New Arrivals.

Yarmo のダスターコートが入荷しました。
昨年も発注はあったのですが、生産遅れがあって入荷が無かったため、久しぶりの登場となりました。

 

ダスターコートとは、名前が表す通り 『埃除けのコート』 ということで、ワークコートの仲間です。言ったらエプロンのような目的で、身体を着ている服ごとすっぽり覆って、塵や埃から身を守るというもの。アトリエコートなどと遠からずなのだと思います。

そんなダスターコートを、信頼できるしっかりしたファブリックを用いて、ファッションアイテムとしてアレンジしたものがこのコートです。
ヨーロピアンの伝統的なワークウェアの体裁をとりながら、実はシルエットや雰囲気は絶妙にイマドキで、非常に着やすくて使いやすいと、数シーズン来、高い評価を得ています。
Yarmo では、何年か前に登場して以来、定番モデルとして定着して、毎シーズン違ったファブリックで展開されています。

 

今シーズンは、既にドライバーズジャケットで登場している Brisbane Moss の厚地ツイルです。
先日もお話ししていますが、どっしりしていてほんのりと起毛感があり、本当にいい生地です。

 

身まわりがはっきりとルーズになっており、ドロップショルダー、ハーフコート丈、肩の傾斜が少し急になっていて、着てみると後襟が切り立って、なんとなく丸みのあるシルエットをつくるのがいい感じなのです。

 

コットンの一重(一枚)仕立てということで、丸洗いも問題ありません。ガシガシ着こんで、エイジングした時には、また別の味わいがあると思います。イマドキでありつつも、そういう路線に入ればそういう魅力が浮き上がってくるところが、Yarmo アイテムの素晴らしいところではないでしょうか。是非、自由な解釈で自分なりに着こなしていただけたらと思います。

 

Yarmo – Duster Coat
col : Khaki
size : 38 / 40 / 42
price : 29,700 (税込)

 

Universal Works. からは新作パンツが入荷しています。
まずは初めてとなるスウェットパンツです。

 

けっこうボリューム感のあるルーズシルエットで、スウェットパンツとしては珍しいのかもしれません。股上がかなり深く、腰まわり、尻、股まわりがかなりルーズになっていて、サルエルなどのように、あえて少し股をもたつかせて穿くような感じです。

 

生地は裏毛(裏パイル編み)の中厚スウェット地。質感としては、柔らかい伸縮系です。

開脚しやすい股合わせのパターンになっていて、動きやすさを確保。それはやっぱり楽ちんパンツの最前列です。

 

通常32インチの僕でも 30のサイズを穿いており、全然余裕です。
おまえ痩せたのかと思うかもしれませんが、全然そんなことはありません。むしろ基準となるリーバイスの32は、ファウルぎりぎり、ようやく穿けるという具合です。

 

Universal Works – K Track Pant *Dry Handle Loopback
col : Deep Blue / Forest Green
size : 28 / 30 / 32 / 34
price : 16,500 (税込)

 

そしてもう一型、こちらも初登場モデルとなります、MW Deck Pant というウール系パンツです。

 

ミリタリーワークで、セーラーパンツ。シンプルですが、実はヨーロッパ的薫りが濃いのがこういったタイプのアイテムです。
デザインやカラーがシンプルな分だけ、微妙なニュアンスが滲みやすいということでしょう。

 

厳密にセーラーパンツと言えば、ストレートシルエットが一般的なのかもしれませんが、そこはアレンジが利いてテーパード型になっており、さらにウエストがゴムとコードでベルトレスで穿くイージーパンツ仕様になっています。

ファブリックは、クラシックなウールサージの態で、この表情質感がマリンを連想させるために大切なポイントです。
ファブリックネームは Wool Twill となっていますので、厳密にはサージではなくツイル、そして、ポリエステルとウールの半々混紡の生地となっており、分からないレベルのアレンジが入っています。

 

ポリエステルが入っていますが、生地はしっかり上質です。綾目がきっちり立ち、よく詰まった織りで、厚地まではいかずとも、どっしりとした質感です。
ウール100%の方がよりクラシカルであるかもしれませんが、ポリエステルによって生地そのもののタフさが増し、反して軽くなり、ハンドリングも容易になります。特にパンツにおいては、コットンでもウールでも、ポリエステルが絡んでくるのは、僕としては意外と好意的です。

 

裾をつまんでダーツをとって絞っています。Universal Works 得意のディテールです。

 

こちらは32のサイズを穿いてみました。
中くらいの太さで、ゆったりとテーパードがかかっているという具合です。

腿裏の裏地は付いていませんので、シーズン初めはウールがチクチクしますが、穿きはじめるとほどなく慣れてしまいます。敏感肌の方はご注意ください。

 

Universal Works – MW Deck Pant *Wool Twill
col : Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 24,200 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Yarmo – New Drivers Jacket.

