comm. arch. – OG Cotton Chiffon Sweat PO.

comm. arch. いよいよ新シーズン開幕です。
新作スウェットシャツが入荷しました。

キーワードは “シフォン裏毛”。
やや薄手のスウェットということで、厚さ、ウエイト感はTシャツ以上、スウェット未満となりますが、とにかく軽いので、着用感覚に関してはロンTよりも軽いくらいではないでしょうか。とにかく気持ちの好い着心地が一番の魅力となるスウェットです。

 

Outline
ブランドオリジナルの 『シフォン裏毛』 によるライトウエイトのスウェットプルオーバー。
トルコエーゲ海沿岸のイズミール地方で栽培される長綿オーガニックコットンを素材とした細番手の空気紡績糸を使用しています。イズミール地方のオーガニックコットンは、リサイクルシルクのようなマット感としっとり感、そしてアメリカ綿などに比べて染色時の発色が良いことが特徴です。
生地は一般的なガーゼ裏毛よりも生地が薄く、表糸が空気を多く含み、とても柔らかいため、『シフォン裏毛』 と名付けています。天竺ジャージよりも厚く、裏毛スウェットとしては薄めでライトウエイトであり、軽くて柔らかな着心地はどちらとも比較になりません。
シルエットはドロップショルダーのルーズフィットとなります。若干の洗濯縮みが生じますが、それを見越した仕上がりサイズとなっています。
ロンTのように素肌に一枚でも着ることができ、スウェットのようにインにシャツを入れて着こなすことも可能です。着心地と着こなし、共に万能な comm.arch. ならではの上質スウェットシャツとなっています。

写真だけではなかなか伝わらないと思いますが、『シフォン』 とは言い得て妙な、まさにそんなイメージのふんわり生地です。しっかり系のスウェットとは対極のとろけるような質感ですが、これがTシャツのような天竺編みでは表現できない、逆に裏毛スウェットの編み立てだからできるというものだそうです。

 

171 cm 少し重めの普通体型が3を着ています。ルーズシルエットに加えて、微妙に大きいと感じますが、これは洗濯縮みを見据えてのサイジングとなっています。通常の comm.arch. のシルエット・サイジングに準じています。

 

やっぱり手が伸びるのは着ていて気持ちの好い服であることは、みなさん相通ずる感覚ではないかと思います。
休日のリラックスウェアとして最適ですし、重ね着と一枚着、どちらも使える絶妙のウエイト感がありがたいです。さらに暖かくなって、一枚でさらりといける、気の利いた楽ちんトップスとしてのポジションも約束されたようなものではないでしょうか。

comm. arch. – OG Cotton Chiffon Sweat PO
col : Pistachio / Blue Hole
size : 2 / 3 / 4
price : 16,500 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
1月23日(月) 定休日
1月30日(月) 定休日

comm. arch. – Padded Blouson.

comm. arch. より新作入荷です。
中わた入りの冬向けジャケットが届きました!

 

Outline
シンプルデザインのオリジナル中わたブルゾンです。
アウターシェルは特に化繊生地で有名なイタリアの生地メーカー LIMONTA社製の撥水ストレッチ生地を使用。ダウンジャケット用に開発された生地となり、ナイロン糸に特殊な加工(社外秘)が施され、コットン地のようなマットな風合いが特徴です。
スタンドカラーにブルゾン丈、装飾性の希薄なミニマルデザインは、すっきりとクリーンな印象です。
シルエットはわずかにオーバーサイズ気味に設定され、少し肩を落としたゆったりフィットで、今の気分に沿ったバランスで仕上げられています。
長すぎない着丈で、自転車などのアクティブ使用でも使いやすく、マルチなタウンユースが想定されたジャケットとなっています。

 

やはり決め手はリモンタの生地ということになるでしょう。リモンタファブリックは、総じてクオリティも間違いなし、見た目にも高級感があり、服飾関係者の信頼度は高いです。
この生地を使ってシンプルに仕上げました、というだけでまず好感度が高いです。

僕の印象としては、これぞ 『足るを知る』 であり、盛り過ぎず、飾り過ぎず、静かに抑制が利いていて、知性さえ感じるなと。クリーンでミニマル過ぎてチープになってしまった、というケースはよく見かけますが、comm.arch. であればその心配もなし。リモンタのシェルですから高級感の方が際立ちます。
防寒性の高いアウターに何を求めるか、というところにしっかり具体的な考えがこめられていて、共感できる人には深く刺さっていくことと思います。

 

シルエット、サイジングの面で、スポーツやアウトドア系の感じとはひと味違う佇まいになっています。アパレルブランドならではのバランスの好さで、ファッション的、着こなし的な安心感を感じていただけるはずです。

つまるところ、スペックやルックスの満足度や安心感が高いわりに、イージーに使っていけるというのが魅力のアイテムかと思います。スマートに着飾るファッションアイテムとしても成立し、かと思えばガッと掴んでただ羽織るだけということにも堪えるという、まさにユーティリティな冬アウターではないでしょうか。
是非、お試しになってみてください!

comm. arch. – Padded Blouson
col : Blackout / Deep Ocean
size : 2 / 3 / 4
price : 51,700 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
12月5日(月) 定休日
12月12日(月) 定休日

New Arrivals.

comm.arch. の新作パーカコートが入荷しました。
生産遅れがあってヤキモキしましたが、今季新型、やっと届きました!

