CASIO – ILLUMINATOR Black

久しぶりに腕時計のご紹介です。
CASIO のデジタルウォッチでいいものが見つかりました。

 

海外流通の逆輸入モデル。1978年発売の 『F-100』を復刻した現行のモデルとなります。
当時初となった樹脂製ケースのモデルですが、復刻にあたってはメタル製にアレンジされ、こちらはブラックメッキによるブラックカラーとなります。
F-100は映画『エイリアン』 でシガニー・ウィーバー演じるヒロイン、リプリーが着用していたことでも知られたモデルです。
機能ボタンがサイドではなく、前面にあることが特徴です。やや縦長のバランスと相まって、デザインとしても独特であり、また普段づかいしやすい、やや小ぶりのサイズ感も◎。

 

ブラックのステンレスで、サイズ感も小さめ、スマートな雰囲気もあり、ちょっとトイ感もあり、おもしろいデザインだと思いました。
カジュアルな普段づかいに是非。

 

CASIO – ILLUMINATOR Black
col : Black
price : 8,800 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
1月10日(月/祝) 定休日
1月17日(月) 定休日
1月24日(月) 定休日

unmetre productions – 3 Way Bag.

unmetre productions のバッグが久しぶりの入荷です。
ナイロンとレザーのコンビネーションが映える3WAYバッグ。2年以上が経ってしまいましたが覚えているでしょうか?

 

●unmetre productions (アンメートル・プロダクションズ)
55年以上の歴史を持つ、伊藤鞄製作所が手掛けるバッグ専業ブランド。Yohji Yamamoto HOMME とのコラボレーションでデビューを果たしたファクトリーベースのブランドとなります。
ドイツ生まれの工業デザイナー Dieter Rams のデザインの十か条(Less but better=より少なく、しかもより良く)、フランス人建築家の Le Corbusier の Modulor に影響を受け、建築的でプロダクトデザイン寄りのバッグの開発を目指し、一つのバッグブランドの確立を目指しています。

 

サイズは中型で、手持ち、ショルダー、リュックの3ウェイで使えます。
ノートパソコン用のポケットも用意され、ビジネスユースを念頭に置いたしっかりしたつくりとなっています。

メインの素材は1000デニールのコーデュラナイロンで十分な堅牢性を備えます。随所にレザーを交えることで、ものとしての重厚感や、デザインとしての奥行を深め、他にないような独特の雰囲気を醸しています。

 

東京発、ファクトリー発。デザインは建築やプロダクトデザインの流れを汲んだスマートで都会的なものとなっており、さらにユーティリティかつファンクショナリィ。
何やら静謐な雰囲気があり、質感としての重厚感があり、しかし重苦しさはなく凛々しさを感じます。グッドデザインで雰囲気好し、質感、つくり好し、なかなか稀有なバッグではないかと思います。

 

unmetre productions – 3 Way Bag
col : Black
price : 56,100 (税込)

 

2020年、最後の商品紹介は、久しぶりの登場となった unmetre productions のバッグになりました。
そして、いよいよ明日(29日)が年内最終の営業日です。
4日間のお休みをいただいて、年明けは3日からスタートとなりますので、年末年始、お時間ありましたら是非ご来店ください!

12月29日(水) 12:00 – 20:00
12月30日(木) ~ 1月2日(日) お休み
1月3日(月) 12:00 – 19:00
1月4日(火) 12:00 – 19:00

通販に関しましては、29日の昼12時までのご注文まで29日の発送とさせていただきます。以降は年明けの発送となってしまいますのでご留意ください。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

New Arrivals.

The Skilled Workers の新作キャップが入荷しました。
今回もファブリックを選ばせていただき、イギリスの MOON のウールツイードでお願いしました。

 

奇をてらわないクラシックなツイード生地。冬のコーディネイトにさりげなく映えるのではないでしょうか。

 

キャップのボディはこれまで展開してきたものと同型となっています。
クラウンが気持ち高め、ブリムが気持ち短め、そしてブリムには堅い芯を入れずに、縁取りにワイヤーを渡すことで、カーブを自分好みにキープすることができます。

スケート系、ストリート系などとも違い、スポーツ系とも違う、クラシックなハットをメインプロダクトとするいわゆる 『帽子屋さん』 系のキャップですから、スタイルとしては強い主張はありません。普段のお洒落に馴染むような配慮が第一義でつくられていて、コーディネイトに自然に溶け込んでいくと思います。

 

The Skilled Workers – Wool Tweed BB Cap
col : Black / Charcoal
size : Free
price : 12,100 (税込)

 

ARMEN のループスカーフ。
ウール・カシミヤ素材で気持ちの好いソフトタッチに、コンパクトなサイズ感が特徴です。

 

チューブ状のつくりになっていて、片側に穴が開いています。もう片方をその穴に差し入れて絞るというもので、ボリューム感と長さは控えめです。

前日はBronte by MOON の大判のマフラーをご紹介しましたが、その逆のコンパクトタイプです。男たるもの襟巻は小さいものに限る、という意見も多く、なんならアウターのポケットに突っ込めるくらい小さいとありがたい、というのはわたくしの意見です。
ポケットは大げさにしても、よく巻いたり外したりする人は、小さめのバッグにも入れられてしまうと重宝なのだろうと思います。