Yarmo の大定番、ドライバーズジャケットが入荷しました。
先だってはフレンチワークのジャケットをご紹介しましたが、今回はブリティッシュワーク!

 

ラペルドジャケットの形態をとるドライバーズジャケットは、運転手さんのワークウェアです。きっちり着るテーラードジャケットではなく、カバーオールの延長のような感覚で着てもらってOKです。
使い勝手が良く、カバーオールのように気軽に使えながらも、やはり少し品のある着こなしになるのが人気の秘訣でしょうか。

また、昨季もご案内していますが、数シーズン前に修正が入り、New Drivers Jacket と名前を変えています。具体的には、肩幅が小さかったことを解消し、その影響で全体的に少し大きくなりました。

 

この秋冬の生地は、どっしりしたコットンのツイル生地となります。
イギリスの名門生地メーカー Brisbane Moss のファブリックとなりますので、非常に上質なものでございます。この生地を目にしてしまったら、なかなか素通りはできず、やはり発注に至りました。

 

はっきりと綾目が出て、しかし表面はうっすらと起毛感を感じます。厚みがあって、目も詰まってどっしりしています。
上質で品のある生地が使われることで、ワークウェアをベースにしながらも、ファッション向けの素敵なジャケットに昇華しているのですが、しかし生地の雰囲気としては、伝統的なブリティッシュワークの流れも汲んでいるような、その系統の生地と言えるでしょう。そこも妙味です。

 

着こんで着こんでエイジングが進むと、迫力あるヴィンテージのジャケットになっていくはずです。クラシックなワークウェアで天然素材の上質な生地となれば、着古した時の格好よさは、もはや保証されているようなもの。着倒して、着古す、という楽しみも大きな魅力ではないかと思います。いかにもメンズ服的な楽しみですね。

 

Yarmo – New Drivers Jacket
col : Khaki / Navy
size : 38 / 40 / 42
price : 24,200 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

Yarmo、CC41シリーズの新作、2 Tuck Shorts が入荷しました。
爽やかなインディゴのストライプは、KOJIMA DENIM (児島産デニム)となります。

 

2タックが入り、全体にルーズでボリュームしっかり。ウエストはドローコードでギュッと絞るだけのアナログな仕様となっており、かえって新鮮、かつ何とも言えない雰囲気が出ているように思います。とても Yarmo らしい、ヨーロピアン・マリンのテイストを感じていただけるはずです。

 

まっ白のシャツかTシャツを着て、ベージュやブラウン系のエスパドリーユ、もしくはブラウンレザーのサンダルで合わせたい、というようなイメージでしょうか。

 

Yarmo – 2 Tuck Shorts *Denim Stripe
col : Indigo Stripe
size : 44 / 46 / 48
price : 19,800 (税込み)

 

Oridinart fits からも新作ショーツが届いています。
定番モデルの Twist Pants をショーツにしました、Twist Shorts です。

 

こちらもデニム生地のショーツとなっており、中厚、やや軽めの国産デニムを使用。斜めに大きく入ったタックが目を惹く特徴となっており、少々ラップパンツのようなニュアンスを醸します。

 

シルエットはゆったりルーズ、ボリューム感もあり、なので、サイズをいつもより小さめでとっています。通常レディースサイズとされている 0 とメンズSとされている 1のツーサイズの展開となります。これで充分メンズのS/M、M/L という感じでいけます。

 

ウエストはストレスのないゴムとコード。股上が深くてゆったりしているので、たるっ、とした感じの雰囲気となっています。

 

Ordinary fits – Twist Shorts
col : Indigo
size : 0 / 1
price : 14,300 (税込)

 

GICIPI のタンクトップ。
既にご紹介してきたロンT、カーディガン、ポケTと同じ生地によるベーシックなタンクトップです。

 

ハイゲージの強タンブラー済みの天竺コットン生地は、ハイゲージなのに、それなりに厚みがあるというもの。目を詰めて厚地にして、シルケット加工のような表面の毛羽立ちを演出しています。

細からず緩からずのスタンダードフィットとなりますので、真夏に単体でもいけますし、そろそろシャツの下に着るインナーとしてもしっかり活躍してくれそうです。

 

GICIPI – Tank Top
col : White / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 4,730 (税込)

 

Universal Works のスニーカーソックス。
スラブ織り、マーブル柄です。

 

スニーカーはもちろん、スポーツサンダルなどでも重宝することと思います。

 

Universal Works – Ankle Slub Socks
col : Dk.Sand / Navy
size : M
price : 2,420 (税込)

 

----------

 

■おしらせ

突然ですが、本日から6月20日まで、送料無料キャンペーン を実施することにしました。
シンプルに、通販利用の際の送料が無料となります。

緊急事態宣言が延長することが決まったようなので、Fuzz もここらでひとつ景気対策です。本当にささやかなサービスで恐縮なのですが、軽く背中を押すことにつながればと願っております。

実店舗は普通に営業していますので、出かけられる方々は、どうぞいつでもご来店ください。
新作入荷が重なり、店頭も充実してきています。マスク着用などのマナーを守っていただき、楽しくお買い物をしていただけたらと思います。

春夏シーズンの後半に入ってきたような時期ですが、この後もまだまだ新作入荷は続きます。
ひきつづき、宜しくお願いいたします!

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

久しぶりの登場となりました、Yarmo のドライバーズジャケットが新作として入荷しました。
今シーズンはジャパニーズファブリックによるプロダクトとなっております。

 

日本が世界に誇るデニムどころ、岡山児島産のリネンデニムを採用。既にベレー帽が入荷してご紹介していますが、同じものとなっています。
デニムとしてはやや薄地、シャツ地のような華奢なものではなく、しっかりしたジャケット用のウエイト感ではあります。コーディネイト的に使いやすいですし、リネン100%ということですし、春夏の羽織りとして絶妙に重宝するのではないでしょうか。

 

デニムなのでごわっとした感じはなくはないですが、一般的なコットンのデニムよりも、質感としてはしなやかです。洗いざらしの表情が豊かなのもリネンならではです。

さて、久しぶりのドライバーズジャケットですが、先々シーズンくらいにサイジングの修正が入り、モデル名も “New Drivers Jacket” になっています。
具体的には、実はけっこうタイトだった従来のシルエットを、少しゆったりさせましたということです。丈も少しだけ長くなっていましたので、全体に少し大きくなったような印象です。これまでは、どうにも肩が小さい設定だったのですが、その部分も少し緩和されています。

 

Yarmo – New Drivers Jacket *Linen Denim
col : Indigo
size : 38 / 40 / 42
price : 28,600 (税込)

 

ARAN からも新作入荷。ミリタリーパンツ型の F Cargo PT というモデルが新たに入荷してきました。

こちら前回ご紹介したベルテッドのパンツと同じ生地、”ミリタリーモールスキン” が使われています。デザインとしてはフレンチ・アーミーの M64 パンツをモチーフにしています。いまやすっかり貴重となってしまったフランス軍のM64パンツですが、非常に軍パンらしい軍パンといったディテール、シルエットで、取り入れやすいバランスをしていると思います。

ここのところ人気が沸騰気味のようですが、同じフランスの軍パンM47 パンツよりも、コーディネイト的には気を遣わずにいけると思います。何かミリタリーのカーゴパンツが穿きたい、という時には、僕はこのモデルをおすすめするべしと思っています。

 

裾に紐が通してあり、ギュッと絞って穿くことも可能です。元々ブーツにインするためのミリタリーなディテールですが、カジュアルづかいとしては、シルエットのアレンジという意味で活用していただけます。

 

ディテールワークも質感もしっかりしており、なんとなく本格的な雰囲気があります。100%のレプリカでなく、微妙にサイジングが考慮されていたり、ファブリックに配慮があったりして、ファッション的な実用性を高めつつも、ミリタリーパンツ特有の雰囲気を本格的に残すことで、普遍的なアイテムとして長く付き合えるという狙いです。

安心して穿ける軍パン的なカーゴパンツを1本持っておきたい、というニーズはメンズでは根強くあるものだと思います。そういった周期にある方は是非とも試してみてください。

 

ARAN – F Cargo PT
col : Olive
size : 1 / 2 / 3
price : 24,200 (税込)

 

フランスの quotidien からも新作入荷。変型の鹿の子ポロというか、襟付きの五分袖シャツというか、ちょっと変わった鹿の子のシャツが届きました。

 

単色ネイビーの鹿の子生地、ボタンなしの襟付きネックに、ゆったりしたシルエット。肩を落としてルーズに、サイドスリットが入って、身頃に軽く前後差あり。
一見シンプルではありますが、気の利いたデザインで、さらりと一枚で絵になるシャツとしていい感じです。

 

今っぽい雰囲気ですが、この襟の感じなどはフランス的なるものを感じます。
クラシックのようでイマドキ、ベーシック系のようでニュアンス系、、。

 

quotidien – Collared Half Sleeve Shirt
col : Navy
size : 1 / 2 / 3
price : 12,980

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

いろいろ続々入荷しています。
本日は、帽子、ベルト、ソックス。

 

リピートとなりますイタリアのPITTI PELLE のメッシュベルト。
軽装になって、コーディネイトがプレーンになってしまった時に、ちょっとしたアクセントになります。

