New Arrivals.

久しぶりの登場となりました、Yarmo のドライバーズジャケットが新作として入荷しました。
今シーズンはジャパニーズファブリックによるプロダクトとなっております。

 

日本が世界に誇るデニムどころ、岡山児島産のリネンデニムを採用。既にベレー帽が入荷してご紹介していますが、同じものとなっています。
デニムとしてはやや薄地、シャツ地のような華奢なものではなく、しっかりしたジャケット用のウエイト感ではあります。コーディネイト的に使いやすいですし、リネン100%ということですし、春夏の羽織りとして絶妙に重宝するのではないでしょうか。

 

デニムなのでごわっとした感じはなくはないですが、一般的なコットンのデニムよりも、質感としてはしなやかです。洗いざらしの表情が豊かなのもリネンならではです。

さて、久しぶりのドライバーズジャケットですが、先々シーズンくらいにサイジングの修正が入り、モデル名も “New Drivers Jacket” になっています。
具体的には、実はけっこうタイトだった従来のシルエットを、少しゆったりさせましたということです。丈も少しだけ長くなっていましたので、全体に少し大きくなったような印象です。これまでは、どうにも肩が小さい設定だったのですが、その部分も少し緩和されています。

 

Yarmo – New Drivers Jacket *Linen Denim
col : Indigo
size : 38 / 40 / 42
price : 28,600 (税込)

 

ARAN からも新作入荷。ミリタリーパンツ型の F Cargo PT というモデルが新たに入荷してきました。

こちら前回ご紹介したベルテッドのパンツと同じ生地、”ミリタリーモールスキン” が使われています。デザインとしてはフレンチ・アーミーの M64 パンツをモチーフにしています。いまやすっかり貴重となってしまったフランス軍のM64パンツですが、非常に軍パンらしい軍パンといったディテール、シルエットで、取り入れやすいバランスをしていると思います。

ここのところ人気が沸騰気味のようですが、同じフランスの軍パンM47 パンツよりも、コーディネイト的には気を遣わずにいけると思います。何かミリタリーのカーゴパンツが穿きたい、という時には、僕はこのモデルをおすすめするべしと思っています。

 

裾に紐が通してあり、ギュッと絞って穿くことも可能です。元々ブーツにインするためのミリタリーなディテールですが、カジュアルづかいとしては、シルエットのアレンジという意味で活用していただけます。

 

ディテールワークも質感もしっかりしており、なんとなく本格的な雰囲気があります。100%のレプリカでなく、微妙にサイジングが考慮されていたり、ファブリックに配慮があったりして、ファッション的な実用性を高めつつも、ミリタリーパンツ特有の雰囲気を本格的に残すことで、普遍的なアイテムとして長く付き合えるという狙いです。

安心して穿ける軍パン的なカーゴパンツを1本持っておきたい、というニーズはメンズでは根強くあるものだと思います。そういった周期にある方は是非とも試してみてください。

 

ARAN – F Cargo PT
col : Olive
size : 1 / 2 / 3
price : 24,200 (税込)

 

フランスの quotidien からも新作入荷。変型の鹿の子ポロというか、襟付きの五分袖シャツというか、ちょっと変わった鹿の子のシャツが届きました。

 

単色ネイビーの鹿の子生地、ボタンなしの襟付きネックに、ゆったりしたシルエット。肩を落としてルーズに、サイドスリットが入って、身頃に軽く前後差あり。
一見シンプルではありますが、気の利いたデザインで、さらりと一枚で絵になるシャツとしていい感じです。

 

今っぽい雰囲気ですが、この襟の感じなどはフランス的なるものを感じます。
クラシックのようでイマドキ、ベーシック系のようでニュアンス系、、。

 

quotidien – Collared Half Sleeve Shirt
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,980

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

待ち焦がれた Universal Works、新作が届き、ようやく新シーズンが開幕です。
ジャケットとパンツを1型ずつご紹介します。

 

今季新作となる Dockside Overshirt。
カバーオール型、コットンリップストップの春ジャケットです。

オーバーシャツというモデル名ですが、ジャケット型のシャツというよりは、しっかりジャケット然としていて、ライトなカバーオール型のイージージャケットという表現の方がしっくりきます。コットンリップストップの生地は、ジャケットとしては薄地で軽めですが、シャツ地のような軽さではなく、ハリ感のあるしっかりした質感となっています。

 

多少ゆったりしていますが、ルーズすぎず、概ね標準的なフィットで、オーソドックスなカバーオールのスタイルをベースにしています。Universal Works らしいポケット配置があり、ほどよいアクセントのあるデザインで、コーディネイトの幅も広いことでしょう。カジュアルシーンにおいて、使い方、合わせ方等、トータルで見て、すごく使いやすいジャケットではないかと思います。
そして、とても Universal Works らしいジャケットであることは間違いないでしょう。

 

Universal Works – Dockside Overshirt
col : Navy
size : XS / S / M
price : 27,500 (税込)

 

イージーパンツ型モデル、Track Trouser。
ウエストがゴムとコードのテーパードシルエット。裾をつまみ縫いしてテーパードをつくっているのが特徴です。

 

トラックパンツというモデル名ということですから、スポーツ系のパンツをモチーフにしたのでしょう。つくりはシンプルで、穿きやすいゆったりルーズテーパード型のイージーパンツです。

 

