GICIPI – Pique Mock Neck Tee.

GICIPI の新作カットソーが入荷しました。
ブランド定番の鹿の子生地によるプロダクトです。

 

モックネックのルーズフィットTシャツ。襟、袖口、裾をリブにすることで、ニットTシャツのような見え方を狙ったデザインになっていて、上品な着こなしが志向されたカットソーです。

 

洗いがかかっていることもありますが、ソフトでやさしいタッチが特徴。洗濯縮みは考慮しないで大丈夫です。

 

肩は落とさずに胸まわりだけ少々ゆったりしたフィットになっており、着丈は標準的な長さ、袖はやや長め、といったバランスです。
僕(171 cm)が4を着てちょうどいい感じでした。

 

GICIPI – Pique Mock Neck Tee
col : White / Fondente
size : 2 / 3 / 4
price : 7,480 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
4月25日(月) 定休日
5月2日(月) 定休日

New Arrivals.

GICIPI の新作カットソーが届いています。
昨年から登場したハイゲージのタンブラー度詰め生地によるプロダクトです。

 

ネックはクルーとボートの中間くらい、袖が九分丈、身まわりがルーズ、というもの。最近は GICIPI もルーズシルエットの品番が増えていますが、こちらもその線での新型です。

ドロップショルダーでゆったり型、ネックが微妙にボートっぽくて、袖丈が微妙に短い。なんとなく原型にバスクシャツなる影が透けて見え、そういったニュアンスを持たせたのだと思います。袖口はあえて広めになっていて、ちょっとかわいらしさのようなニュアンスもありです。かわいさが不要なら、軽くまくることで解消できます。

 

ハイゲージの強撚糸の双糸、つまり堅く撚った細番手の糸の2本撚り、これを度詰めで編んで、さらに詰める為にタンブラー乾燥をかけてギュッとしています。これによって、ハイゲージなのにさほど薄地にならずにしっかりして、ハイゲージならではの滑らかさと上品さを保ったまま、表面に毛羽立ちと波打ちによるちょっとした表情が生まれます。

ホワイトと、もう一色は継続カラーの Marrone Velato。一見ダークグレーですが、ほのかに茶色が入ったニュアンスカラーです。

GICIPI – Loose Fit 9/10 Slv.Tee
col : White / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 8,580 (税込)

 

こちら、2年連続2度目の出場、SAINT JAMES のドロップショルダーというモデルです。
その名の通り、肩を落としたパターンが特徴の七分袖のバスクシャツとなっています。

 

ドロップショルダーと言っても、合わせてフィットがルーズということもなく、それなのにルーズのつもりになってしまっていて、メンズワンサイズ展開というのが唯一の弱点です。
用意されているのは T5 オンリーで、胸まわりや丈感はウェッソンの T5 とおおよそ同水準で、ピタピタでは着ないとして、だいたいMサイズくらいです。

 

生地はウェッソンと共通、洗濯縮みも同じ感覚で覚悟してください。

通常のクラシックなウェッソンとは少し趣が異なり、シルエットの方で多少のニュアンスが出ているモデルかと思います。
昨年はかなりの好評でした。願わくばもう一つ二つサイズの展開があれば嬉しいのですが、、

 

SAINT JAMES – OUESSANT Drop Shoulder
col : Ecru / Noir
size : T5
price : 9,900 (税込)

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
3月28日(月) 定休日
4月4日(月) →営業
4月5日(火) →休業

GICIPI – Loose fit Crew Neck LS.

GICIPI の長袖カットソーが新たに入荷しました。
定番のリブ編みフライス生地によるルーズフィットタイプとなります。

 

クルーネックの長袖、ゆったりしたリラックスフィットで袖と裾はリブ仕様。スウェットのようなルックスになっていて、単体づかいがしやすくなっています。

 

生地は一番の定番素材と言えるフライス生地です。やわらかく伸縮するリブ編みで、これは GICIPI が元来アンダーウェアのファクトリーであることから、最も得意とする生地でもあります。

 

少し肩を落としたリラックスフィットではありますが、着丈はほとんど普通で、かつリブで軽く締まっていますから、ズルズルっとしたオーバーサイズ感とはならずに、なかなか好いバランスになっています。

 

もうしばらくしてさらに暖かくなったら、コートやジャケットのインナーにはこういった長袖のカットソー、日中は上着を脱いでこれ一枚で、というイメージでしょう。
なんだかんだで必要を感じることの多いアイテムですが、意外と慢性的に手持ち不足にしがちなジャンルかもしれません。

 

GICIPI – Loose fit Crew Neck LS
col : White / Gri.Mela. / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 6,930 (税込)

 

■おしらせ

3月3日(木) 14時オープンとなります。
恐縮ですが、ご来店の際にはご注意賜りますよう宜しくお願いいたします。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
3月4日(木) 14時 OPEN
3月7日(月) 定休日
3月14日(月) 定休日

New Arrivals.