 

Outline
フィッシュテールのフーデッドコートです。
ナイロンフィラメントの極太番手を使用し、はっきりした綾目と一枚でしっかりした厚みを出したナイロンツイル生地となります。液流染色という特殊な染色法により、生地表面に製品染めのような細かなシワ感を施し、度詰めのナイロン糸による光沢と相まって、独特の生地感で仕上げられ、このコートの大きな特徴となっています。
デザインはモッズコートスタイルのパーカコートとなり、ハーフコート丈、ラグランスリーブ、ルーズシルエット、フィッシュテールといった特徴があり、さらにフロントの二重ポケット、内ポケット2つと、豊富なポケットで実用性も充分です。

ハーフコート丈でミリタリールーツのフーデッドコート、しかもブラックカラーということで、ARAN SWD Parka と近いポジションにはなりますが、格好いい、使いってが好い、という共通点がありますが、やはり違いはけっこうあります。
デザイン的にはフィッシュテール、つまりモッズコートスタイルというのが大きいかなと思います。

 

とは言え、気分としてモッズコートスタイルが心地好いということもありますが、その感が強いということでもなく、トップの2つのボタンが comm.arch. のアイコン的なディテールとなりますが、こういったオリジナルデザインの要素の方を強く感じさせてくれます。
モッズコート的、ミリタリー的なニュアンスは意外と控えめで、やはりバランスをしっかり取る方に重点が置かれているために、タウンユースで着やすい、使いやすいということになっていると思います。

 

comm. arch. – Nylon Twill Hooded Coat
col : Blackout
size : 2 / 3 / 4
price : 52,800 (税込)

 

alvana のコットン・ウールの洗えるニット、今年も届きました。
ニットのルックスで、スウェットのような感覚で使えて、ウール混だから普通のスウェットよりも暖かい、というアイテムです。

 

Outline
デイリーに着て洗えるニットというコンセプトのコットン・ウールの畔編みニットです。
コットン80、ウール20、しっかりした厚さとウエイト感のあるウォッシャブル(水洗い可能な)ニットとなります。
裏側面はコットン100%の糸による編地となりますので、ウールのチクチクとは無縁であり、素肌に着ていただくことも想定しています。
ドロップショルダーのルーズシルエットでリラックス感のあるバランスで仕上げています。
カットソーブランドならではのアプローチによるストレスフリーのニットウェアです。

すごいのは、素肌で着てこれ一枚で終わらせるということもイメージしており、裏側をコットン100のスムースタッチの仕様にしていることです。なるべく少なく着たいという人にはうってつけではないでしょうか。

 

けっこうなオーバーサイジングなので、今季はサイズは小さい側でご用意しました。(大きいサイズは昨年の持ち越しが残っています)

アイボリーが1、ブラックが2を着ていますが、1のサイズでも足りてしまっています。

 

デイリーウェア、リラックスウェアといったカテゴリに入るアイテムでしょう。適度に力が抜けたスタイルで、でもありがちなスウェットスタイルとも違いを見せたいという感じでしょう。
気になるなという方々は、かなり感覚的に、アイテムとして好きだ、となっているのではないかと思います。

 

alvana – Wool Rib Knit Crew Neck PO
col : Ivory / Tone Black
size : 1 / 2
price : 25,300 (税込)

 

HAVERSACK のスウェットパンツです。
スウェットパンツは昨年もありましたが、かたちも生地も違っていて、今季は冬向けの厚地となっています。

 

Outline
サイドシームレスの厚地スウェットパンツ。
希少な旧式編み機「アズマ編み機」を使用したヘビーウェイト裏毛を使用。膨らみと柔らかさがありつつ、しっかりした厚手裏起毛のスウェット地となります。
シルエットは膝下からの絞りをやや強くとったテーパード型。ヒップやワタリはゆったりしていますが、適度にすっきりした見え方をするラインとなっています。
ウエストはゴムとドローコード入り、裾もゴム入りの仕様となっています。

 

 

 

デザイン勝ち、スタイル重視、といったイメージが先行すかもしれませんが、HAVERSACK は素材づかいや編み、織り、縫製など、生産部分のこだわりが強いことも実は大きな魅力です。
まずそこがあっての、独創的なクリエーションであるというスタンスなので、安心して身につけられるのです。

 

街着としてのスウェットパンツ。考え過ぎれば上級者向けと思わざるをえないところがあり、なかなか難しいですが、HAVERSACK に任せてしまおうか、と思えてしまえるアイテムではないでしょうか。

 

HAVERSACK – Heavy Weight Sweat Pants
col : Black
size : M / L
price : 18,700 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
11月21日(月) 定休日
11月28日(月) 定休日

comm. arch. – Hand Frame Crew Neck CD.

comm. arch. の定番ニットが新たに入荷してきました。
昨年もご好評だった厚地クルーネックのカーディガンを、今年は4色でご用意しました。

 

数年前からブランドの確固たる定番として継続展開されている厚地ニットのモデルです。同じ素材、同じ編み立て生地でプルオーバーやタートルネックなどもラインナップされているのですが、Fuzz ではクルーネックのカーディガンが推しです。
メンズでのクルーカーディガンは、着こなしにある種のニュアンスが生まれると思いますので、洒落人向きといいますか、様式美の格好よさを持つVカーディガンとはまた違った魅力があるように思います。

Outline
厚地でざっくり感のあるローゲージのクルーネックニットカーディガンです。
糸はオーストラリアでも特に羊毛の質が高いジロン地方産のメリノ種の、生後6カ月以内に刈り取った仔羊の毛を、更にそこから繊維の細いものを厳選して紡績したものです。これはスーパーエクストラファインラムと呼ばれる細さとなります。
ニッティングは東北の手横編み機職人の手によるハンドフレームです。時間をかけて丁寧に編み立てられた貴重なハンドフレームニットとなります。
わずかにルーズなフィットに設定し、カーディガンではなくジャケットのようなポケットの付け方をすることで、ブルゾンのような雰囲気を持たせています。ほどよく丸みを帯びた独特のシルエットとなり、ややタイトなシルエットのクラシックなカーディガンとは違ったバランスで、よりカジュアルなバランスで合わせていただけます。

 

間違いない素材に間違いない紡績、そして間違いないニッティング。ニットウェア専門のブランドとして発足した comm.arch. のメインプロダクトを存分に味わってください。
デザインそのものは凝り過ぎずシンプルにして、着心地やシルエットに充分な配慮が為されています。国内のファッションブランドならではの、トータルでの着やすさが追求されていて、これはインポートのトラディショナルなニットウェアとは違ったアプローチなればこそであり、それぞれに違った魅力を備えているということだと思います。

 

Sandalwood

 

Deep Forest

 

Coalmine

 

Grey Mosaics

 

色合いの好さも comm.arch. の大きな魅力でしょう。ヨーロッパのニットウェアに精通しているデザイナー氏なればこそ、色調の上品さには強いこだわりを感じます。

 

昔ながらのニットカーディガンの基本であるピタッとした感じのない、ファッショナブルな新しいシルエットです。ではニットのアウターかと言われれば、そう使ってもいいのですが、やはりインポートのローゲージニットのごついやつらのようなワイルドな感じがなく、室内で着ていられる落ち着きがありますし、この上からアウターを羽織ることも問題ありません。

まとめましょう。
厚地で暖かく、上質素材でチクチクなどなく着心地も良くて、使い勝手が狭いこともない、色合いもナイス、シルエットもナイスなバランスである。
、、という素晴らしいニットなのです。

comm. arch. – Hand Frame Crew Neck CD
col : Sandalwood / Deep Forest / Coalmine / Grey Mosaics
size : 2 / 3 / 4
price : 36,300 (税込)

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

1年半ぶりか、それ以上か、とにかくずいぶん久しぶりの高橋Gさんが、赴任先の福岡のお土産を持って訪れてくれました。
ずいぶん前に買っていただいた Slip On コートを羽織り、unmetre productions のバッグを背負い、SANDERS のシューズを履いて、颯爽と現れたのですが、お土産のお菓子でなくて、その姿を撮れよと、わたくしもそう思います。お菓子の方は、夜のおやつとして既に3つほどいただいております。

高橋さんがどうして北九州市に行っているかと言えば、もちろん Fuzz の普及のために他なりません。九州のどこかで Fuzz ぽい格好をした人を見かけたら、それは高橋さんですので気さくに声をかけてください。
普及が終わり次第戻るということですが、今のところいつ頃になるかの目途は立っていないそうです。

冗談はさておき、お土産ありがとうございました。
仕事と普及、頑張ってください!