“Herringbone Denim” という生地の名前が付いていますが、実際はデニム生地ではなく、ヘリンボーン織りのコットン地をインディゴで後染めをかけた、”デニムのような” コットン地です。
やや薄手というくらいのソフトな生地で、やわらかな穿き心地です。
インディゴの青も心地好いことでしょう。

 

Universal Works – Track Trouser
col : Indigo
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 17,600 (税込)

 

こちらは ARAN の新作、Belt PT。共地のベルトが特徴の、ベルテッドパンツです。
以前からある Belted Pants というモデルの後継というか、だいたい同じというか、微妙に改良が重ねられて続いている定番モデルとなります。

 

適度にゆったり感のあるテーパードシルエット。股上がやや深く、穿き感はそれなりにゆったりしてますが、見え方はそれなりにすっきりしている、というものです。
はっきり細いわけでもなく、太いというところまではいかないという中庸テーパード。さりげなく、自然に穿ける雰囲気ではないかと思います。

 

 

生地は “Military Moleskin” と名付けられたライトオンスのコットンモールスキンです。起毛感や光沢感はあまり感じられず、言われてみると確かにモールスキンですね、という感じ。
地厚はやや薄いくらいですが、目の詰まった生地なので、薄地ともなかなか言えないような、だいたいオールシーズンといったウエイト感となっています。

 

先日ご紹介したジャケットも好評な ARAN。ひっそりと注目してください。
これはいいこれはいいとあまり騒いでしまうと、デザイナーさんは照れて隠れてしまいますので、是非ひっそりと注目してください。笑。
派手さはありませんが、その分、安心感があって信用できると思います。堅実なモノづくりの姿勢や、飽きの来ない落ち着いたデザイン、大人の年代として、ちょうどよいカジュアル加減、僕としてはこの辺のところをアピールしていきたいと思っています。

 

ARAN – Belt PT
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

ARAN – GB Blouson.

久しぶりの登場、ARAN です。
まだかまだかと待っていたジャケットがようやく届きました。

 

数年前にも展開しました、GB Blouson というモデルとなります。
ディテールやサイズ感など、まったく変わらずに継続展開されているのが ARAN のいいところです。流行に左右されず、我が道を行くブランドさんなので、変更などもほとんどなく、シーズンの新作も極端に少ないですが、その分それぞれのモデルは完成度が高く、ものすごい安心感です。

 

この GB Blouson も長年展開されてきたモデルで、Fuzz でも数年前にベージュで扱いがありました。
ブリティッシュテイストのいわゆるスウィングトップ系のブルゾンをベースに、カジュアルで幅広い着こなしができるようアレンジして仕上げたモデルです。
襟をドッグイヤーでなくレギュラーに、着丈を少し長くしてかえってすっきりした印象に、などというアレンジがされていますが、結果的には、あまり強くそっち方面の印象にならないような感じにしたという気がします。

 

チンストラップ、フロントダブルジップ、裾アジャスター、くすぐる系ディテールが配され、こういった細かいディテールの積み重ねがジャケットそのものの品格を高めています。

さらに素晴らしいのがポケットが合計6つあり、非常に実用的であること。フロントのポケットは2重構造で、しかも手を差し込む位置と角度が絶妙です。意外とこだわる人が多いポイントですが、手を突っ込むフロントポケットの感じというのは、自分の好みに合うとことに嬉しいものです。
さらに裏側に2つのポケットがありますので、リップクリームやフリスクなどの細かい方々もお一人様ずつ一部屋にご案内できるくらいです。

 

遠目では分かりにくいですが、2種類の生地ご用意しています。
無地のネイビーがジャパニーズ・ベンタイル。ダイワボウの日本製ベンタイルです。こちらはそれなりに厚みと腰のある平織りの生地で、透湿撥水の生地となっています。

 

ARAN – GB Blouson *Ventile
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 30,800 (税込)

 

こちら同型で生地違い。
パッと見では見分けにくいですが、、

 

この生地も遠目にはネイビーなのですが、近くで見ると細かくて、しかもシャドーチェックになっている柄が見えます。なかなか味のある柄ではありませんか。

ベースはネイビーですが、柄としては沈んで暗いですが赤と青のチェック柄になっています。
生地の厚さはベンタイルの方より一段薄地でまさに春ジャケットの地厚。軽快でソフトな生地感です。

 

ARAN – GB Blouson *Micro Check
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 30,800 (税込)

 

えらいもので、同名モデルで秋冬にもあるのですが、秋冬は秋冬用で微妙にバランスを変えてつくっていたりして、実は非常に繊細なものづくりをするブランドです。
デザイナーさんは飄々とした人だし、すべて一人でやっている小さいブランドだし、欲があるのかないのか、やる気があるのかないのか、東京でほとんど展示会をやらないものですから疑ってしまいます。ですが、話すとけっこうやる気はあって、ただ笑ってしまうくらい弱気で、でも出てくる製品は繊細で誠実ですから、なんだか面白いブランドです。

イマドキの若者にはどうかと思いますが、それなりにモノを見てきた年齢層の方々にはしっかりおすすめしていきたいブランドです。奇をてらわない落ち着いたコーディネイトで、質感としてはしっかりしたもので、というところ。そして、気張らない、堅苦しくないカジュアルフィールドで、安心して着れて、でもしっかりワクワクもある、という感じで揃えたいと思っています。

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 20:00
月曜定休
Family : FENEST Belle