James Mortimer – Irish Linen Shirts.

ようやく届きました、James Mortimer のリネンシャツ。
Fuzz の春夏の定番として、長年継続して展開している間違いないアイテムです。

 

アイルランドのシャツメーカー、ということで、春夏シーズンには地場のアイリッシュリネンが決めごとのように毎年ラインナップされています。
襟型が3種類と豊富なカラーが用意されていますので、毎年の恒例と言えども飽きることなく新鮮です。
今シーズン、Fuzz ではレギュラーカラーとバンドカラーを2色ずつでご用意しました。

何がどう、と言うようなウンチクは意外とありません。シンプルに 『いいシャツです』 という説明で長年やっており、お客さんもそれだけですっかり納得しておられます。

 

バンドカラーが、Coffee というベージュ系とブラック。

 

レギュラーカラーが Summer Peat という少しカーキがかったグレーとネイビー。
James Mortimer のレギュラーカラーは、ややワイド気味の小ざっぱりしたカラーです。

バンドカラーとレギュラーカラーのボディですが、これはバンドカラーが後からできた型ということで、若干の違いがあります。サイズ感覚が違ってくるほどではないのですが、まったく同じ型紙で襟だけ違う、ということではありません。

 

また、今回はカフの部分に変更が見られます。
ずっとコンバーチブルカフス(カフスでもボタンでもどちらでも留められる仕様)でしたが、今回は普通のシングルカフスの仕様になっています。

 

それから、毎年春夏のリネンは販売前に僕の方で洗いをかけているのですが、今季は生産遅れがありました都合で未洗いでいこうと思います。
水洗い後、生地が波打ち、多少目が詰まります。

James Mortimer – Band Collar Shirt
col : Coffee / Black
size : 36 / 38 / 40
price : 26,400

James Mortimer – Regular Collar Shirt
col : Smmer Peat / Navy
size : 36 / 38 / 40
price : 26,400

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

James Mortimer – Irish Linen Shirt for A/W.

遅れておりました、James Mortimer の今シーズン分が届きました。
この秋冬は、アイリッシュリネンのヘヴィーウエイトリネンでご用意しています。

 

今季はボタンダウンカラーにコンフォートフィット。以前にご説明したかと思いますが、レギュラーフィットが廃止され、全てコンフォートフィットに統一されています。実寸したところ、わずかにこれまでと違いがありましたので、全体のバランスを整えたようです。チェストを基本にしたサイズ感そのものは変わっていません。

ついでに言っておくと、先シーズンより、自社工場の移転に伴い生産国表示が made in UK となっています。ブランドの国籍はアイルランドで変わりなしということです。

 

ウィンターリネンなどとも呼ばれる秋冬向けのリネン生地。厚地でウエイトしっかりの、やはり自国産アイリッシュリネンとなります。
もうけっこう前から、リネンは春夏だけでなく、秋冬も着ようという流れが続いており、James Mortimer でもここ数年、ヘヴィーウエイトのアイリッシュリネンが続けてラインナップされていました。Fuzz ではかなり久々の秋冬リネンとなります。

反対に、春夏にウールを着ようという向きも強まっていたりするのですが、素材の特性を考えながら、先入観にとらわれずに身に付けたいものです。

 

毎度、春夏の入荷の際には僕の方で水洗いをして販売に出しているのですが、今回は未洗いのままいきます。入荷が遅れて時間が無かったというのが一番の理由ですが、なんとなく秋冬は洗いざらしでなくてもいいのかなと思いました。

未洗いなので面がスムースですから、素材からくる光沢感がしっかり感じられます。水を通すと生地が波打って表情が出てきますので印象が一変するのですが、実はいつもこういう雰囲気で入荷してきていたのです。
また、未洗いの状態であるとより分かりやすいのですが、リネンならではの織りの不調和のようなものも多少目につきます。これはどうしても糸に節ができてしまうという素材の特性ですので、不良でなく、風合いという理解でお願いいたします。

 

ということで、基本はいつものモルティマー、つまり “いいシャツ” です。
機能性の部分もあるにはありますが、一番は素材感がやはりリネンならではのものとなりますので、コーディネイトにどう使っていくかということが楽しいポイントになるかと思います。

 

James Mortimer – Irish Linen B.D. Shirt *Comfort Fit
col : Sandlewood / Black
size : 36 / 38 / 40
price : 23,000 (+tax)

 

James Mortimer – Irish Linen Shirts.

James Mortimer のリネンシャツが入荷しました。
Fuzz ではこの時期の恒例となっている主力選手です。

 

本来ならば、今回は趣向を変えて、バンドカラーとレギュラーカラーで2色ずつ、全て初登場のカラーで、というかたちで発注していたのですが、バンドカラーが遅れてしまいました。少し待ちましたが、おそらくはこの後に入荷することはないような時期になりましたので、今期はレギュラーカラーのコンフォートフィット、2色でのご用意ということになりました。

 

初登場カラーの Borage Blue はヨーロピアンカラー全開の、いわゆるフレンチブルー。Olive は以前 Khaki をセレクトしていますが、また別の色の、いわゆるオリーブカラー。
爽やかなブルーとアースカラーのオリーブ、対照的な色合いです。

 

上質なアイルランドのリネンを素材とするリネン生地は、”Irish Linen” と銘打ってブランド化され、品質を保証する意味合いにもなり、今や世界最高峰などとも言われたりします。
在アイルランドのブランドが、地場のアイリッシュリネンを使って、というのはとても真っ当に感じます。

 

少し前からレギュラーフィットが廃止され、コンフォートフィットのみとなりました。James Mortimer のコンフォートフィットは、だいたい一般的なシャツのフィット感となっていますのでご留意ください。コンフォートと言われるとルーズフィットなのかなと思われるかもしれませんが、元々のレギュラーフィットがタイトめなフィットの設定で、それに比べて、という意味合いで後からできたものでした。胸周りでのサイジングで判断すると、36がS、38がM、40がL、という感覚で間違いないと思います。

 

一つ、小さなニュースです。
James Mortimer の工場が少し前に移転したそうで、その工場の新しい住所がわずかに北アイルランド領内に入っているということです。生産国表記は生産者のオフィスではなく、実際の生産現場を示さなくてはならないので、今期以降は made in UK になるそうです。

アイルランドと北アイルランド。現地では意外と国境の意識が軽かったりするのか、どんな感覚なんだろうと考えてみましたが、ちょっとピンとこないですね。

いずれにしても、別会社に生産を依頼するということではなく、自社工場の移転なのでプロダクションには何の変更もないそうです。

 

James Mortimer – Irish Linen Regular Collar Shirt *Comfort Fit
col : Borage Blue / Olive
size : 36 / 38 / 40
price : 23,000 (+tax)