イタリアのカジュアルトラウザー専業ブランド、Yan Simmon の新作パンツが入荷しました。
起毛厚地の冬仕様です。

 

おなじみの細身シルエットですが、軽くワンタックが入って股まわりはややゆとりがあります。裾幅は狭く、きっちりテーパードが利いてのスリム・テーパードシルエットとなっています。

 

生地は起毛感のあるコットンの綾織り生地で、重たいものではありませんが、肉厚感がしっかりあり、暖かさを感じさせてくれます。

 

後がパッチポケットで、右サイドにも小さなポケットが配され、カジュアルトラウザーの中でもさらに気さくな雰囲気で、5ポケットのパンツのような印象です。

大人対応の細身パンツということで、引き続きおすすめです。

 

Yan Simmon – Cotton Trouse
col : Fango / Black
size : 44 / 46 / 48
price : 20,900 (税込)

 

同じくイタリアブランド、カットソー専業ファクトリーブランド、GICIPI のタートルネックが入荷しました。こちらも冬向け、インナーづかいにちょうどよい長袖カットソーです。

ブランド定番素材となる、コットンにカシミヤをブレンドした冬用ファブリックのモデルです。
この15%のカシミヤ混紡により、肌触りを損ねることなく、保温性がググッとアップします。

 

タートルネックというよりはロールネックというべきかもしれません。ネックはリブ仕様になっていて、やや長めで締めつけは緩め。

 

インナーを想定していますので、縫い目で余計な厚みを出さないよう、フラットシーマでの縫製です。
シルエットはインナーだからといってキュッとタイトというところまでではなく、スタンダードなフィットとなっています。

GICIPI – Cotton Cashmere Turtle Neck LS
col : Soldato / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 10,780 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

GICIPI.

GICIPI の新作カットソーが入荷してきました。
定番+新型、2型が登場です。

 

まずは定番型のクルーネック長袖。
おなじみの定番生地であるリブ編みコットン(フライス)によるシンプルなロングTシャツです。非常に滑らかで、やわらかで、伸縮性豊かな生地となっております。

 

シルエットはベーシック、デザインはシンプルではありますが、袖と裾をリブ仕様にすることで、ルックスとしてハイゲージニットに似せています。滑らかなコットンですので、直接地肌に着ていただいて、上品な薄地ニットのような見え方をするということになります。ですから秋の入り口の、まだ涼しくなりきらない時期のロンT単体づかいにも耐えると思いますし、きれいなテーラードジャケットを羽織ってインで使う場合でもいい感じでしょう。インナーにニットを着ているかと思いきや、実は着心地よくて気兼ねないカットソーという。

そして、今回このモデルにサイズ仕様のちょっとした変更が入っています。これまでの同型を持っている人は気に掛ける必要があるかと思います。
これまでより、少し、緩くなりました。これまではけっこうコンパクトでキュッとしていましたが、今回は今の感覚でのスタンダードフィットという具合です。タイトすぎず、ルーズすぎず、普通のシルエットを目指した結果です。

 

GICIPI – Crew Neck Long Sleeve
col : Brown / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,380 (税込)

新型はけっこう斬新です。
ミラノリブによるバスクシャツタイプ、そしてインサイドアウト。

 

厳密にはニットではなくカットソーの編み機で編んでいるので正式なミラノリブではないのですが、しっかりミラノリブのようにできています。
それをボートネックでルーズシルエットにして、さらにあえて裏返して使って、という意欲作。なんとなく優等生的な印象のものが多い GICIPI ですが、なかなか攻めたなと感じます。

この春夏でもここでお話ししたと思いますが、これまでシンプル・定番というところだけで勝負してきたのが、デザインやニュアンスを加えるように変化をしてきて、Fuzz としては歓迎したいと思っているのです。

 

まさにニュアンス(陰影)をつけておもしろくしている、という裏づかい。いきすぎないボートネックといきすぎないルーズシルエットで安心感を最低限確保しているように思います。

ボートネックはさほど横に広くなく、ボートネックに見えるぎりぎりのところで抑えています。身まわりのボリュームとドロップショルダーもそれほど大きくは行っていない感じです。

これを裏返すと、正常面が現れます。ネック裏のラベルをきれいに切り落とせば、この状態でも普通に着ることができますので、これは選択肢としてけっこう有力ではないかと思います。

 

GICIPI 流のバスクシャツを狙った着地点というところでしょうか。
ミラノリブはそれなりの厚さがあり、厚地のバスク生地に似せたような気がしますし、気持ち短い袖丈や無造作感のあるボックスシルエットはバスクシャツを意識しているように思えます。
結果的に、より上品で、普通のファッション感覚で着やすいバスクシャツとなっていて、大人っぽく、落ち着いた印象で着られるような気がします。

 

GICIPI – Insideout Long Sleeve
col : Dk.Brown / Black
size : 4 / 5
price : 6,930 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle