J&S FRANKLIN EQUIPMENT – Military Down.

J&S FRANKLIN EQUIPMENT のダウンアイテムが入荷しました。
イギリス軍ベースでダウンジャケット、ダウンコート!

 

久しぶりの登場なので、ブランドのプロフィールを再掲しておきましょう。

●J&S FRANKLIN EQUIPMENT
1946年、2人の若者がロンドンにて創業。創業者の一人はWW2下でパイロットとして活躍していました。
軍隊経験からのコネクションを活用して、軍需製品のマニファクチュアとして成長を続け、現在では欧米、東南アジアなどに支社を展開しています。英国内のみならず、世界各国の政府、MODやNATO、民間の警備、防衛関連の組織などへ供給を続けており、特に UK Military of Defence とは40年以上もの間、メジャーコントラクターとしての関係を継続しています。
その商品ラインナップは多岐にわたり、軍用シェルター、テント、キャンプ関連製品からユニフォームなどの衣類、各種装備品まで展開しています。

--------

という硬派なメーカーですが、ご紹介するのはファッション向けアパレル製品となります。イギリスの軍用衣料や装備のサプライヤーという側面をバックボーンとして、一般にも細々とプロダクトを供給しています。本格的なファッションアイテムの展開というよりは、ある種のコンセプトブランドのようなかたちをとり、自らの得意を生かしてのプロダクションということです。

大きく展開するブランドではありませんが、ブリティッシュのカラーを強く打ち出してくるブランドで、しかもしっかり使いやすく、プライスも威張っていないので個人的にすごく好きです。
今シーズンは、UKミリタリーのテイストで、ダウンジャケット、ダウンコートをセレクトしてみました。

 

まずは、いかにもミリタリーな、大ぶりサイズのフィールドコート調。これもダウン内蔵です。
モッズコートやモンスターパーカーを彷彿とさせます。

 

Outline
ブリティッシュ・アーミーの “PCS Thermal Jacket” をベースにしてコートにアレンジ。オーバーサイジングでモッズコート、あるいはモンスターパーカーをイメージしたダウンコートとなります。
・アウターシェルは軽量でしなやかな高密度織りの撥水リップストップポリエステル。
・中わたはポーランド製650フィルパワーのダウン。
・ダウンの厚みはオーバースペックにならないようほどよく控えめ。
・特徴的な大きな襟、襟裏はフリース素材。
・襟縁にコードが内蔵。
・襟にフードを収納。
・全体にゆったりルーズ、独特の裾のライン。

ミリタリーの武骨さがありつつもファッショナブルな雰囲気。あとはやっぱり暖かいというのが一番で、襟裏のフリースがいい仕事しています。

 

着てみての感想は、デカい、あたたかい、です。
オーバーサイジングの設定でのSサイズを着て充分ゆとりがありますが、かえって正解はMなのか?とも思ってしまいます。
袖口が絞れますので、ギュッと絞ってアームの太さを際立たせて、という着方が正解でしょう。

 

J&S FRANKLIN EQUIPMENT – British Army PCS Long Parker
col : Olive
size : S / M
price : 59,400 (税込)

 

こちらはUKサーマルジャケットのまんまのデザインで、ダウンを入れたもの。アパレル向けですから、あえてブラックを選びました。

 

Outline
ブリティッシュ・アーミーの “PCS Thermal Jacket” をダウンジャケットにアレンジ。デザインはそのままに、ポーランド産ダウンを装填してタウンユースアイテムに昇華しています。
・アウターシェルは軽量でしなやかな高密度織りの撥水リップストップポリエステル。
・中わたはポーランド製650フィルパワーのダウン。
・ダウンの厚みはオーバースペックにならないようほどよく控えめ。
・襟裏はフリース素材。
・襟にフードを収納。
・襟縁、裾にコード内蔵。
・シルエットはミリタリー的なノーマルフィット。オーバーサイジングではありませんが、全体にややゆったりしています。

 

こちらは無造作に、Oyazzy な雰囲気で着ていくのが正攻法かと思います。ダウンを着たいけど、スポーツ系、アウトドア系、ファッション系、どうもしっくりこない、という方々に向けて、満を持してのミリタリーはいかがでしょうと。

どちらかというと僕自身もそういう感じですので、ミリタリーならありがたいです。お洒落感があるのかないのか、曖昧なくらいが使いやすいですし、しっかりオヤジとして Oyazzy に着たいです。

それにしても、やっぱりダウンは軽いですねぇ。

 

J&S FRANKLIN EQUIPMENT – British Army PCS Light Weight Down Jacket
col : Black
size : S / M / L
price : 49,500 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
11月21日(月) 定休日
11月28日(月) 定休日

J&S FRANKLIN EQUIPMENT – British Army Fleece Field Jacket Rvs.

初登場、J&S FRANKLIN EQUIPMENT のミリタリージャケットのご紹介です。
ちょっと珍しいイギリスのブランドです。

 

●J&S FRANKLIN EQUIPMENT
1946年、2人の若者がロンドンにて創業。創業者の一人はWW2下でパイロットとして活躍していました。
軍隊経験からのコネクションを活用して、軍需製品のマニファクチュアとして成長を続け、現在では欧米、東南アジアなどに支社を展開しています。英国内のみならず、世界各国の政府、MODやNATO、民間の警備、防衛関連の組織などへ供給を続けており、特に UK Military of Defence とは40年以上もの間、メジャーコントラクターとしての関係を継続しています。
その商品ラインナップは多岐にわたり、軍用シェルター、テント、キャンプ関連製品からユニフォームなどの衣類、各種装備品まで展開しています。

-----------

という硬派なメーカーですが、ご紹介するのはファッション向けアパレル製品となります。イギリスの軍用衣料や装備のサプライヤーという側面をバックボーンとして、一般にも細々とプロダクトを供給しています。本格的なファッションアイテムの展開というよりは、ある種のコンセプトブランドのようなかたちをとり、自らの得意を生かしてのプロダクションということです。

 

ブリティッシュ・アーミーのフリースジャケットです。昔、現物を度々見たものですが、今はどうなのでしょう。まだそれなりに見られるとは思いますが、デッドストックはかなり難しいと思います、というこれを、アパレル製品としてリバーシブル仕様にアップデート。カラーバリエーションもあり、着やすくなり、機能性とファッション性を備えたアイテムとしてつくり出されました。

ミリタリーアイテムらしいちょっとした野暮ったさがありつつ、無骨さなどもありつつ、でもイギリスのミリタリーだからなんか格好いいよね、というぼんやりとした格好よさが本質なのかもしれません。リアル・ミリタリーのファッションへの昇華というものは、時に神々しく、ディテールに魂を燃やすといったことがありえますが、ことリプロダクションに関してはトータルでの雰囲気が大切かと思いますし、ファッション的な配慮がいかに上手に為されているかということがより重要な気がします。

 

ボアフリースとスムースなナイロンのリバーシブルという仕様です。フリース面は、パタゴニア製品を手がける工場の手によるもので、リサイクルポリエステルを素材としたエシカルな生地となっています。軽量で伸縮性があり、保温性と透湿性を持ち合わせています。ナイロン面は、高密織りのナイロンタッサーで、コーティング無しでしなやかさを保ちながら、撥水性、透湿性を備えます。

ミリタリーのフリースジャケットというのは、元々ミッドレイヤー用という考え方のものがほとんどだと思いますので、基本的には上からガサッとパーカコートなどを羽織るようなイメージです。このジャケットに関してもその線は消さないまま、でもアウタージャケットとしても使えるよう、シルエットのバランスが整えられていて、非常に使いやすい感じになっていると思います。

 

ミリタリーのテイストがしっかり残り、シルエットや素材への安心感が積み込まれ、結果的に面白くも使いやすいリバーシブルジャケットが出来上がったと言えるのではないでしょうか。

ミリタリーだからこそ、反則なしのノールール、年代やスタイル層問わず、それぞれ自由な着こなしを、という性質を持ちます。着方がイメージできてしまった人はもちろんですが、なんとなく定型のアウターで PIN とくるものが見つからないという方々に是非お試しいただきたいです。

 

J&S FRANKLIN EQUIPMENT – British Army Fleece Field Jacket Rvs
col : Sand / Black
size : S / M / L
price : 35,000 (+tax)