PATRICK – BERRY-OG.

PATRICK の新作スニーカーが入荷しました。
今季初登場、フランスをルーツにするスニーカーブランドの PATRICK が、復刻デザインのラインを新設したということで、お声がかかりました。

 

● PATRICK
1892 年、西フランスのプゾージュという村で靴職人であるBeneteau(ベネトー)と息子たちによりその歴史は始まります。
“一足一足に情熱を込める”、父が語ったその言葉は、息子、そして孫たちへと受継がれました。
1930 年、PATRICK はサッカースパイクを中心としたスポーツシューズで高い評価を受け、1972 年、シューズの後方に鋭く刻まれた「2 本ライン」が誕生、ブランドのイメージを更に強烈なものとしました。
その後、PATRICK が発表するカラフルなスポーツシューズは、ファッションに敏感なパリの人々から注目を集めることとなり、1978 年、日本に初上陸します。
当時機能性だけが注目されていたスニーカーの中で、PATRICK の持つ鮮烈なカラーリングや洗練されたフォルムは、流行に流されないファッショニスタから密かに注目を集めることとなりました。PATRICK の当時のコピーである“足元のメイクアップ” を現在も忠実に受継ぎ、流行に左右されることのない、洗練された大人のファッションを表現するブランドを目指しています。

 

フランス発祥、スポーツルーツのクラシックなシューズブランドですが、現在は日本の資本によって運営され、adidas や NIKE とまではいきませんが、それなりの規模で展開されています。
フランスから渡って来た70年代、80年代当時のファッション的に鮮烈だった印象を大事に守りつつ展開されているため、しっかりとしたアイデンティティを感じるブランドです。
そんな PATRICK が、この度、70年代モデルを復刻するという企画を打ちまして、是非アパレル店舗に販売していただきたいとお声をかけていただきました。

わたくしもこの手のテイストは嫌いじゃない、どころか、懐かしく感じるほどかつて身近なフィールドでしたので、喜んで応じたという次第です。

 

Outline
PATRICK の復刻デザインのライン “ORIGIN” シリーズ。
“BERRY-OG” は 1970年代後半に登場したコートシューズ。つま先からハトメ飾りまで伸びた個性的なデザインは、PATRICKならではのレトロな雰囲気を再現しています。
現代でも普遍的なデザインの一つとも言える、70年代ヨーロッパのスニーカーのテイストです。クラシックなスタイルとして、さまざまなコーディネイトに取り入れていただけます。

 

この復刻のシリーズは、ポップなカラーリングのものもあり、どれもモノとしては悪くないのですが、ニュートラルに着こなしに使えると考えたらこのモデル一択でした。
この TABACCO なスエードもやっぱりフランスを感じます。

 

どこかかわいらしさがあって、レトロ・ヨーロピアンの風味が新鮮ではありませんか。
ヴィンテージのスニーカーのような感覚で、自由に合わせていただけたらと思います。

 

PATRICK – BERRY-OG
col : Sand
size : 41 / 42 / 43 / 44
price : 17,600 in tax

 

*********************

■2月の営業時間
平日(火-金) 14:00 – 21:00
土曜        13:00 – 21:00
日/祝日      13:00 – 20:00
月曜定休

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
2月19日(月) 定休日

D.C.White, MIDA.

さぁ、遅くなりましたが新作紹介を再開します。
盛り盛りだった店頭にもスペースができはじめましたので、心躍る新作アイテムを次々に投入してまいります。

本日は DC White のシャツ、MIDA のスカーフ(バンダナ)をご紹介します。

 

Outline
アイビーのバイブル、『TAKE IVY』 掲載のスタイルからインスピレーションを得て作成されたボタンダウンシャツです。
わずかにAラインにしたルーズシルエットが特徴。身まわり、アームをゆったりさせ、極端なオーバーサイズにならないようバランスを整え、タイドアップやジャケットとの合わせも自然にできるよう配慮されています。
生地はブランドオリジナルで織られたストライプ柄のオックスフォード。単体でもジャケットとの合わせでも映える爽やかな色柄です。

 