肌触りもAクラスです。

 

ARMEN – Loop Scarf
col : Falena
price : 9,900 (税込)

 

--------------

 

店頭にリーフレットが置いてあり、また先日 インスタグラム でも触れているのですが、映画 『梅切らぬバカ』 は観ていただけたでしょうか?
嬉しいことに、かなりの盛況らしく、先日の日曜日、新宿バルト9において、大ヒット御礼舞台挨拶 というイベントがあったそうです。
この映画の監督・脚本を手がけている和島さんは、Fuzz をちょくちょく利用してくれる純粋な服好きです。ですから、くれぐれも邪魔にならないよう気をつけながらですが、Fuzzで服買うお仲間のみなさんにアッピールしたいし、活躍を伝えたいと思っているのです。

わたくしも観てきたので確信をもっておすすめできるのですが、下手な言葉を並べてはかえってご迷惑になるので多くを語りますまい。
ただ、内容的な面で、少しでも多くの人に観てもらいたいと思える映画であり、観た後に多くを語りたくなる映画です。観た人はたぶん同じように、少しでも多くの人に観てもらうべきだと感じるはずです。さらに言うと、これは薦められなかったら観ていただろうか、と考えてしまい、だからこそ自分も薦めなければ、と焦ってしまうようなところがあります。
現状、評判が評判を呼び、上映館がじわじわと増えて広がっているようですが、おそらく、まさにこの原理がはたらいてそういう流れになっているのだと思います。

ということで、ご興味ある方は、是非映画館にお運びください!

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Bronte by Moon.

Bronte by Moon のマフラーが入荷しました。
メリノウール4色、アルパカ2色、どちらも大判サイズでご用意しました。

 

●Bronte by Moon
1837年創業のイギリスの老舗生地メーカー Abraham Moon社が展開するブランドです。
毛織物専業として長い歴史を持ち、紡績から染色、織りまでを一貫してイギリス国内にある自社工場でとり行うことができます。

ツイードファブリックを専門にするイギリスの老舗ミルが運営するマフラー・ストールのブランドです。昨年も扱いがあり好評だったというのもありますが、今時めずらしく、昨年よりプライスが下がるという離れ業をやってのけたのもセレクトした大きな要因です。

イギリスらしいクラシックなウールアイテムを、冬のおともにいかがでしょうか。

 

新しくラインナップするアルパカ素材のマフラーです。
ウール界では高級素材として知られるアルパカですが、やはり肌触りが違います。表面がしっとり滑らかで、かつ発色も美しいことが特徴です。

 

60cm×200cm で大判サイズですが、生地の厚さがさほどでもありませんの、巻いてみるとボリューム感はほどほどといった感じです。

 

プレーンのキャメルカラーと、グレージュ系チェックの2色をピックアップしました。
どちらも色合いが上品なので、コーディネイトに品の好さをプラスできることでしょう。

 

Bronte by Moon – Alpaka Muffer Large
col : Camel / Natural Check
size : 60cm*200cm
price : 19,800 (税込)

 

メリノウール素材で4カラー。
肌触りはアルパカに比べてしまうと当然遅れをとりますが、こちらも充分上質なウールが使われています。少し厚さがありますので、巻くともう少しボリューム感が出る感じです。

 

昨年も言っているのですが、首に巻くのはもちろんとして、ショールやブランケットとしてなど、柔軟に使ってみてはいかがでしょう。
自宅のリビングや車で、またはオフィスにおいて、ひざ掛けとして使うのもいいですし、女性の場合には広げて肩からすっぽりという使い方もできます。

 

Bronte by Moon – Wool Muffer Large
col : Camel / Teal / Natural Check / Blue Check
size : 70cm*195cm
price : 10,780 (税込)

 

これもいろいろな場面で言っていますが、Fuzz では色合い、色味については少々こだわって考えております。服に限らず、こういったアイテムも同様で、むしろ、質感と並んで色合いが肝になるとさえ言えるでしょう。
風土と伝統の違いによって、日本と西洋では色彩感覚が違っていることは確かであり、単純に布地に載ってくる色合いについては、西洋に分があることが多いです。その辺をはっきり意識してピックアップしていますので、こういった色味がモノをいうヨーロッパ発のアイテムの場合には、是非カラーの具合に注目してみてください。

そして、同時に、それはつまり色合い、色調が美しくて上品であるということに他なりませんので、男性だけでなく、女性の方々にも充分通用する品の好さになっていると思います。
この文章を読んでいただいている数少ない女性のみなさんはもちろん、メンズのみなさんは彼女へのギフト、奥さまへの献上品、捧げもの、命乞い、などとしてもご検討してみてはいかがでしょうか。

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Manufacture de Berets – Beret.

新登場、Manufacture de Berets より新作入荷です。
フランスのクラシックなベレー帽です。

 

● Manufacture de Berets / Classic Wool Beret
ベレー愛好家で自身もベレー職人のDENIS GUEDON氏が2011年からフランスの南西部 オロロン・サント・マリーにて創業しました。 30年前までは同じ地域に22社のベレー専門工場が存在しましたが、現存するのは同工場を含めて3社のみです。
彼は商業的で大量生産の作業に嫌気がさし、昔ながらの製法で本物のベレーを作る為、前職のベレー工場から離れ オールドのマシーンを自ら再現する事からスタートしました。彼の作る伝統的な本物のベレー帽に魅了され 某メゾンで働いていたサラとメガネフレームのアトリエで働いていたチュエタムが現在は工場を譲り受け、創設者のDENIS氏とサラが二人で 生産を行っています。

 

老舗の Laulhere がありながらわざわざ発注したのは、このブランドのマインドが素通りできないものだったからというのが一番の理由です。Laulhere とは微妙にフォルムが違い、仕様も違い、物理的にこちらの方が合うという人もけっこうおられるだろう、というのが二番目の理由、わたくし自身が欲しかったという超個人的な理由が三番目です。

小さなブランドですが、フレンチ・クラシックの精神は最も本物であり、実際の製品も最も本格的であろうと思います。
不思議なもので、ものづくりベースの姿勢が強くとも、フランスの伝統的な薫りが強いことで、すごくファッショナブルに見えるものです。

 

まずは、もっとも普遍的なアイテムである、10インチサイズのウールフェルトベレー帽です。

無漂白のピュアメリノウールを素材とし、丁寧にハンドメイドされた品々です。しっかりと厚みがあって、キメの細かいウールフェルトに、調整紐が付けられていることが大きな特徴となっています。

 

化繊テープやレザーの内張りが無いため、基本的にある程度の伸縮をしますので、調整紐に関わらず、サイズに幅があります。
もともと伝統的なベレー帽は、力任せに引っ張って伸ばして大きくしたりするものです。それも考慮に入れると、おおよそですが、56、57cm くらいから、60、61 cm くらいまでの範囲と見れると思います。ブランドとしては、54cmから62cmとしていますが、それは少し広すぎるかなと思います。

 

Manufacture de Berets – Beret Classique
col : Black / Navy / Dk.Khaki
size : Free
price : 19,800 (税込)

 

もう一つ、こちらも伝統的なかたちとなります、フランスでは Casquette と呼ばれるツバ付きのキャスケットベレーです。

 

ツバが付くことで、普通のベレーより少し取っつきやすくなっているかと思います。ツバが合ってもベレー感はしっかり残されるから不思議です。てっぺんのチョコンが思った以上に強いのでしょう。

 

こちらもピュアメリノウール素材で、調整リボン付きの仕様です。

 

Manufacture de Berets – Beret Casquette
col : Black / Navy
size : Free
price : 27,500 (税込)

 

映画 『禁じられた遊び』 で神父さんがかぶっていました。50年代フランスですね。
基本、ベレー帽はミリタリーに採用されたりもしていますが、どんな服装の時にというものではなく、元々は実用品としてつくられたものです。
ですから、『きわめてフランス的である』 などと硬く考えずに、気軽に取り入れていただけたらと思います。どうしても独特なニュアンスが出るものだと思いますが、そこをうまくなんとかしていただいて、という感じでしょうか。

わたくし自身、ウォジサンになるにしたがって、ベレーがどんどん好きになっていってる気がします。どうしても、立派なジジイになった時にベレー帽をかぶっていたいものですから、今からなじませているというのが本当のところですが、意外と若いうちよりも今の方がしっくりきているのも事実です。

みなさんも是非!

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

The Skilled Workers – Cotton Casquette.

The Skilled Workers の新作キャスケットが入荷しました。
オールシーズン使えるコットンサージで、ちょうどよい感じのボリューム感です。

 

ファブリックはまた別注となりまして、少し前にご紹介したキャップと同じコットンサージを使用しています。生地としては非常にベーシックなもので、ただ、こういう普通のコットンサージの帽子というのはなかなか無いのも事実だろうと思います。

 

Fuzz でおなじみとなっている James Lock や Johnathan Richard のような欧米のクラシックなものと比べると、ボリューム感は抑えめとなっており、普通のハンチング帽に適量ボリュームを加えたような感じです。
James Lock では少しボリュームが大き過ぎると感じていたみなさんは、このくらいの感じが使いやすいと思います。

 

M、L、LL、の3サイズ展開となります。
Mサイズはかなり小さめなので、普段小さいサイズが見つからずに困っている人は是非。

さすが日本のブランドという感じで、フォルムやボリューム感など、いいくらいだなと感じます。後ろ前でかぶってもなかなか調子よかったですし、着こなしのアクセントに、寝癖隠しに、いろいろと活躍してくれると思います。

 

The Skilled Workers – Cotton Casquette
col : Black
size : M / L / LL
price : 8,580 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle