In Store Now.

Shirt – comm. arch. / Bronze Khaki size 3
Shirt – Ordinary fits / Off size 2
Pants – comm. arch. / Blackout size 3
Shoes – Walsh / Fierce+ Elder
Shoes – STUDEBAKER METALS / Work Shop Cuff

 

comm.arch. の上下で、適度にルーズ、適度にすっきりと、今しっくりくるノーマルなバランスではないかと思います。
シンプルなデザインとシックな色合いながら、表情のある生地であるため奥行きと趣が感じられます。逆にシンプルな軽装だからこそ、素材感や風合いが際立ち、ワカモノファッションとはっきり差がつきます。
天然素材の趣深さと都会的でスマートなテイストがほどよくミックスされているのが comm.arch. のプロダクトの特長です。

 


 

 

Shirt – Another 20th Century / Linen Check size 2
Shirt – Ordinary fits / Grey size 1
Pants – Another 20th Century / Linen Check size 3
Shoes – Caboclo / Leather Sandal
Bag – KaILI / Not Compact Ecobag Mini VD

 

アナザーのダブルのシャツをモノ―トーンで合わせると、シックな雰囲気です。ブラックのパンツに合わせると、グレンチェックのクラシックな風情が強調されるような気がします。
KaILI の水色のバッグを合わせるのは好みが分かれると思いますが、KaILI のブランドコンセプトである 『ちょっとした違和感』 になっているのではないでしょうか。
サンダルがレザーなので、ここで Le Sac Du Berger という手もあったかと、後になって気付きました。

 


 

 

Shirt – FAUX / Matisse size S
Pants – HAND ROOM / Regular Fit size L
Shoes – Caboclo / Leather Sandal
Glasses – kearny / flanagan

 

FAUX の意味は 『フェイク』 ですから、軽くうさんくさそうな雰囲気を出すために、サングラスをかけ、あえてベルトをせず、サンダルを履く、というスタイル。
ノーマルなルックスのデニムを使ってシンプルなコーディネイトをすると、なにかしら思想のようなものが出てしまうので要注意ですが、ポイントは、さりげなさ、ではないでしょうか。

 


 

Shirt – GICIPI / Tabacco size 4
Pants – BRENA / Hickory Navy size 46
Shoes – NOVESTA / Star Master Platan
Shoes – Touareg Silver / Silver Bangle

 

BRENA のヒッコリーストライプのパンツは、いい雰囲気のニュアンスです。
迷ったら白無地、同色の紺無地のTシャツで間違いないはずですが、ベージュ・ブラウン系で攻めるのも一つの手かと思います。
着こなしの “こなし” の部分でも遊びがいがあるパンツかと思います。

 

※着用者はすべて 171 cm、鏡越しの写真です。
コーディネイト写真は Coodinate / Styling のコーナーにまとめていますので、時々のぞいてみてください。

 


 

どうやら梅雨入りは平年より少し遅くなりそうだという情報ですが、そろそろ夏支度の感覚に移ってくると思います。
日々の入荷案内、商品紹介も積み上がってきて、ここしばらくは豊富な品揃えになっていますので、是非いろいろと物色を楽しんでいただき、あれこれと着合わせを妄想していただけたらと思います。
軽装には軽装の、秋冬ファッションとはまた違った魅力がありますから、季節に応じたチャレンジをしていこうではありませんか。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
6月10日(月) 定休日

In Store Now.

Shirt – SOUTIENCOL / Organic Linen Navy size 2
Pants – D.C. White / Charcoal size 48
Shoes – ARTESANOS / Loafer Hobber

 

安心感のあるコンサバのカジュアルスタイル。大人としてはTPOに応じてカジュアルだけど小ぎれいな感じといったコーディネイトは必須かと思います。
リネンとトロピカルウール、正反対の素材感を合わせるのは常とう手段としてOKでしょう。
飴色のローファーがいい仕事していると思います。

 


 

 

Shirt – alvana / Ash Blue size 2
Pants – comm. arch. / Blue Hole
Shoes – PATRICK / BERRY-OG Sand

 