この秋にデニム生地で登場した新型シャツですが、春の新作としてオリジナルファブリックのオックスで登場です。
シルエット、サイジングに若干の修正が入りましたが、ややゆったり型のボタンダウンシャツとなっております。

 

オックス生地なのでオールシーズン向けではありますが、なんとも春に相応しい、清々しいストライプ柄ではありませんか。
トラッドを感じさせつつ、気分や季節を表現する、これが大人の嗜みというもの。これはスタイル層に関わらずに意識したい小さなポイントではないでしょうか。

 

D.C. White – IVY B.D. *OX Stripe
col : White Stripe
size : S / M / L
price : 22,000 in tax

 

MIDA のストールはインドマドラスの生地となっています。
スタイルにニュアンスを生み出すための、さりげないアクセサリーです。

 

 

Outlline
インドマドラスによるスクエアスカーフ。
スカーフとしてはやや小さめで、バンダナとも言えるアイテムです。
細番手の糸による手織り生地のインドマドラスに天然染料によるハンドプリントの薄手コットン生地となります。ネップや染めムラなどが見られますが、製品の特性としてご理解ください。また、色落ちや移染が起こりうるので、実使用、洗濯、それぞれご注意ください。

 

色柄にセンスを感じたので、これは何かで使えるぞと。
とにかく、色柄で何かを感じたら、何かに使いたくなるのがこの手のアイテムです。

 

ネッカチーフにしたり、パンツの尻ポケットに入れたり、プレーンなコーディネイトに一つアクセントを入れて、という感じでしょうか。

 

MIDA – Batik Square Scarf
col : Dk.Brown / Olive
size : 55cm*55cm
price : 4,950 in tax

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
1月29日(月) 定休日

Le Sac Du Berger.

Le Sac Du Berger の新作バッグが入荷しました。
こちらフランスの皮製品のブランド、実は Fuzz では10年以上ぶりの登場となります。

 

● Le Sac Du Berger
1980年、南仏の山あいの小さな村にて、ジャンピエール・ロミギエにより設立された革製品の工房。
古くから牧畜のさかんなこの地では、多くの羊飼いが居住しており、彼らが代々受け継ぎ使用していた伝統的なバッグにインスピレーションを受けブランドをスタートしました。
今日ではバッグだけにとどまらず、靴からウェアに至るまで、南仏に残る伝統的なアイテムを継承し続けている希少な工房として知られています。
2008年、その功績が認められ、フランス政府から伝統的で希少な技能を持つ企業として、EPV (無形文化財企業) の認定を受けています。

 

Le Sac Du Berger は、『羊飼いのバッグのブランド』 という覚え方をしてください。
10年以上昔、小さな財布を扱ったことがあるのですが、それ以来のご無沙汰となりました。扱いのインポーターさんが代わったりしながら、でも実はずっと見続けていたのですが、新しく出てきたこのバッグが強烈に目を惹きました。

 

象徴的な羊飼いバッグのモデルが定番的な存在としてあり、それも格好いいのですが、僕としては、実用的な使い勝手や、実用的なスタイルの好さからいうと、こういう変化球的なバッグの方が魅力を感じます。
どちらも小さなバッグですが、独特の存在感があり、インポートアイテムならではの面白さ、フランスブランドならではの薫りが感じられ、ちょっと普通ではないよね、というアクセントが心地好く響きます。

 

こちら、ミニショルダー。
なんということもないですが、なんとも言えない感じ。ルーツを感じさせる房飾りがニュアンスを醸します。

 

Outline
小型サイズのレザーショルダーバッグ。
羊飼いのバッグの名残りとなる房飾りがアクセントになったシンプルなつくり、シンプルなデザインのバッグです。
本体口はファスナー仕様、内部にキャンバスの仕切ポケット、ショルダーストラップは5段階の調整が可能。
レザーはフランス産ならではの質感で、肉厚感とオイル感のあるしっかりしたものが使われています。
小さいながらもニュアンスやスタイルを感じさせ、コーディネイトのアクセントになってくれる存在感のあるバッグです。

 

