Ordinary fits – Print Tee.

Ordinary fits より、“古着Tシャツ” 今季第2弾が新たに入荷しました。
この時期ならでは、プリントTシャツならではの、楽しさを感じられるアイテムです。

 

説明文を再掲します。

===================

ある架空の街の、ある架空のお店のパブリックTシャツをイメージして、それをあえて数十年経った古着としてつくりました。
古着屋さんで探し回ってやっと見つけた “いい感じの” 古着Tシャツのイメージ。実際はなかなか見つからないし、見つけたとしても、ひと昔前のような平和な価格でもない昨今、技術と想像力を頼りに、リアルに再現されたものです。

まずはオリジナルのボディをつくり上げ、製品染めでしかるべきカラーに染色、その後にプリントをして、それからもう一度バイオウォッシュ、ストーンウォッシュなどの後加工、ここまで手の込んだ工程を経てようやく、新しく古着が出来上がるのです。『新しい古着』 と言うのは、たいへん手の込んだプロダクトなのです。

ボディは昨年とシルエットが異なります。ややルーズでわりと普通なバランスです。
後加工によって、生地のくたり、ヨレ、斜行、毛羽立ち、退色、色ムラ、プリントの掠れ、、といった着古した服のような仕上がりになっています。

なんとなく新品のプリントTシャツより、こういったラフなTシャツが着たい時もあります。力を抜いたお洒落、なんだけど、センスよくいきたい。
そんな時は、メッセージ性の強いプリントよりも、意味がないプリントの方がさりげないし自然です。かといって 『意味が無い』 という意味があっては、それはまた違います。だから古着は必要とされるのです。そこまで含めて再現するとなると、街があって、人々の営みがあって、お店があって、というところから、全力で無意味なエネルギーを注いでこそ、達成しうるのであります。
そう、たいしたものなのです。

===================

 

老舗の民放ラジオ局。代表番組のSEPTEMBER RADIO はマニア心をくすぐる選曲と、ゆったりしたトークの掛け合いが大人気ということです。

ホワイトとグリーンの2色展開です。

 

アンティーク家具の修理を請け負っているダンの店。色々な国から買い集めてきたアンティークの建具や部材が店中に陳列されていて、宝探し感覚で買い物を楽しめるお店だということです。

 

カーウォッシュのお店。金融関係で働いていたハロルドさんが50歳を機に退職してはじめたようです。堅実な性格と細かい気配りが行き届いたサービスが口コミで広がり、今では長蛇の列を作るほどの人気店になっているとか。

 

ということで、今回も4種類。難しく考えず、フィーリングでいきましょう。

 

Ordinary fits – Print Tee
col : 4 colour
size : 2 / 3
price : 7,150 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
6月13日(月) 定休日

Ordinary fits – M-47 Type Cargo Pants.

Ordinary fits の M-47パンツが入荷しました。
仕様変更などはありませんが、サイズ展開が1つ増えて、さらに充実しました。

 

アイテム説明文を再掲します。

=========

フランス陸軍のフィールドパンツである M-47 は、その名の通り、1947年に採用されたカーゴパンツです。オリジナルはあるタイミングでの仕様変更を境に、前期、後期と分類できるのですが、このモデルは後期型のリプロダクションとなります。

生地はヘリンボーンコットンが採用され、シルエットはしっかり裾まで太いストレート型。股上もしっかり深く、古い年代ならではのバランスが常に新鮮に感じることが M-47 の大きな魅力になっているように思います。

 

ポケットのフラップの仕様など、古い年代のものだからこそのやけに凝ったディテールを備えているのですが、その辺りまで忠実に再現しています。どちらかというと、モチーフにしてアレンジしました、ではなく、しっかり再現しました、という姿勢でつくられたアイテムであり、オリジナルが宿しているロマンの部分まで再現しようという心意気を感じます。

=========

といった感じになります。前回入荷時に、『未洗いなので、多少詰まることを想定する必要もあるかと思います。』 と書いているのですが、申し訳ございません、後日、ブランドさんの方に確認をとる機会がありまして、生地の段階で洗ってあるものなので、ほとんど縮まないと思ってもらって大丈夫です、という返答をいただきました。お詫びして訂正させていただきます。