TPOに応じて、ぎれい過ぎない、適度に力が抜けている態のコーディネイトは必須でしょう。
シルエットを緩めて、雰囲気を緩めて、リラックスした状態であることをアピールすることが大切です。そして、リラックスし過ぎてだらしなく見えないような配慮も必要ですし、気張っていないのにさりげなくセンスの好さを表現しなくてはならないから、さあ大変です。

 


 

 

Shirt – Another 20th Century / Linen Check size 3
Pants – ARAN / Army Green size 2
Shoes – GATINE / MEGAVE Cafe

 

アナザーのダブルブレストのリネンシャツの見え方、こんな感じです。少しパンツを太くして、3のサイズをゆったりめに着てみました。
先日、その日に着ていた半袖シャツの上からご試着されたお客さまは、おいおい、シャツの上から着ても格好いいじゃない、と言われていました。僕も横で見ていましたが、確かにまったく違和感がなくいい感じでした。
どう着たらいいのか分かりにくいものほど、どう着ても絵になるのかもしれない、と思いました。

 


 

 

Jacket – HAVERSACK / Beige size M
Shirt – comm. arch. / Bleach size 3
Pants – comm. arch. / Navy Stripe size 3
Shoes – NOVESTA / German TR Grey

 

季節が進み、日中の暑さが増すと、Tシャツを着る機会が増え、それに合わせてTシャツの上から羽織れるものが必要になります。HAVERSACK のトラックジャケットは、実は編地なので着心地快適で、襟の無いさっぱり感も今時期に向いていると思います。
袖にボリューム感を持たせているので、袖まくりをするとまたバランス好く映える気がします。
comm.arch. の綿麻の薄地パンツと合わせてもウエイト感の釣り合いは取れていますので、夏を含めたオールシーズンで使っていける便利アイテムだと思います。

 


 

 

Jacket – Le Travailleur Gallice / Noir size 3
Shirt – comm. arch. / Brown Khaki size 2
Pants – Le Travailleur Gallice / Noir size 2
Shoes – GATINE / MEGAVE Cafe
Hat – The Skilled Workers / Black
Necker – MIDA / Batik Square Scarf Dk.Brown

 

ガリスのリネンのジャケットとパンツ、どちらもブラウンストライプに人気が偏りましたが、ブラックも負けずに素敵です。この際なのでセットアップで着ておきました。
この際なので首に気の利いたものを巻いて、同じフランスの靴を履いておきました。
上下できっちりめに着ると、それなりに濃いニュアンスとなりますが、行ける人は行っていいと思いますし、ちょっと強いなと思ったら、上か下か、どちらかを外してみると好い具合に緩和されるのではないでしょうか。

 

※着用者はすべて 171 cm、鏡越しの写真です。
コーディネイト写真は Coodinate / Styling のコーナーにまとめていますので、時々のぞいてみてください。

 


 

今回はかなり幅広いテイストになったと思います。
みなさんもあれやこれや、いろいろと試行錯誤して楽しんでください!

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
6月3日(月) 定休日

In Store Now.

Shirt – Ordinary fits / Black size 2
Pants – comm. arch. / Blackout size 4
Shoes – Walsh / Fierce+ Elder
Bag – KaILI / Takesumi Black

 

個性派を集めるなら、色をまとめてしまえばなんとかなります。同じ色でも素材感がさまざまであれば奥行きが生まれ、立体感は失われません。逆に素材感も統一するなら、シルエットで遊ぶ必要があるのかもしれません。
ブラックのワントーンコーディネイトは、”黒の圧力” みたいなものが出てしまいがちなので、このくらい脱力できるプリント柄がいい感じかと思います。
個人的には、Walsh の黒いスニーカーを黒いパンツと合わせるのは格好いいなぁ、と思いました。

 


 

 

Shirt – SAINT JAMES / Zeste size T5
Pants – HAVERSACK / 8oz Chambray size M
Hat – Au Vrai Chic Britain / Black
Glasses – kearny / dearie Black

 

HAVERSACK の極太シャンブレーパンツと Au Vrai Chic のハットに親和性を感じます。
これで充分個性的なので、トップスはただの白Tシャツでもいいくらいかもしれません。
キャラクターの濃いパンツなので、他はシンプルなものを身に着ければOK、という考え方で、慣れてしまえばとても使いやすいパンツになるような気がします。
もちろん、オリジナリティ溢れるスタイリングのための、強力な武器にもなるでしょう。

 


 

 

Shirt – FAUX / White size S
Pants – BRENA / 6oz Chambray size 46
Shoes – Caboclo / Black size 41
Bag – Arts & Crafts / Olive
Bangle – STUDEBAKER METALS / Work Shop Cuff

 

BRENA のシャンブレーパンツも調子が好く、涼しげで爽やかな印象です。
“なんとなくオールドテイスト” といった BRENA らしい味付けにより、やはりシンプルなコーディネイトで映えるような気がします。
シャンブレーは表情、色味、質感と、コーディネイトで使いやすい要素が揃う心強い存在です。

 


 

 

Shirt – ARMEN / Black size 2
Pants – HAVERSACK / Black size M
Shoes – Punto Pigro / Leather Shoes
Hat – Au Vrai Chic Britain / Brown
Glasses – kearny / dearie Black
Watch – M.R.M.W. / 24H Night and Day

 

HAVERSACK の極太パンツ、第二段。こちらのブラックのパンツも生地に軽さがあり、黒でも重々しくなく、軽快にスタイリングできるかと思います。
こういったワイドシルエットのパンツと、ボリューム感の無いシンプルな革靴というのはベストマッチな気がしますが、意外とそのボリュームレスな革靴というのが希少です。
Punto Pigro の革靴は、まさにそんな役割を引き受けられる稀有な存在で、きわめてニュートラルだからこそ、実はオリジナリティが強い、というありそうでないアイテムの典型ではないでしょうか。

 

※着用者はすべて 171 cm、鏡越しの写真です。
コーディネイト写真は Coodinate / Styling のコーナーにまとめていますので、時々のぞいてみてください。

 


 

 

徐々に陽が高くなり、長くなり、緑は濃さを増していく今日この頃。気温の上下や湿度に翻弄されながら、もうしばらくは着る服が難しいと思いますが、基本になる装いはやはり自然と軽くなってきた感じがします。

そろそろ気になるのは梅雨入りの時期と、梅雨が多雨なのか少雨なのかというところ。そして、さらにその後、また昨年のような長く厳しい夏になるのかというのも、どうしても気になってしまいます、が、結局はまた、、ともはやみんな思っている雰囲気ですよね~。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
6月3日(月) 定休日

On Season Now.

SOUTIENCOL の Fuzz 別注 Remake Polo、発売からひと月と少し経ち、ようやく オン・シーズンのアイテムになってきたと思います。
是非手に入れたい組のみなさんは既に一巡したようなので、リアルタイムで欲しくなる組のみなさんに向けて、もう一度リコメンドしたいと思います。

何せ別注、けっこうな数量をつくらざるをえないので、是非手組一巡後で、販売はちょうど半分くらいの進捗という感じです。
購入していただいたみなさまからは、ナイス別注! という声もかけていただき、多少、気をよくしているわたくしですが、調子に乗ってはいけません。大切なのはここから先であり、次の打席に立てるかどうかも、この後の動向次第になってきます。

ということで、届け、この思い、響け、リアルタイム組のみんなに。

 

濃紺の方がオーガニックリネン100%、ストライプの方がコットン・リネンのシャンブレー、どちらもシーズン性の高い、清涼感のあるファブリックとなっています。

リネン・コットンのストライプは、より薄地でキメも細かく、リネン100の生地とはまた違った魅力を備えていると思います。リネン100では素材感、風合いが強すぎると感じるみなさんにはこちらがおすすめです。

 

SOUTIENCOL – Remake Polo *Co. Li. Chambray Stripe
col : Indigo
size : 1 / 2 / 3 / 4
price : 23,100 in tax

 