マニアックですが、革の質感からすでにフランスの薫りなのですが、それを抜きにしても、デザインや佇まいからして異文化なニュアンスがあり、心地よい異物感がそのままアクセントとして働くように思います。

 

Le Sac Du Berger – Sac Eulalie
col : Black
size : 22.5cm/14cm
price : 36,300 in tax

 

こちらのモデルはショルダー付き大財布、もしくはかわいいポシェット。
最低限の荷物を入れるためのスタイリッシュな肩掛けのレザーポーチです。

 

Outline
小型ショルダーバッグ、もしくはストラップ付きポーチ、ウォレット。
アコーディオン型の財布のつくりにショルダーストラップを付属したスタイルです。肩から掛ける大ぶりな財布として、またはミニ財布+スマホ、カード類などを入れて、ショルダーのポーチバッグとしてお使いいただけます。
レザーは厚手で硬質のしっかりしたものが使われ、内部にはファスナー付きの部屋、カード挿し(3つ)があり、財布としても充分機能する構造となっています。
全体の大きさと厚み的に、スマートフォンも収納できるサイズです。
ストラップは調節用のパーツなどは無く、縛り方の工夫などで調整してください。
小ぶりなアクセサリーアイテムとしても映え、重厚感のある実用的なミニバッグとして見ても秀逸。フレンチの薫りも芳醇な独特の魅力のあるバッグです。

 

内部は5室ありますので、財布としても充分機能するつくりです。本気で財布で行くなら、ストラップが着脱可能という機能が利いてくるはずです。

 

機種にもよるかもしれませんが、スマホもすっぽり。
これは大きなポイントかと思います。

 

羊飼いのバッグをつくるメーカーですが、だからこその、狙っていないのに光ってしまったセンスの好さ、というのがこのアイテムのポイントではないかと感じています。
違いを見せられる小物づかい、ということでおすすめしたいバッグです。

 

Le Sac Du Berger – Pochette Accord
col : Black
size : 20cm/12cm
price : 27,500 in tax

 

もちろん当店はメンズ店なので男性向けとしておすすめしていますが、ちょっとかわいい雰囲気もあり、男も女もないようなデザインかと思います。このブログを読んでいただいている少数の女性陣、いかがでしょう?

メンズとしては自分使い以外でも、ギフトや献上品としても一考の価値ありかと思います。ですがくれぐれも没収には気を付けてください。没収ならはじめから貢げばよかったとなり、ダメージは甚大です。事前対策が思い浮かばないなどございましたら、お気兼ねなくご相談ください。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
1月15日(月) 定休日

M.R.M.W. and KEYFORD.

久しぶりに腕時計、置時計を改めてご案内します。
M.R.M.W. のミリタリーウォッチ、KEYFORD の置時計は、定番展開として小まめに再入荷していますので、それぞれのタイミングで気にしていただけたらと思います。

 

● M.R.M.W.
国内の時計製作創世記のメーカーである村松時計製作所をルーツとするモントルロロイ社が手がけるミリタリーウォッチに特化した腕時計ブランドです。
ミリタリーアイテムは普遍的であり、いつの時代にも支持されるという信念のもと、世界の名作ミリタリーウォッチを忠実に再現し、耐久性と使いやすさを加えて展開しています。

 

24時間時計、通称 『ナイト・アンド・デイ』。
視覚的にもしっかり特徴があり、ギア感が男ごころをくすぐります。

 

Outline
US Militay の復刻デザインです。
1950年代にエルジン社が供給していた24時間ムーブメントによる24時間表示のモデル。
短針の1周が24時間であることと、目を惹くツートーンカラーが特徴です。カラーはAMとPMを区分するため、視認性も良好です。
小ぶりながらも重厚感のある腰の据わった質感となっていますので、しっかり使い込み、ヴィンテージのような貫禄が出るまで使いたい腕時計です。
スイス製ムーブメントを使用、日常生活防水(10気圧防水)。

 

M.R.M.W. – Military Watch Type A-17 24H Night and Day
col : Ivory*Black
price : 28,600 (税込)

 