 

何の忖度も無い太いストレート。少し格好よくしましょうか、という媚びがないのがミリタリーパンツやワークパンツの醍醐味でしょう。
いや、自分で格好よくしますので、という姿勢で、あれこれとトライしていく楽しさが魅力ではないでしょうか。

 

もちろん、完全に無造作に着合わせるのもその人のスタイルですし、十人十色、人によってそれぞれのスタイルが表れてくるのが楽しいと思います。

 

夏に向けてのこの時期としてはちょっと重いかもしれませんが、、シーズンレスの特別枠ということで考えましょう。生地は普通にしっかりしたコットン素材、中厚ミディアムウエイトです。
普通にTシャツやポロシャツと合わせても恰好いいので、ギラギラの真夏以外は問題ないかと思います。

 

Ordinary fits – M-47 Type Cargo Pants
col : Khaki
size : 10 / 11 / 12 / 22 / 23
price : 25,300 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
6月6日(月) 定休日
6月13日(月) 定休日

Ordinary fits – Print Tee.

Ordinary fits より、新作入荷です。
“古着Tシャツ” が新たに入荷しました。

 

昨年もありまして、好評でした。
ある架空の街の、ある架空のお店のパブリックTシャツをイメージして、それをあえて数十年経った古着としてつくりました。
古着屋さんで探し回ってやっと見つけた “いい感じの” 古着Tシャツのイメージ。実際はなかなか見つからないし、見つけたとしても、ひと昔前のような平和な価格でもない昨今、技術と想像力を頼りに、リアルに再現されたものです。

まずはオリジナルのボディをつくり上げ、製品染めでしかるべきカラーに染色、その後にプリントをして、それからもう一度バイオウォッシュ、ストーンウォッシュなどの後加工、ここまで手の込んだ工程を経てようやく、新しく古着が出来上がるのです。『新しい古着』 と言うのは、たいへん手の込んだプロダクトなのです。

ボディは昨年とシルエットが異なります。ややルーズでわりと普通なバランスです。
後加工によって、生地のくたり、ヨレ、斜行、毛羽立ち、退色、色ムラ、プリントの掠れ、、といった着古した服のような仕上がりになっています。

 

なんとなく新品のプリントTシャツより、こういったラフなTシャツが着たい時もあります。力を抜いたお洒落、なんだけど、センスよくいきたい。
そんな時は、メッセージ性の強いプリントよりも、意味がないプリントの方がさりげないし自然です。かといって 『意味が無い』 という意味があっては、それはまた違います。だから古着は必要とされるのです。そこまで含めて再現するとなると、街があって、人々の営みがあって、お店があって、というところから、全力で無意味なエネルギーを注いでこそ、達成しうるのであります。
そう、たいしたものなのです。

 

オーガニック菜園の RUTTER VEG。ホワイトと茶系色の2色です。

 

MORGAN BED&BREAKFAST は若者に人気の格安ホテル。

 

COOPER はセンスの好いセレクト系の文房具屋さんだそうです。

なんだか分からないけどいい感じだから、、といった少しテキトーなスタンスで着る古着のTシャツ、なればこその格好よさ。
イメージが湧いたり、フィーリングで PIN と来たら、是非どうぞ。

 

Ordinary fits – Print Tee
col : 4 colour
size : 2 / 3
price : 7,150 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
4月4日(月) →営業
4月5日(火) →休業

Ordinary fits – Jacket, Pants.

Ordinary fits より、ジャケットとパンツで新作が入荷しています。
まずはジャケット、初登場モデル、Balloon Parka。

 

ファブリックは後染めのタイプライターということで、つまりはシャツ地です。ライトアウターというくくりになるかと思います。
デザインはミリタリージャケットのテイストですが、硬い、重い、武骨、といったことはなく、Ordinary fits らしく、ナチュラルでふんわりと軽快な雰囲気となっています。

 

オーバーサイジングでルーズフィット、生地はハリ感のあるタイプライター、着てみると生地のドレープが生まれ、とてもいいバランスのリラックスシルエットが生まれます。
前はボタンなので、開けたり、いくつか留めたり、また裾のコードを絞ったり、自分好みのシルエットで着ることができるのがいい感じです。

 

高密織りのタイプライターはハリ感があり、そこへ後染めがかかることで、柔らかさが加わります。何度か洗うとしんなりした質感になり、表面が細かく毛羽立ってきますので、古着のような雰囲気になっていくとのことです。そうなると、このミリタリー調のデザインが改めて説得力を増してくるはずです。

 

フードがあって、コードがアクセントになっていますので、マリンパーカのような雰囲気もあるかと思います。タイプライターの軽さとハリ感、そしてざっくりゆったりした感じ、いろいろな要素がうまくマッチしているジャケットだと思いました。

 

171 cm、2のサイズを着ています。

 

Ordinary fits – Balloon Parka
col : Ink
size : 1 / 2 / 3
price : 28,600 (税込)

 

パンツも新型モデル、Work Tuck Trouser。デイリーカジュアルなコットンパンツです。
こちらもいかにも Ordinary fits らしい雰囲気で、特にブランド発足当初からの系譜というか、昔からのオーディナリー・テイストが感じられるモデルだと思います。

 

インプリーツの1タックが入り、股上がしっかり深く、腿まわりがしっかり太く、膝下をすっきり、というペグトップ型のシルエットになっています。丈感はジャストから9分くらいの少し短めです。
生地をたっぷり使っておいて落ち感を出す、結果的にルックスとしては意外にすっきり見えますが、歩いたりの動きの中で、ルーズであることがしっかり感じられます。

 

生地はベーシックなコットンチノ。やや軽めの部類のオールシーズンファブリックです。

 

こちらも2のサイズを穿いています。
テーパードシルエットにもいろいろあるなと感じさせてくれます。

 

Ordinary fits – Work Tuck Trouser
col : Beige / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (税込)

 

それからお待たせしておりました、定番の 5pkt Ankle Denim ワンウォッシュがサイズ揃って入荷しております。

 

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,500 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
3月21日(月/祝) 定休日
3月28日(月) 定休日
4月4日(月) 定休日

Ordinary fits – Baker Pants.

Ordinary fits のベイカーパンツが新たに入荷しました。
オーディナリーらしい定番デイリーアイテムです。

 

もはやメンズカジュアルパンツの定番とも言えるベイカーパンツ。軍用ワークパンツが由来ということもあり、気さくなカジュアルウェアとして支持され、気さくなカジュアルと言えば Ordinary fits の得意とするところであります。

Ordinary fits では、時代に合わせてシルエットや素材づかいを微妙に変化させながら、定番的にラインナップされているのですが、今季は 『オランダ軍のナイフポケットパンツに使われているコットンサテン生地を再現してみました』 というマニアックな隠れトピックを潜ませており、それが久しぶりにセレクトするきっかけになりました。

 

朱子織、いわゆるサテン生地の通常裏側を表面にして使うことから 『バックサテン』 と呼ばれます。サテン地は多かれ少なかれ表面光沢のある生地ですが、バックサテンは通常そうでもありません。この生地については、微妙にあるなという感じです。

 

バックサテンの特徴は、表面にムラができて、表情が生まれることです。それから、平織や綾織と比べると、織りの組成の特徴から、質感がやわらかいということもあります。
中厚でやや軽めといった感じでしょうか。

 

シルエットは股上しっかり深め、全体にルーズで軽くテーパード、丈感は9分から9.5分、といった具合です。
軍用のワークパンツは、完全に無造作なワイドストレートなので、シルエットのバランスについてはオーディナリー独自のアレンジでつくられており、ここにらしさが表れています。

 

こういったミリタリールーツのアイテムを、武骨に男らしく、ではなく、軽やかに、さりげなく、という方向に向け、日々の相棒として、リラックスした自然なお洒落を、というコンセプトでつくりあげるのが、Ordinary fits のベイカーパンツなのです。

 

Ordinary fits – Baker Pants
col : Ecru / Olive
size : 1 / 2 / 3
price : 17,600 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
3月7日(月) 定休日
3月14日(月) 定休日
3月21日(月) 定休日