リネンの割合は15%ですが、リネンならではの発色や光沢感は感じられつつ、コットン勝ちの生地である分、細糸で織りが詰まり、キメの細かさとスムースな生地感につながります。
リネン100の抜群の通気性、透湿性は分かっていながらも、体質的に肌当たりやシワが残っていく感じが好きになれない、という方々が一定数いらっしゃいますが、そのようなみなさんは、こういったキメの細かな綿麻生地を狙うといいと思います。
綿麻でも、麻の素材感を強く出そうとする生地もあり、本当に生地はいろいろです。

 

ボタンダウンカラーのプルオーバーですが、時に、襟のボタンを外して着るのも個人的にはおすすめしたいところです。リラックススタイルといえど、よりスマートに、よりきっちりと、と指向する人は、やはり外すのはおすすめできませんが、そうでもない、という荒武者のみなさんにはおすすめしたいです。

元々このリメイクポロは、別モデルのアイビーリーグやサンフランシスコなど、前開きモデルの襟ほどロングポイントではないので、このスタイルもいい感じにおさまります。
僕自身はアイビールックやアメトラスタイルに傾倒しているわけではないので、特に春夏シーズンはこのくらいのリラックスした感じの方が着やすいと感じています。

そして、何度かここで書いていますが、僕の使命としては、生粋のスティアンコル愛好家、アイビーやアメトラ愛好家、以外の、ニュートラルなスタイル志向のみなさんにも、いかにスティアンコルシャツがいいシャツか、ということを伝えることであると勝手に考えていますので、型にはまらずに、自由な着こなしを推奨していきたいなと思っております。

 

シャンブレーのインディゴカラーは着合わせ的に万能で、ストライプ柄はすっきりとシャープに見せてくれる効果があり、とても使いやすい色柄ではないかと思います。

 

Shirt – SOUTIENCOL / Co. Li. Chambray Stripe size 2
Pants – ARAN / Ecru size 3
Shoes – ARTESANOS / Loafer Hobber

 

SOUTIENCOL – Remake Polo *Organic Linen
col : Navy
size : 1 / 2 / 3 / 4
price : 25,300 in tax

 

リネン100の方は、単色無地、かなり濃いネイビーで、こちらもやはり着こなし的には万能です。ネイビーのリネン生地は、キングオブ、男の定番と言えるのではないでしょうか。

 

リネンならではの素材のざらつき、生地の波打ち、シワ感、、
やはりこちらもボタンダウンをポロリと外して着流してみたくなります。

洗いざらしで洗濯シワを残しながら、、軍パンと合わせたり、短パンと合わせたり、逆にサマーウールのスラックスと合わせたり。

 

ネイビーという色は、濃くても暑苦しくならず、夏でも爽やかな印象になるから助かります。
白系のボトムと合わせれば、メンズとしては、トップオブ・爽やかと言ってもいいほどで、グレーのボトムと合わせるなら、トップオブ・ベーシックと言っても過言ではなく、オリーブの軍パンと合わせれば、トップオブ・メンズカジュアルなど、、

 

Shirt – SOUTIENCOL / Organic Linen Navy size 2
Pants – ARAN / Army Green size 2
Shoes – NOVESTA / Star Master Platan

 

濃紺リネンのリメイクポロ。モノとして好きなら、着こなしには困らないでしょう。
意外と毎シーズンラインナップされているわけではないため、別注でご用意した次第です。

意外と毎シーズンラインナップされていないのは、デザイナーの三浦ボスがやはりファッションの人で、ご自身的に飽きたり流行ったりがあり、というそういう理由です。
しかし、このデザイナー個人の感覚がブランドとしてのシーズン毎の鮮度につながりますので、とても大切なことであり、そこに我々は魅了され翻弄されるというわけです。

 

というわけで、別注のリメイクポロ、いかがでしょうか。
この後の入荷は全て半袖モデルになりますので、今季は貴重な長袖モデルになります。

この後、かなり暑い時期に入っても、これらの生地であれば腕まくりをして真夏スタイルとして成立しますし、着こなしのバランス的にも、長袖腕まくりのバランスはおすすめです。

ジャストサイジング指向で、シャツ好きであれば、年齢やスタイル層問わず、すべてのみなさんにおすすめです。
まだのみなさんは、是非改めてチェックしてみてください!
>> SOUTIENCOL のページ

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
5月13日(月) 定休日