シンプルなデザインのタイプは、古い時代のミリタリーならではのかっこよさ。
かえって存在感があるような気がします。

 

Outline
US Militay の復刻デザインです。
1940年代に採用されたきわめてシンプル、小ぶりサイズのミリタリーウォッチらしいミリタリーウォッチ。必要最低限のデザインは高い視認性をもたらすとの考え方に基づきます。
小ぶりながらも重厚感のある腰の据わった質感となっていますので、しっかり使い込み、ヴィンテージのような貫禄が出るまで使いたい腕時計です。
スイス製ムーブメントを使用、日常生活防水(10気圧防水)。

 

文字盤のデザインがシンプルなものは、ストラップを柄ものに付け替える楽しみも。凝ったデザインより、シンプルな盤面の方がいろいろな色柄と合います。

 

M.R.M.W. / Military Watch Type A-11
col : White / Black
price : 25,300 (税込)

 

こちらは逆に複雑側の文字盤デザイン。やはりミリタリーテイストがしっかり感じられます。

 

Outline
US Militay の復刻デザインです。
1950年代に支給品に採用されたパイロットウォッチ。24時間表示の必要性が高まり、内側に13時~24時の表示が見られ、複雑化されたデザインが美しく映えます。
小ぶりながらも重厚感のある腰の据わった質感となっていますので、しっかり使い込み、ヴィンテージのような貫禄が出るまで使いたい腕時計です。
スイス製ムーブメントを使用、日常生活防水(10気圧防水)。

 

M.R.M.W. – Military Watch Type A-17 Vintage
col : Black
price : 24,200 (税込)

 

こちら、同じメーカーが手がける別ブランド Keyford の置時計。
サイズは小さいですがしっかり重さと高級感があります。

 

● KEYFORD
国内の時計製作創世記のメーカーである村松時計製作所をルーツとするモントルロロイ社が手がける時計ブランドです。
『時計と言えば舶来品がほとんどであった時代、国産時計は、精工舎(現セイコー)、尚工舎(現シチズン)、東洋時計(現オリエント)そして、村松時計の4社のみでした。村松時計は企業としてではなく、一個人として創めたため、また製造の裏方に徹していたため資料も少なく、現在、一般の認知度は低いブランドです。
村松恵一が製作した「KEYFORD」は海外輸出及び生産年数も短かったために、時計好きの間ではシチズン15石と並ぶ希少な時計として、「幻のKEYFORD」と呼ばれています。
大きな存在の比喩として、新聞でも「時計業界の惑星」と謳われた村松恵一の時計製作の精神。私達はそれを受け継ぎ、裏方としてファッション業界及びジュエリー業界の時計を製作し続けてまいりました。』

 

Outline
真鍮の削り出しによって贅沢につくられた小ぶりサイズの置時計です。
小さな取っ手が付けられ、ペーパーウエイトとしても使えるよう配慮されています。
ドーム型のガラス、アンティークの文字盤、モダンな時計針、掌にすっぽりおさまる小型の時計ですが、存在感は抜群です。
ビジネスのデスクに置けばペーパーウエイトとしても活躍し、小さなボディを生かしてちょっとした窓枠や玄関、トイレ、キッチン、ベッドサイドなど、どこにでも置くことが可能です。
ずっしりと重厚で、高級感のあるデザインとなっていますので、小さなインテリアとして空間に華を添えてくれるアイテムです。
このサイズを実現するのは、腕時計に使うムーブメントを使用していることが要因となっています。そのため、電池交換は腕時計と同様の手続きとなります。
日本製のムーブメントを使用しています。

 

かわいい置時計、もしくは時計入り文鎮ですが、しっかりした高級品を感じます。
使いどころが具体的にイメージできてしまったら、なかなか我慢が利かないアイテムのようです。

 

KEYFORD – Grab Table Watch
col : Silver / Gold
price : 13,200 (税込)

 

定番アイテムも、定期的に触れていかないといけません。知らなかったぜ、という人も少なくないと思います。
冬服オッケーになりましたら、是非チェックしてみてください!

時期も時期、ギフトにも最適ではないかと思います。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
12月25日(月) 定休日