New Arrivals.

Yarmo、CC41シリーズの新作、2 Tuck Shorts が入荷しました。
爽やかなインディゴのストライプは、KOJIMA DENIM (児島産デニム)となります。

 

2タックが入り、全体にルーズでボリュームしっかり。ウエストはドローコードでギュッと絞るだけのアナログな仕様となっており、かえって新鮮、かつ何とも言えない雰囲気が出ているように思います。とても Yarmo らしい、ヨーロピアン・マリンのテイストを感じていただけるはずです。

 

まっ白のシャツかTシャツを着て、ベージュやブラウン系のエスパドリーユ、もしくはブラウンレザーのサンダルで合わせたい、というようなイメージでしょうか。

 

Yarmo – 2 Tuck Shorts *Denim Stripe
col : Indigo Stripe
size : 44 / 46 / 48
price : 19,800 (税込み)

 

Oridinart fits からも新作ショーツが届いています。
定番モデルの Twist Pants をショーツにしました、Twist Shorts です。

 

こちらもデニム生地のショーツとなっており、中厚、やや軽めの国産デニムを使用。斜めに大きく入ったタックが目を惹く特徴となっており、少々ラップパンツのようなニュアンスを醸します。

 

シルエットはゆったりルーズ、ボリューム感もあり、なので、サイズをいつもより小さめでとっています。通常レディースサイズとされている 0 とメンズSとされている 1のツーサイズの展開となります。これで充分メンズのS/M、M/L という感じでいけます。

 

ウエストはストレスのないゴムとコード。股上が深くてゆったりしているので、たるっ、とした感じの雰囲気となっています。

 

Ordinary fits – Twist Shorts
col : Indigo
size : 0 / 1
price : 14,300 (税込)

 

GICIPI のタンクトップ。
既にご紹介してきたロンT、カーディガン、ポケTと同じ生地によるベーシックなタンクトップです。

 

ハイゲージの強タンブラー済みの天竺コットン生地は、ハイゲージなのに、それなりに厚みがあるというもの。目を詰めて厚地にして、シルケット加工のような表面の毛羽立ちを演出しています。

細からず緩からずのスタンダードフィットとなりますので、真夏に単体でもいけますし、そろそろシャツの下に着るインナーとしてもしっかり活躍してくれそうです。

 

GICIPI – Tank Top
col : White / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 4,730 (税込)

 

Universal Works のスニーカーソックス。
スラブ織り、マーブル柄です。

 

スニーカーはもちろん、スポーツサンダルなどでも重宝することと思います。

 

Universal Works – Ankle Slub Socks
col : Dk.Sand / Navy
size : M
price : 2,420 (税込)

 

----------

 

■おしらせ

突然ですが、本日から6月20日まで、送料無料キャンペーン を実施することにしました。
シンプルに、通販利用の際の送料が無料となります。

緊急事態宣言が延長することが決まったようなので、Fuzz もここらでひとつ景気対策です。本当にささやかなサービスで恐縮なのですが、軽く背中を押すことにつながればと願っております。

実店舗は普通に営業していますので、出かけられる方々は、どうぞいつでもご来店ください。
新作入荷が重なり、店頭も充実してきています。マスク着用などのマナーを守っていただき、楽しくお買い物をしていただけたらと思います。

春夏シーズンの後半に入ってきたような時期ですが、この後もまだまだ新作入荷は続きます。
ひきつづき、宜しくお願いいたします!

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

GICIPI – Tee Shirts.

GICIPI の半袖Tシャツが入荷しました。
既出のカーディガン、長袖Tee と同素材のポケットTee、コットン・リネン素材のモックネックTee、2型が新たに届きました。

 

モックネックTシャツは、縦筋が入り、得意のニットライクなルックスを持たせたタイプです。
リブ編みで伸縮性があって柔らかな生地、さらにルーズなシルエットでストレスなく着ていただけます。また、ニットTシャツのイメージで、裾はリブ仕様、着丈はややコンパクトというバランスとなっており、ルーズシルエットでも上品な雰囲気です。

 

コットン70、リネン30の綿麻素材となりますので、タッチはドライ、通気性UPです。
既に洗いがかかっていますので、しんなりしており、洗濯縮みの心配がありません。

GCIPI – Cotton Linen Mock Neck Tee
col : White / Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 7,480 (税込)

 

こちらは既にご紹介しているカーディガンとロンTee と同素材、強撚双糸の強タンブラー済みハイゲージの天竺コットン生地、そのポケットTシャツです。

 

