CM – French Work Jacket.

Fuzz ではおなじみ、フランスのワークジャケット。
Gallice の方で発注しているのですが、今季分の入荷がまた遅れそうと連絡が来ましたので、在庫が揃っているうちに一度触れておきましょう。
やはり9月に入って以降、よく手に取っていただいています。

 

今季は Laboureur は発注なし、Gallice で2色発注、という感じですが、どちらも生産や空輸が不安定であり、届くタイミングがおかしなことになっています。前回も変なタイミングで届き、また次を見越して余剰在庫を確保していたこともあり、現状、在庫はそれなりにある状態です。おかげで珍しく秋の入り口にしっかりサイズが揃っている状態となりました。

 

ということで、モールスキンのフレンチワークジャケット。このブログでも入荷の度に説明していますので、聞き飽きたという人も少なくないかもしれません、、がしかし、お店というのは常に新しい人に親切でなくてはいけません。またか、などと言わずにお付き合いください。

======================

本場フランスのリアルなワークウェアメーカーが手掛けるワークジャケットです。
現在も普通の作業着をつくっているメーカーですが、このジャケットについては現行の作業着としてではなく、ヴィンテージのアーカイブから再現したファッションとしてのフレンチワークジャケットです。

へちま型のぺったりした襟は、古い年代のフレンチワークの象徴的なデザインです。クルーネックに後から襟を縫いつけたような感じで、これが独特の風体です。ガリスの一番の特徴と言っていいと思います。

生地はフレンチモールスキン。高密打ち込みによる生じる表面の光沢感が特徴で、きわめて頑丈、綿100の天然素材でも耐久性は抜群です。タフだからこそのワーカー向け生地ということでしょう。

着倒して着倒して、マイヴィンテージに育てる楽しさ。
“FRENCH WORK” のエッセンスを駆使した着こなしの楽しさ。

ただただ着るだけというのも立派なその人のスタイルですし、意外な取り合わせや凝り懲りに凝った着こなしで他と差をつけるのもまたその人のスタイルです。

何度もここで申し上げていますが、使い方や着こなしについて、正解か不正解かで怖れることはありません。しっかりと自分の感性を使って、こう着たら格好いいかな、という楽しみ方がしやすいのが、こういったワークやミリタリーの世界ではないかと思います。
そしてその結果として、自然と各々の個性が発揮されますので、同志というか、他の人の着こなしを見るのも面白く、またそれで影響を受けたりして楽しいのです。

是非是非、気軽に手を伸ばしてみてください。

======================

というのが、Gallice のジャケットの Fuzz オフィシャル案内文となっております。

 

スカーフの紹介の時の写真ですが、、僕も少し前から着ていて、2度洗いましたが、2度くらいではまだ生地は硬いですね。やはり洗うだけでなく、着て生地を動かさないと。
サイズは2でちょうどいいくらいですが、着丈がもう少し欲しいかなと思い、3にしました。どうしても袖は長いですが、Laboureur も袖が長く、折り返して着ているので、僕のなかではそういうものになってしまっています。

 

Le Travailleur Gallice – Moleskin Work Jacket
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3 / 4
price : 18,480 (税込)

 

Laboureur の方はサイズ欠けがある状態ですが、一緒に触れておきます。
こちらは10年を軽く超える長い付き合いで、細々と、長~い付き合いをしています。

 

ラブルールのジャケットについては、現行でリアルなワークジャケットとしても流通しているものと、基本、同じです。
今現在のリアルなワークウェアでは、やはり化繊混のツイルやドリルがほとんどだと思いますので、このジャケットがまったくのワークウェアかと言えば、それもまた違うとは思いますので、少しややこしいですね。

 

基本的なデザインが同じフレンチワークジャケットですが、それぞれのメーカーでそれぞれクセがあり、細かいところやシルエットで違いが見られます。
ラブルールは、ガリスと比べて、かたちとしては縦長のバランスになっていて、着丈がしっかりあります。そして、肩の傾斜が少し強めで、後襟が少し立ち上がるような格好になり、そこがなんとなく格好よく感じます。
襟のかたちも全然違って、こちらはヴィンテージに見られる平面的、曲線的な襟ではなく、普通の襟型です。この襟型も、特にどうということではありませんが、けっこうバランスが好いです。

