (税込)

 

こちら新型モデルの Travail Shirt。
シャツとジャケットの中間に着地した、いわゆるシャツジャケットです。

 

裾のカットはシャツですが、ポケットの付き方はジャケット。どちらかといいうと、という感じでジャケットの方に分類していますが、もはやそこにこだわる必要はないでしょう。

大きな特徴は2つで、ルーズシルエットであることと、リサイクルナイロン素材ですごく軽い生地であること。

 

ゆったりシルエットと軽い薄地ということで、ふんわり感が連想されます。
物理的に軽いので、バッグに詰めてもストレスはありません。そういう意味での Travail Shirt というネーミングなのでしょう。丸めてグイグイ詰め込むようなイメージでしょうか。

 

ガゼットにチェーンステッチという意匠。細かいところもいいですね。

 

Universal Works – Travail Shirt *Recycled Nylon
col : Sand
size : S / M / L
price : 20,900 (税込)

 

長年経ちますが初めてです、ソックスもご用意しました。
畔編みのコットンニットソックス、ボーダー柄。

 

Universal Works – Cotton Border Socks
col : Navy / Green
size : M
price : 2,860 (税込)

 

春夏新作、続々入荷中。
入荷遅れやサーバー移転などの影響で、ちょっと進行が遅れていましたが、ようやく追いついてきた感じです。
今季はパンツアイテムが例年より多く集まっている印象です。

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

待ち焦がれた Universal Works、新作が届き、ようやく新シーズンが開幕です。
ジャケットとパンツを1型ずつご紹介します。

 

今季新作となる Dockside Overshirt。
カバーオール型、コットンリップストップの春ジャケットです。

オーバーシャツというモデル名ですが、ジャケット型のシャツというよりは、しっかりジャケット然としていて、ライトなカバーオール型のイージージャケットという表現の方がしっくりきます。コットンリップストップの生地は、ジャケットとしては薄地で軽めですが、シャツ地のような軽さではなく、ハリ感のあるしっかりした質感となっています。

 

多少ゆったりしていますが、ルーズすぎず、概ね標準的なフィットで、オーソドックスなカバーオールのスタイルをベースにしています。Universal Works らしいポケット配置があり、ほどよいアクセントのあるデザインで、コーディネイトの幅も広いことでしょう。カジュアルシーンにおいて、使い方、合わせ方等、トータルで見て、すごく使いやすいジャケットではないかと思います。
そして、とても Universal Works らしいジャケットであることは間違いないでしょう。

 

Universal Works – Dockside Overshirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 27,500 (税込)

 

イージーパンツ型モデル、Track Trouser。
ウエストがゴムとコードのテーパードシルエット。裾をつまみ縫いしてテーパードをつくっているのが特徴です。

 

トラックパンツというモデル名ということですから、スポーツ系のパンツをモチーフにしたのでしょう。つくりはシンプルで、穿きやすいゆったりルーズテーパード型のイージーパンツです。

 

“Herringbone Denim” という生地の名前が付いていますが、実際はデニム生地ではなく、ヘリンボーン織りのコットン地をインディゴで後染めをかけた、”デニムのような” コットン地です。
やや薄手というくらいのソフトな生地で、やわらかな穿き心地です。
インディゴの青も心地好いことでしょう。

 

Universal Works – Track Trouser
col : Indigo
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 17,600 (税込)

 

こちらは ARAN の新作、Belt PT。共地のベルトが特徴の、ベルテッドパンツです。
以前からある Belted Pants というモデルの後継というか、だいたい同じというか、微妙に改良が重ねられて続いている定番モデルとなります。

 

適度にゆったり感のあるテーパードシルエット。股上がやや深く、穿き感はそれなりにゆったりしてますが、見え方はそれなりにすっきりしている、というものです。
はっきり細いわけでもなく、太いというところまではいかないという中庸テーパード。さりげなく、自然に穿ける雰囲気ではないかと思います。

 

 

生地は “Military Moleskin” と名付けられたライトオンスのコットンモールスキンです。起毛感や光沢感はあまり感じられず、言われてみると確かにモールスキンですね、という感じ。
地厚はやや薄いくらいですが、目の詰まった生地なので、薄地ともなかなか言えないような、だいたいオールシーズンといったウエイト感となっています。

 

先日ご紹介したジャケットも好評な ARAN。ひっそりと注目してください。
これはいいこれはいいとあまり騒いでしまうと、デザイナーさんは照れて隠れてしまいますので、是非ひっそりと注目してください。笑。
派手さはありませんが、その分、安心感があって信用できると思います。堅実なモノづくりの姿勢や、飽きの来ない落ち着いたデザイン、大人の年代として、ちょうどよいカジュアル加減、僕としてはこの辺のところをアピールしていきたいと思っています。

 

ARAN – Belt PT
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

BRENA の新作ジャケットが入荷しました。
今季新作モデルとなります DEAR はブルゾン型の冬ジャケットです。

 

ドッグイヤー型のカラーを採用したブルゾンジャケットということで、伝統的なスウィングトップブルゾンというルックスではありますが、きっちりと BRENA らしい独自のバランスで仕上げられています。

適度なゆったり感と丸みを与え、現代的なのか古典的なのかよく分からない、それがつまり BRENA らしいバランスです。それは格好良く細身ということでもないし、今っぽいルーズということでもない、という意味で、ちょうど中間くらい、悪い言い方をしてしまうと中途半端ですが、なんとなく味がある感じになるのがこのバランスです。
これは他のジャケットにも共通するポイントですが、支持する人はけっこう多いです。