 

PITTI PELLE – Leather Mesh Belt
col : Black / Dk.Brown
size : 95cm / 100cm / 105cm / 110cm / 115cm
price : 10,780 (税込)

 

おなじみになりつつあるでしょうか、Yarmo のベレー帽。
ライセンスシリーズとして日本で生産されていますが、今季は児島産リネンデニムが使われています。

 

やや大ぶりで、口の部分もつくりが大きいので、縁を内側に折り込んでかぶるのもいいと思います。

 

Yarmo – Linen Denim Beret
col : Indigo
size : M / L
price : 7,700 (税込)

 

初登場となります、イタリアの DISTRETTO73 のコットンソックス。
ソックス専業のブランドで、自国製にこだわり、洗練、ファッション性、完璧なフィット、といったことをうたっています。

薄手でカラーリング、質感、プライスがいい感じだと思い、ピックアップしてきました。

 

DISTRETTO73 – Cotton Socks *Stripe
col : Indigo / Mocha
size : Men’s One (40-45)
price : 2,420 (税込)

 

DISTRETTO73 – Cotton Socks *Border
col : Navy / Red
size : Men’s One (40-45)
price : 2,420 (税込)

 

DISTRETTO73 – Cotton Socks *Mix Border
col : Wine / Blue
size : Men’s One (40-45)
price : 2,420 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Yarmouth Oilskins.

Yarmouth Oilskins のジャケット、スモック、バッグが入荷しました。

昨年初登場し、近辺ではけっこうな話題になりました。イギリスのワークウェアのメーカー、Yarmo による本場ブリティッシュワークをキーワードとするブランドです。

 

自社のアーカイブを元に、本気でワークベースのファッションブランドを、という流れです。
Yarmo というメーカーは、ワーカーのためのリアルなワークウェアを、自社工場で生産し、自社ネームの製品を自社ネームのお店で販売までしています。
その Yarmo が、アパレルブランドとしての “Yarmo” を展開し、さらにそこからまた一線を画して、より骨太に、より本格的に、ファッションとしてアーカイブをなぞっていくというのが、この Yarmouth Oilskins のコンセプトとなっています。

 

昨年好評でした、ドライバーズジャケットです。
フロント4ポケットで、カバーオールとしてはわずかに着丈が短め。その名の通り、ドライバー向けのディテールなのでしょう。カバーオールのようでいてそうでもなく、ショートジャケットのようでいてそうでもなく、少々独特なバランスです。

 

生地はブリティッシュ・ワークなコットンツイル生地。大きく言えばヨーロピアン・ワークの色、質感ですが、ブリティッシュのツイルは、またフランスのツイルなどと違うのが面白いところです。どこがどうというのは言葉で伝えるのが難しいですが、、とにかく、伝統や系譜のようなものが感じられて面白いです。
この生地も英国製にこだわって国内調達しているそうです。

 

Yarmouth Oilskins – Drivers Jacket
col : Navy
size : M / L /XL
price : 27,000 (+tax)

 

襟付きのスモック。
多少のバリエーションはありますが、ヨーロッパ全域における伝統的なマリンウェアです。
どういうわけか説明はつきません、男には、こういうクラシックなスモックをかぶりたい、と強く思う時がどこかで不意に来るようです。

 

多少、アームが細くしてあるのがファッション的な配慮のようですが、でも無垢なワークウェア然としています。シャツの上から、カットソーの上から、好き好きで取り組むものであり、正解を求めようとするものではありません。むしろ、正解が無いという共通意識が前提となって、自分はこういきます、おお、あなたはそういきますか、というものではないかと思います。

 

どういうわけか、着てみたい。
ヨーロッパの伝統的なワークウェアには、どうしてかそういう魅力があるようです。

 

Yarmouth Oilskins – The Collares Smock
col : Navy
size : M / L /XL
price : 15,000 (+tax)

 

こちらも前回入荷時には好評でした。
ヒッコリーストライプのコットンのトートバッグです。

 

元々ウェアに使っている生地によるオリジナルのバッグです。
ガチッとしたキャンバス生地ではないので、いわゆる定番的なキャンバストートバッグよりも一段ライトなウエイト、印象となっています。

 

どこにでもありそうで、でも探すと見つけられない。よくよく考えると、そうそうあるものではないと気付きます。ブリティッシュ・ワークから偶然的に出てきているわけですから、やはりちょっとしたニュアンスが滲み、気分をちょっと刺激します。こういうシンプルなモノこそ、そういうニュアンスがあると嬉しいですね。

 

Yarmouth Oilskins – Tote Bag
col : Navy Stripe
price : 8,800 (+tax)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 20:00
月曜定休
Family : FENEST Belle