 

前述の通り、着丈が少し長いので、はじめ大きいかなと思うのですが、着てみると意外と胴身は細いです。でも袖筒は太い。
アームはゆったりしているし、少し丈が長いし、肩の傾斜が強いし、ファッション的には意図的に狙うことのできない類いの独特のクセがあるのですが、まさにそこがこのジャケットの魅力になっているように思います。慣れてしまうと、まさに、クセになるといいますか。

 

Le Laboureur – Moleskin Work Jacket
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 21,780 (税込)

 

着込んだらどうなるかの参考です。
1940~50年代のヴィンテージ。全体に日焼けして、生地はふにゃっと柔らかいです。
店頭で、新品のモールスキンジャケットを試着した際に、これ柔らかくなるんですか?とよく訊かれますが、やはり着て洗ってを繰り返せば、もちろん柔らかく、着やすくなります。
さすがにここまでになるには、屋外での仕事着として使わないと難しいとは思いますが、、
しかし、いつかはこうなることを目指してコツコツ着ていくというのも、ロマンがあるではありませんか。

ということで、また長くなりました。
まだのみなさん、是非トライしてみてください!

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
9月19日(月) 定休日
9月26日(月) 定休日

CM – Montmorency.

新作入荷が続いていますが、ここで Montmorency アイテムのリマインドをいかせていただきます。
夏でもない、しかしまだ微妙に秋でもない、そういう時期におすすめのスタンダードな素材、ベーシックなデザインのユーティリティなアイテムです。

 

●Montmorency
2017年春スタート、東京・新宿 Fuzz を拠点とするブランドです。Fuzz の店頭から自然と浮かび上がってくるイメージをさまざまな手法でかたちにし、Fuzz のお客さまにお届けすることを命題とします。
店頭に並ぶ名だたるブランドに敬意を表しつつ、それらと並びたつ確固たるクオリティ・デザイン性を備えることを義務とし、真摯なものづくりに励みます。 ブランド名はあるイギリスの小説に登場する犬の名前です。深い意味よりも、この犬のように自由に、そして愉快に、品々と人々と向き合っていくことを大切にしていきます。

----------

基本的には、各ブランドさんがあまり必要性を感じずに手がけないような、『超ベーシックなもの』 を、しっかりした素材、しっかりした工場でつくっています。あえて、普通に、決して、やりすぎない、ということを心掛けて、『探すと意外と見つからない普通のもの』 をわたくしが察知して、ご用意していこうというものです。

メーカーとして卸すことはせず、Fuzz でしか販売しませんので、アイテム毎の最少ロットで生産するのですが、それでも小さなお店としてはけっこうな数量が出来上がります。
必然的に長い期間にわたって販売していくこととなり、だからこそつくるのは流行に左右されないベーシックなアイテムとなり、そしてベーシックだからこそ、品揃えの中であまり目立たない存在であり、であるからしまして、時々ピックアップしてアッピールする必要があるのです。(前置きが長くなってすいません。。)

 

さて、今時期に一番安心して買えるものといえば、シャツではないでしょうか。
オールシーズンでベーシックなシャツがここにあります。

 

生地はインディゴカラーの方がハイカウントのツイル生地、ベージュがスーピマコットンのタイプライター、どちらも夏でもない、冬でもない、オールシーズンのファブリックとなりますので、今時期からしばらくの間、堅実にローテーションで働くタイプの仕事人ではないかと思います。

 

特徴としては、ベーシックなシルエット、サイジングに、少し小ぶりなレギュラーカラーといったところです。オーバーサイジングではなく、ジャストサイジングのシャツで、気さくなカジュアルの雰囲気になるよう、襟をコンパクトにしたというものです。

 

また、カジュアル向きということで、タックアウトで安心して着られるよう、着丈は少し短めにしています。171cm で3を着ていますが、本当に普通のサイズ感です。

 

ベーシックですから、ファブリックはいろいろと着合わせがしやすいカラー、質感で選んでいます。インディゴカラーは万能感があり、合わせやすさが魅力ですが、これを平織りのシャンブレーやダンガリーではなく、ツイル(綾織り)の生地にしているところが案外ありそうでないと思います。綾織りは平織りよりも生地が柔らかく仕上がりますので、着やすさがあります。

 

タイプライターのベージュというのも、コーディネイト的に使いやすそうなのに、意外とラインナップされていることは少ないように思いました。ブラックにも、ネイビーにも、ブラウンにも合わせられ、ベージュのチノとワントーンのコーディネイトができて、となかなかメリットが多い気がしています。

いずれも主役になりえないような脇役タイプですが、スポーツでも、料理でも、どんな世界でも、そういう縁の下の力持ちタイプは居てくれると助かるし、きちんと活躍してくれるものだと思います。

 

Montmorency – Basic Shirt *Typewriter
col : Beige
size : 2 / 3 / 4
price : 15,400 (税込)

 

Montmorency – Basic Shirt *High Count Twill
col : Indigo
size : 2 / 3 / 4
price : 15,400 (税込)

 

シャツとまったく同じ趣向でつくられた、コットンパンツ。
ミディアムウエイト、中厚のコットンツイルで、使いやすい色で。

 

あまりにも普通すぎて、不安になるくらいですが、これが世の中的には無いです。細ければ裾を絞ってスリムフィットになりますし、中くらいの太さもテーパードを軽く利かせて洒落たラインを出しますし、太いのはいろいろ。
細からず、太からずで、ラインの絞りも最低限という、実は意外とリスクをおかしているベーシックなパンツです。どんなリスクかというと、野暮ったいと言われるリスクです。

 

しかしそれでも、多少野暮ったくとも、あまりお洒落度が強いパンツを穿きたくないというスタイル層はいらっしゃるし、洒落たシルエットが当たり前になって、こちらが少数派になれば、立場が逆転するのも非情なるファッションの世界です。だからまた面白いのでしょう。

 

片端が重い・厚い、片端が軽い・薄い、というゲージがあるとして、ほぼ真ん中か、やや軽い・薄いに寄っているくらいの、ミディアムウエイトのコットンツイルです。いわゆる夏の生地と言えるような、はっきりとした薄地から移行するにはちょうどいい厚さだと思います。

 

もう一つ、肝となるのはカラーだと思っていまして、やはりコーディネイトで合わせやすくて着まわしが利く3色を選びました。そして合わせやすいというだけでなく、感覚として、感度のいい色合いであることを大切にしています。

 

こちらは以前にお客さん(本木Sさん)に穿いていただいた写真です。184cm で4を着用。
特に何も言えないくらい、普通のシルエットです。

 

Montmorency – Basic Chino *Cotton Twill
col : Beige / Dk.Green / Charcoal
size : 2 / 3 / 4
price : 15,400 (+tax)

 

ということで、季節の変わり目に即戦力なベーシックアイテムとして我が Montmorency アイテムをご紹介しました。ついでにもう一つ、夏前にご紹介したばかりなのでここでは詳しくやりませんが、Normal Tee SO も時期としては即戦力かと思います。

各ブランドの新作と合わせて、是非お試しになってみてください!

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
9月19日(月) 定休日
9月26日(月) 定休日

CM – SOUTIENCOL “Re IVY LEAGUE”.

SOUTIENCOL – Re IVY LEAGUE ブルー のみですが、途中で追加入荷があった影響で、まだ少し在庫あります。他モデルよりちょっとゆったりな SOUTIENCOL シャツということで、美しいボタンダウンカラーを少しラフにもいけます。
リネンマドラスの半袖シャツ。まだしばらく猛暑が続くとのことなので、まだまだこういったアイテムがおすすめでございます。

 

暑中お見舞い申し上げます。

まったくなんて暑気でしょう。週間天気予報を見れば、灼熱の太陽マークが丸一週間続き、水分補給を怠るな、ビールはよく冷やせ、枝豆は忘れるな、といった注意書きでいっぱいです。
ポツリポツリと秋物新作が届いてはいるのですが、実際に店頭や通販では、夏ものをお求めのお客さんが多勢ですから、貴重な在庫のリコメンドもやっておきたくなるものです。

新作待ちの方々が増えていることも承知していますので、そちらも徐々に加速していきたいと思います。お楽しみに!