シンプルなクルーネックのポケット付き、シルエットはやはりルーズです。着丈もしっかりあり、これまでのごく普通のサイズ感覚からちょうどワンサイズ分くらい大きくしたくらいです。

 

細糸ながらも双糸にしてタンブラーでグッと度詰めした生地は、ほのかな光沢がありつつハイゲージ特有の薄地にならず、しっかりした質感であることが魅力です。
太糸によるガシガシ系とは対極の、上品な面構えのカットソーです。

 

GCIPI – Crew Neck Long Tee
col : Nero Velato / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 7,480 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

BRENA の新作もようやく届きました。
綿麻素材の渋いグレンチェックのイージーパンツです。

 

クラシックなグレンチェック柄で、ブラウン調の色合いがとても渋いです。
例えば、このグレンチェックが嘘だったとして、それが嘘だと事前に分かっていても、僕は発注してしまうでしょう。そういう魅力です。
いや、余計分かりにくいですね、、、
ともかく、この生地の色柄の渋さが一番のポイントになることでしょう。

 

モデルとしては、String Baker というベーカーパンツ型のイージーパンツ。数シーズン前からはじまったブランドの定番型です。
フロントのパッチポケットでベーカーパンツ型となり、シルエットはルーズで緩めのテーパードです。腿まわりに充分な太さがありますが、意外と腰・尻部分はさほどの緩さではなく、太いシルエットではあるものの、腰まわりがすっきりしていることが特徴です。

 

ウエストはゴムとコードでベルトレス。イージーパンツではあるものの、クラシックな風情ですから、ラフなカジュアルスタイルにはならずに、落ち着いた着こなしができることと思います。

 

BRENA / String Baker *French Work Glen Check
col : Brown Check
size : 44 / 46 / 48
price : 23,100 (税込)

 

つづいて Ordinary fits からもイージーパンツの入荷です。
ライトオンスのデニム生地による、その名の通りのイージーなパンツ。勝手の良いパンツとして、Ordinary fits らしい絶妙な加減でつくられています。

 

特筆事項はほとんどありません。イージーパンツの仕様で太めのテーパードシルエットです。
股上がしっかりあって、家でリラックスして座って、立って、寝転んで、という動作にも耐えるようなシルエットです。

足るを知る、という潔さがいいと思います。結局よく使って、結局このくらいシンプルでいいんだ、となることが予想できる気がします。

 

Ordinary fits – Pajama Pants
col : Indigo
size : 1 / 2 / 3
price : 14,000 (税込)

 

GICIPI のカットソー、長袖シャツとカーディガン。
こちら少し前に入荷していましたが、ここで触れておきましょう。

今回は生地もかたちも初登場となる完全な新モデルです。生地はとても雰囲気が好く、かたちはリラックスフィットを取り入れ、これまでの GICIPI の流れからは少し意外な感じのするイマドキな仕上がりになっています。GICIPI の進化は、”ファッション” の方向でした。

 

やや光沢感があって上品な感じのする生地は、GICIPI では珍しい天竺編みです。
面(つら)が上品なのは糸が細いから、それでも透けてしまうような薄地にならないのは強撚の双糸(2本撚り)だから、そして、むしろ厚みがある感じになっているのは、さらに最後にパワフルなタンブラーをかけて、できるだけ詰めているから、というものです。

厚地のカットソーというのは、太番手の糸を使ってゴワゴワになるのが本道ですが、こちらはハイゲージの厚地ということになり、よりきれいめな印象になっています。
がっちりとかなり強くタンブラーをかけているということなので、生地そのものは上品ですが、洗いとタンブラーによって、くたり、アタリが多少出ています。また、洗濯縮みを考慮する必要はまったくありません。

 

クルーネック、長袖、ポケット付き。
胴まわりがルーズで、肩は落ちるシルエットです。インナーとしてだけでなく、単体でいけるロンTというイメージでつくられています。

ブラックはやや抜けていてスミのような感じ、もう1色はややブラウン気味のチャコールといった色味となっています。このあたりの色感度はヨーロッパ的でよろしいです。

 

GCIPI – Crew Neck Long Tee
col : Nero Velato / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 7,480 (税込)

同じ生地、同じ色展開で、Vカーディガン。
カットソー地のカーディガンは、ニットカーディガンとはまた少し違ったノリで使えるので、いくつかあると重宝すると思います。

 

こちらもゆったりシルエットです。カチッと着るような一般的なカーディガンとは違い、ゆったりと、今のカジュアルを反映したバランスとなっています。

 

ルーズであれば、昨今増えてきたルーズなTシャツの上からでも、ばたつき無しで羽織れることでしょう。もちろん、やはりカーディガンですから、シャツと合わせるのが一番ではあります。布帛(織地)のシャツに、ジャージー(編地)のカーディガンというのは、素材の相性も好しです。質感と発色が異なりますから、コーディネイトに奥行や趣が生まれるというものです。

 

GCIPI – Cotton Cardigan
col : Nero Velato / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 9,680 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 20:00
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

GICIPI.

GICIPI の新作カットソーが入荷しました。
間違いない秋冬向け長袖カットソー、2型です。

 

まずは昨年タートルネックで展開されたコットン・カシミヤの生地ですが、今季はモックネック(ハイネック)で登場です。

 

リブ編みで柔らかく、ニットのようなルックスを持ちながら気軽に洗濯できるカットソー。実際にカシミヤ混という素材でニットに寄せたアイテムです。

 

シルエットはスタンダードで、いつものタイトフィットではありません。ルーズというほどではないですが、ある程度胸まわりに余裕を持たせて、ピタッとする感じを緩和しているようです。
よりトップスとして一枚で着れるための配慮だと思いますが、もちろん、ジャケットなどのインにもうってつけで、中でもたつくほどルーズではありません。

 

オリーブグリーン、ブラウン、ブラック。
ナイスカラーでかつ使いやすいと思います。

 

GICIPI – Mock Neck Long Slv. *Cotton Cashmere
col : Military / Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 8,800 (+tax)

 

定番のフライス(リブ編み)のタートルネック。
こちらはインナーとしてつくられていますので、しっかりタイトフィットです。フライスという生地は横方向にやわらかく伸縮しますので、タイトに着ても着苦しさは皆無で、動きやすくて快適です。

 

素肌に直接着るインナーですが、デザイン的には袖口や裾のリブ仕様により、やはり 『ニットな感じ』 があります。
これ一枚サッと着て、何か何でもいいのでジャケットを羽織ってしまえば、もう充分上品です。

 

新色の杢調ベージュ、メランジ感がしっかりあって珍しい色です。色合いとしては絶妙な中間色で、調子よく合わせられそうです。

 

他に、グレー、ブラウン、ブラックと4色での展開となります。

 

GICIPI – Turtle Neck Long Slv.
col : Grey / Marrone Mel / Brown / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 6,300 (+tax)

 

GICIPI – Pique Crew Neck Border Tee.

GICIPI の新作が入荷しました。
クルーネックのリブ編みボーダーTシャツ、ニットのようなやわらかなTシャツです。

 

生地としては GICIPI のレギュラーのもので、伸縮性に富んだやわらかなリブ編みに、襟、袖、裾をリブ仕様にしてニットTシャツの体裁にしたものです。
普通の天竺編みのTシャツより動きやすさがあり、またニットTシャツライクのデザインにしていることで、やや上品な印象で着ていただけると思います。なので少しきれいめなジャケットのインにもってきくるのも王道でしょう。

 

縫製する前段階、生地の状態で水洗いをしていますので、この後の縮みは考慮しなくて大丈夫です。

 

以前に同じモデルで無地のものをセレクトしましたが、その時より身幅を少しゆったりさせています。リブ編みということもあり、元々身体にフィットさせて着るタイプのシルエットでしたが、少しゆったりさせて一般的なフィットになったというところです。ルーズフィットと呼べるほどではなく、スタンダードというイメージです。

 

GICIPI – Pique Crew Neck Border Tee
col :
size : 3 / 4 / 5
price : 6,800 (+tax)

 

毎度おなじみ、Ordinary fits の定番デニムがサイズ揃って入荷してきました。

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *3 year Used
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,800 (+tax)

Ordinary fits – 5 Pocket Ankle Denim *One Wash
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 14,800 (+tax)

 

---------------

 

(世間話)

人気のまばらな新宿の街、けっこう新鮮です。多少の寂しさはありますが、このくらいすっきりしていると気持ちよく歩けるなぁ、という感じです。しかし、やっぱりそれでは新宿ではなくて、人々の雑踏あってこその新宿なのだと、同時に気付かされることにもなります。

しかしそれにしても、往時は居すぎだよな、ともやっぱり思います。ここまで居なくなってしまったら寂しいですけど、この中間くらいでなんとかならないものだろうかと、超個人的な感想ですがそう思います。

外国人が日に日に増えていき、日本経済にとってはありがたい存在になっていたわけですが、そのおかげで歌舞伎町は綺麗になり、この勢いでは、もしかしたら二丁目やゴールデン街などもきれいになってしまう、ということもあったのかもしれません。(ゴールデン街は観光地化しているようなので心配なさそうですが)

いや、きれいになってしまうと悪いことのように言ってるのはなぜかしら。汚いよりきれいがいいに決まっているのに。
心配なのは、きれいにすることと、新しくすることを、同じことにしすぎていないかなぁ、ということ。きれいに見せるために、むやみにいろいろと新しくしすぎていないか、つまり、新しくすることで、古くていいものが壊されていないか、という心配なのでしょう、きっと。
最近読んだ本の中に、『旧友はすぐにはつくれない』 というフレーズがあってグッときたのですが、多少でもそういうような感覚があってやってることなのか?、 ということです。

でもでもしかし、東京の歴史はスクラップアンドビルドの歴史でもありましょうから、これもまた東京の中心地たる宿命と言えば宿命なのかもしれませんなぁ。
だって、オリンピックやるらしいからなぁ。

今宵も月がきれいでござる。

 

New Arrivals.

GICIPI のタートルネックが入荷しました。
今シーズンは、コットンにカシミヤをブレンドした GICIPI オリジナルの生地としては最高峰の生地によるプロダクトです。

 

コットン85%、カシミヤ15%の混率で、やはりルックスはニットのように仕上げています。
実際に編み立てもニットのように柔らかいので、やさしく自然に伸縮し、タイトなフィットながらも締めつけ感はまったく無く、快適に着ていただけます。

 

ものとしてはカットソーの部類に入りますので、肌に直接着ていただいて大丈夫(敏感肌の方は分かりませんが)、また洗濯機での洗濯も大丈夫です。

カシミヤが入ることで、見た目がよりニットに近寄るということに加えて、保温性と通気性が高まり、吸水性が低下することで乾きを促進する効果があります。

ジャケットのインナーに最適で、ウールニットよりも手軽な取り扱いができて、より着心地もやわらかです。

 

GICIPI – Turtle Neck Long Slv. *Cotton Cashmere
col : Brown / Green / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 8,800 (+tax)

 

こちらは初登場となります、イタリアの軍用衣料メーカーの DEFCON 5 というブランドのミルスペックのジャケットです。現行のリアルな軍モノをつくるメーカーで、このジャケットも実際に NATO軍に納められているものとまったく同じ製品となります。

●DEFCON 5
2006年、イタリア・ベニスから 50km 離れたポルデモーネにて軍用衣料メーカーとして創業。
ブランド名は 『平時態勢』 を意味する軍の造語で、世界が平和で穏やかになることを理想に掲げています。
ミルスペックをクリアした製品は NATO軍や UN Missions (国連派遣団)などで正式に採用されています。

 

このソフトシェルジャケットは、伸縮と撥水の利いた強靭なファブリックによるもので、裏側がフリースです。スマートなシルエットながら動きやすくて肌触りもやさしく、なかなか使い勝手がよさそうです。

 

ポケットも多くて、日常生活でもたしかに使いやすそうです。
アナログな古いミリタリーウェアの魅力とは正反対の、現行ハイテクミリタリーウェアのおもしろさが感じられ、意外と便利に使っていけそうな気がしています。

 

DEFCON 5 – Soft Shell Jacket
col : Black
size : S / M
price : 21,000 (tax)

 

こちらは珍しくアメリカもの。以前も別アイテムでありましたが、Thousand Mile というアウトドア系のブランドです。
こちらはアウター、インナーと好き勝手に使えるクルーネックの中わたジップアップジャケットとなります。

 

実はこちら、国内のインポート商社さんのライセンスによる製品で、僕としてはブランドとして熱心にシンパシーを感じているわけでなく、完全に内容が気に入ってピックアップしたものです。

もちろん保温性ではダウンに劣りますが、このくらいがいい、というのが、まったく個人的にですが、ありまして、この手のアイテムであればこのくらいのものが欲しかった、という感覚でした。

 

シェルも裏地もストレッチが利いているので動きやすくていい、中わたもボリューム少なめで、厚みがさほど出ないのがいい、という感じ。
室内着として考えた時、伸縮が利いているのはありがたいし、襟が邪魔にならないので寝転がるにもいい感じでしょう。

カーディガンのような感覚で、スポーツウェアのような感覚で、ミドルレイヤーのジャケットという感覚で、室内外問わず、フレキシブルに使っていけると思います。
素材としては高価なものを使っていないので、プライスもいい感じで落ち着いています。

 

Thousand Mile – Wave Jacket
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 11,000 (+tax)