そして何より目を惹くのがファブリック。
上質なメルトンかと思いきや、実はカシミヤ混のツイード生地です。充分な地厚があり、カシミヤのおかげでソフトで滑らか。野趣溢れるツイードではなく、しっとりと高級感を感じさせてくれるツイード生地となっています。

 

袖の付き方はスプリットラグラン(前身がセットインで後身がラグラン)、きれいに裏地が付いた総裏仕立て、袖口はシャツカフで上品に。
このジャケットも一人の職人が一着全てを縫い上げる丸縫いの方法でつくられています。

シャープな格好よさではなく、渋さと味のある格好よさ、という印象です。元々男っぽいジャケットなのかもしれませんが、質感や色味と相まって、落ち着きと優しさを感じさせてくれるような気がします。

 

BRENA – DEAR
col : Dk.Brown
size : 44 / 46 / 48
price : 39,000 (+tax)

 

Universal Jacket も新作入荷です。
前回同様カバーオールタイプ、Bakers Chore Jacket というモデルとなります。いちばんの定番 Bakers Jacket とほとんど同じかたち、デザインです。

 

大元はワークジャケットをルーツにするのかもしれませんが、しっかりファッショナブルに仕上げたモデルです。ワークジャケット的な気安さに適度なファッション性、スマートさを加えたような感じでしょうか。

生地はポルトガルのウール織物のメーカー Burel のメルトンです。腰のある中厚地で、厚すぎず、でもしっかり感のある冬向け生地です。裏無しの一重(ひとえ)のつくりとなっています。

 

スラリと上品に着こなせるカバーオール型ジャケットは、意外と僕が見わたしている日本のブランドのプロダクトでは少ないです。格好よく着こなせて、でもラペルドのジャケットよりカジュアルな雰囲気になりますので、実際着やすく、使いやすいのではないかと思います。

 

Universal Works – Bakers Chore Jacket *Burel Wool
col : Black
size : S / M / L
price : 38,000 (+tax)

 

冬物入荷もはじまって、いよいよお店としては一年を通じて最も商品が充実する時期になってきました。秋冬のトップシーズン、みなさんの元気な物色を期待しています!

 

New Arrivals.

Universal Works の新作ジャケットが入荷しました。
ブランドを代表するモデル Bakers Jacket、素晴らしいファブリックを載せてやってきました。

 

カバーオール型のカジュアルなジャケットですが、あまりワークワークしておらず、スマートに、かつほどよくラフな感じで着ていただける絶妙なバランスです。
こういうかたちでこういうバランスで、そしてそこへ気の利いたファブリックを使う、といったこういうアイテムは、日本ではあまり見かけない、いかにもヨーロッパらしい感覚のアイテムだと思います。

 

飾りのボタンホールやポケットの付き方に Universal Works のデザインを感じます。
実際にポケットは使いますから、実用性も高いです。

 

綾目の立ったツイル生地に弱いという僕の個人的な趣向が影響していますが、素晴らしいファブリックだと判断してのセレクトです。
ズシッとどっしり感のある、厚地のコットンツイルです。特別なガーメントダイ(製品染め)で仕上げられているということで、既に表面に風合いが出ています。コットン素材ですから、着古してアタッて褪せてとエイジングを楽しんでいただけると思います。

 

しっかりしたウエイト感なので、ミドルゲージのニットの上から羽織ってもチグハグにはなりません。そうなると、冬のかなり深いところまで使っていけるはずです。

 

Universal Works – Bakers Jacket *Trio Twill
col : Taupe / Black
size : S / M
price : 35,000 (+tax)

 

BASISBROEK からはオーバーサイズドのフーデッドコートが新作として入荷しました。
ゆるっとした風情で着るルーズでカジュアルなコートです。

 

身まわりはかなりたっぷりで、しっかり肩を落として羽織ります。ギミックとして両サイドにジップが隠れていて、好みの深さでサイドスリットを入れられます。

 

BASISBROEK は、特徴的なデザインに目が行きますが、実は非常にいい生地を使います。今回のこの生地も、細糸度詰めの上質なコットンギャバジンで、マットな光沢がとても上品です。

わたくしの場合はデザインの前に生地の好さに目が行ってしまい、生地が好いとデザインそっちのけで発注してしまうこと多々です。

 

結局コットンなので、いつ着てもOKな雰囲気です。それなりにウエイトがあり、総裏地の仕様なので、インナーにどれだけ着るかで秋から冬、春まで広く使っていただけるはずです。

 

BASISBROEK – Circus
col : Sumi
size : 1 / 2
price : 32,000 (+tax)

 

イタリアのパンツ専業、Riccardo Metha (リカルド・メサ)。久しぶりに定番のワンタックワイドトラウザーが入荷してきました。

 

なんといってもトラウザー専門のファクトリーということで、プロダクトは本格的なつくりで上品です。今回のこのコットンツイルの生地は製品染めにしているので、あまりきれい過ぎず、ほどよく力の抜けた雰囲気で仕上げられています。

 

丈感がジャストからやや短め、全体ワイドながら緩めにテーパードしていて、『太いのに上品』 というシルエットです。ワークパンツやミリタリーパンツの太さとはまた違った感覚で、きれいめな太パンツというポジションとなっています。

 

生地は通年の定番とされている、中厚ミドルウエイトのコットンツイルとなっております。

 

Riccardo Metha – One Tuck Cotton Trouser *Twill
col : Lt.Beige / Black
size : 44 / 46 / 48
price : 18,000 (+tax)

 

いよいよ入荷が盛々になってきました。服飾の秋ですね。
いいシーズンになってきましたので、しっかりと秋を楽しみましょう!