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
8月15日(月) 定休日
8月22日(月) 定休日

CM – “HAVERSACK” Shirt Blouson.

HAVERSACK の半袖シャツブルゾン、ご紹介してさほど時間が経っていませんが、もう一度触れておこうと思います。聞きなれないアイテム名ですし、実際ちょっと変化球のアイテムなので、『?』 ということも多かったと思います。

とりあえずは、難しく考えずに半袖シャツという認識で大丈夫です。おおよそ一般的なシャツのスタイルから少々はみ出したオリジナリティがありますので、その部分をしっかりキャッチしていただき、その魅力を感じていただけたら幸いです。

 

袖がそれなりに長く、大きいので、なんとなくイマドキな印象ですが、HAVERSACK のバランスはイマドキというよりはオリジナルと言うべきでしょう。身頃もルーズですが、丈感を少々コンパクトにして、さらに後裾にギャザーが入ることで、シャツにブルゾンジャケットのようなニュアンスを加えています。
これによって、アイテムとしてはシャツですが、なんとなく普通のシャツではないぞ、ちょっとおもしろいアイテムだぞ、ただものではないぞ、ということになってくるわけです。

 

例によって鏡越しですが、写真のように、前を開けて着ても、閉めて着ても、どちらもいけるバランスです。実際に着てみると、開襟シャツの延長であると感じられますので、特別に着こなしに気を遣う必要はないと思います。

 

Shirt – HAVERSACK / Linen Shirt Blouson
Tee – Charpentier de Vaisseau / Jeff
Pant – comm. arch. / Slub Cloth Easy Trouser (size up)
Shoes – Monastere Sainte Marie de la Garde / Leather Sandal

 

ブラックの格子柄はリネン、てろんとした生地感のネイビーの方はウォッシャブルのレーヨン、素材感の違いは大きく、ベースとなる型は同じでも、着た時の印象はけっこう違ってきます。

 

タンクトップやUネックなど、さらに襟ぐりの深いカットソーをインにすれば、またさらに涼しげに見えると思います。一応、定義としては上襟、下襟のジャケットの襟なので、一般的な開襟より深さがありますので、インのTシャツの襟も深くしてしまうと、印象としてよりすっきり、シャープになって、また一段と格好いいのではないでしょうか。

 

Shirt – HAVERSACK / Rayon Shirt Blouson
Tee – FLAMAND / Crew Neck Pocket Short Slv.
Pant – Universal Works / Fatigue Pant
Shoes – Monastere Sainte Marie de la Garde / Leather Sandal

 

時々着用モデルをお願いする小川さん曰く、彼はいくつか HAVERSACK のアイテムを手に入れて着ているのですが、『ハバーサックには、なんとなく下町風情のようなニュアンスを、ちょっとだけ感じる』 。
これはこのシャツが届く前に聞いていたのですが、このシャツを見て、膝を叩きました。
僕は HAVERSACK のコア部分には、ヨーロッパの古い時代のモダンというニュアンスを強く感じており、東京下町感などといったものは思いもよりませんでした。

おいおい、面白いじゃないか小川君! ヨーロピアン・ヴィンテージモダンと東京下町のヴィンテージ寅さんには、何らかの共通点があるのかもしれない、もしかしたら具体的な関係性があるのかもしれないだなんて!

ぼんやりしていますが、でも何となく分かる。ルーツがトラッドであり、HAVERSACK はそこからファッショナブルに崩していき、寅さん達は江戸っ子の粋という気質で着崩すと。
そう考えたら、このシャツのインはタンクトップ、いやランニングにして、キャメルカラーのハラマキなど入れてみたらさらに映えるのかもしれません。

 

また話が逸れ、長々となってしまいましたので、この辺にしておきましょう。これ以上は話が寅さんに向かわざるをえず、すると男はつらいよということで、おじさんの悲哀、サラリーマンの悲哀、舞台は新橋に移ってしまいます。
あくまでも、ここは新宿、脳内は PARIS ということでお願いします。

ということで、HAVERSACK のシャツブルゾンのリコメンドでした。
是非お試しください!