先日は京都から、香川から、さらに香港、カリフォルニアと、遠方からのお客さまのご来店があり、なんとなく嬉しい感じがあります。みなさん仕事で東京にということのようですが、ビジネスの現場も活気が出ているようで何よりです。
これから年末まで、しだいに寒さが増していきますが、世間は慌ただしく、しかし活気のある時期になるかと思います。また第8波がどうこうとなってきましたが、水を差さないでいただきたいものですねえ。
とにかく、なにかと忙しい折り、体調管理には充分気をつけていきましょう。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
11月16日(水) 15:00–21:00
11月21日(月) 定休日
11月28日(月) 定休日

New Arrivals.

comm.arch. の定番ニット新色、FUJITO の新作パンツが入荷しました。

 

Outline
ブランド定番モデルとなるミドルゲージのクルーネックニットです。
素材は、オーストラリア産メリノウール(ヴァージン・エクストラ・ファインウール)となります。”SUPER 110″ に相当する超極細繊維をカシミヤ用の紡績機を用い、軽くて柔らかく、膨らみのある毛糸に紡いでいます。
ニッティングは東北の手横編み機職人の手によるハンドフレームとなり、ミドルゲージニットとしては最高レベルの柔らかさと肌触りの好さを感じていただけます。
シルエットはミディアムフィット、スタンダードなサイジングとなります。

ブランド発足当初から続く、comm.arch. の大定番ニットです。
きわめてシンプルなデザインですから、分かりやすく品質勝負というアイテムです。いい素材を使って、いい色合いで、ハンドフレームで、というまったくシンプルな理屈です。
モノの良さは、実際に見て触れてみれば、誰にでもすぐに分かってしまいます。日本のニットの素晴らしさを感じられる見本のようなものではないでしょうか。

 

comm. arch. – Hand Framed Saddle B.B.
col : Wine
size : 2 / 3 / 4
price : 20,900 (税込)

 

FUJTO からは今季の新モデルとなります、Flight Pants。
ちょっとおもしろいギミックが付いて、だけでなく、

きちんと格好いいです。

 

Outline
エアフォースのミリタリーパンツをモチーフにつくられたウールイージーパンツです。
裾のジップで裾幅を変え、シルエットをアレンジできる仕様となっています。
ウエストはゴム+コードのベルトレス、ワンタック、シルエットは最低限のテーパードでストレートに近いラインとなり、丈感はノークッションのやや短めの設定です。
ファブリックは伸縮素材を加えたウールフラノです。ウールの上品なルックスに加え、ストレッチが利いて穿きやすさも確保。
セミワイドの中太ストレートと相まって、カジュアルなアイテムながらも、クラシカルな雰囲気も合わせ持ちます。

裾のジッパーの仕様は、15年かそれ以上前に、ある界隈でけっこう流行ったイタリア軍のパラシュートパンツを想起させます。シルエットなどはまるで違いますが、ギミックの出処としてはそこのようです。

ミリタリーのディテールを使いつつも、ドレスパンツのような雰囲気さえある品の好さがベースにあり、また独特の雰囲気で仕上げています。こういう掴みどころのないタイプのアイテムで、どういうわけか格好いいというのが FUJITO 独自の魅力とわたくしは見ています。

 

FUJITO – Flight Pants
col : Black
size : 30 / 32 / 34
price : 28,600 (税込)

 

-----------

 

今年の日本シリーズは面白い流れになりました。やはり最終決戦はこうでねいと。
こうなったら8戦目までもつれてもらって、定休日の月曜日にじっくりテレビ観戦ができたら嬉しいのですが。

熱戦の合間に、内田Dの新作番組をおひとついかがでしょう。
今度の日曜朝、Eテレの 『日曜美術館』です。

10月30日(日) 9:00
『日曜美術館』
友よ 写真よ 写真家 牛腸茂雄との日々

 

そうそう、それからインスタグラムの方で書いていますが、先日の定休日に映画を観てきたのですが、こちらもみなさんにおすすめしたいです。

『千夜、一夜』
テアトル新宿 / シネスイッチ銀座 / etc.

時々バイクでふらりとやってきて買い物をしてくれる青木さんの脚本作品。店頭で試写会の招待券をいただきまして、試写会に行けず、やっと先日テアトル新宿で観てきました。

話すと長くなりますので詳しい内容には触れませんが、とってもいい映画でした。
しっかり腹に響く重さがあって、大泣きさせられ、ずいぶん後まで余韻が残りました。
予告編など見て、興味ありそうなら是非。難しいことはないですが、大人の映画です。
観た方は店頭で語りましょう。

 

スポーツの秋、芸術の秋、服飾の秋、、
服買って、映画見て、うまいものでも食べましょう!

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
10月31日(月) 定休日
11月3日(木) Long Open Day 11:00-20:00
11月7日(月) 定休日