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
7月18日(月/祝) 定休日
7月25日(月) 定休日

CM – SOUTIENCOL “Remake Pole”.

SOUTIENCOL の夏の定番、リメイクポロ。暑くなればなるほど、アツいです。

涼しい生地で、上品な雰囲気で、でも堅苦しくなく、しっかりカジュアルで。
大人と言われる年代―具体的には個人差があるので曖昧ですが、もう若くないと自分で感じて以降の年代―では、ある程度お洒落して、ある程度リラックスして、例えば人と会ったり、繁華街に繰り出すという場合、このくらいの感じが心地好いのだと思います。わたくしも大人の年代に差しかかり、その奥へ歩みを進めるほどにこのアイテムの魅力が理解できるようになりました。そういう意味では、10年前と今とで、このシャツの見え方が違っていたりします。

 

どうなのでしょう、アイビーのアプローチで着ているみなさんにとっては、まったく間違いないものとして迷いはないと思うのですが、Fuzz という店はアイビーやアメトラをバックボーンにしているわけではありませんので、半分くらいの方々は個人的自由種目として手を伸ばしているのではないかと思います。
かく言うわたくしも、写真のように大好きなロイヤルネイビーのワークショーツと合わせたりと個人戦で付き合っています。ボタンダウンのボタンも外しちまうよバカやろうという江戸っ子式で、見えていませんが足元は薄汚れた白の spring court です。

コンパクトなバミューダショーツと合わせる TEPPAN スタイルがありますので、そこに心地好く身を任せるのもいいですし、そこから離れることを意識しても楽しいです。例えば、正面から気持ちよくいきたいなら、リメイクポロにバミューダ、足元はローファー、あるいは New Blance のスニーカーだったり。アイビーテイストにとらわれずFuzz内でやりくりするなら、ボトムに軍パン、足元に spring court や NOVESTA のスニーカー、という感じになるでしょうか。

僕のスタンスとしては、単純に 『とってもいいシャツ』 ということで店頭に並べていますので、ただとってもいいシャツを何も考えずに着ているよ、俺は、ということでもいいと思います。とってもいいシャツというのは、ただ着るだけでもとっても格好いいものですから。

そもそもアイビーというのは、その当時、若い人たちがそこにあったものをセンスよく自由に着こなしたものであり、本質としては自由で柔軟でセンスがいいということを言うのだと思います。ファッション誌などによる視覚的なカテゴライズによって、アイビーとは具体的にこういうスタイルであるというのが、ある程度一般的になったことで、ちょっとイメージが固まってしまっている部分があり、なんとなくルールが気になってしまったりということもあるのかもしれません。
そういう意味では、当時のアイビールックが好き、というのと、アイビーの思想が好き、というのでは、意外と似て非なるものなのかもしれませんね。

確かに、アイビーの重鎮 SOUTIENCOL 三浦氏は、当時のアイビーを知り、まさに本質の思想も知る人ですから、やっぱり着こなしや考え方が自由です。ヨーロピアン・クラシック原理主義で育てられたわたくしは時にカルチャーショックを受け、時に大きな刺激をいただけたりするのです。

 

そういうことで、Fuzz としては、『いいシャツ』 として SOUTIENCOL のシャツをおすすめします。アイビーが大好きな人も、そうでもない人も、『いいシャツ』 は誰にでもおすすめできます。

アメリカの合理的かつ自由な思想、Fuzz ではこれそのものは無いのですが、少しだけ似たもので、フランス的高慢かつ非論理的でセンス重視の自由思想、というものがあります。これをイギリス発祥のクラシック原理主義成分と混ぜ合わせることで、誰にもよく分からないテイストを生み出しています。そうなると、日本国内の助けが必要になりますので、そこらあたりを理解する国内ブランドさんとの付き合いが大切になってくるわけでございます。

おいおい、何の話だよ。

以上、リメイクポロは最高ですというお話でした!

>> SOUTIENCOL

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
7月4日(月) 定休日
7月11日(月) 定休日