Glacon – Round Collar Polo Shirt.

夏の定番、Glacon のラウンドカラーポロが今年も入荷しました。
Fuzz では長らくおなじみとなっております、フランスの雄 Glacon による、シンプルながらもちょっと特別な鹿の子ポロシャツです。

 

ブランク(白)、マリン(紺)、ノワール(黒)、今季も定番的な3色をしっかりご用意しました。
商品説明については、過去の記事から編集して再掲しましょう。

(現状、過去の記事が失われていますが、文章と画像ファイルは別々で手元に残っています。時間ができたら少しずつ再現していこうと思っています。)

 

=========================

グラソンのポロシャツのポイントは、『丸襟でかわいいね』 ということではありません。
大きく言えばシャツの方法論でつくられた鹿の子ポロシャツでありまして、元々テニスをルーツとするスポーツアイテムであることから、シャツと違って襟がペタッと平面的であることが特徴であるところを、あえてシャツの方に引き寄せたという性質のものです。

誤解を恐れずに言ってしまうと、鹿の子生地を使ったプルオーバーのシャツと言えましょう。
でもまあ生地は編地だし、着た時のバランス感はやっぱりポロシャツだから、シャツとポロシャツのハーフというような位置づけでどうでしょうか。

台襟の付いたラウンドカラーというのは、女性のブラウスのようではまったく無くて、むしろトラディショナルです。かわいく着るのではなく、格好よく着るということになります。

 

ポロシャツとしては袖もやや長めで、アームホールはシャツと同程度の広さがあり、袖口に向かって細くなっています。スポーティーなポロシャツとはこの部分もかなり違うポイントです。

 

そういうことですから、ワンポイントのごくシンプルなルックスではありながらも、実は着てみるとたたずまいが異なり、まただからこそ、もうカラーは白、紺、黒と、基本的かつ普遍的な色を堂々と着ればいいのかなと思います。

性質としてはコンサバではありながらも、フランスのものらしいニュアンスと品の好さがあり、服好きが気持ちよく着られるポロシャツになっていると思います。

=========================

昨年のブログの文章ですが、言いたいことは洩れなく書かれていました。
毎年同じ商品を同じスタンスで販売しているということは、なかなかすごいことです。移ろいゆくことそのものがファッションと言えるわけで、移ろわないものというのはクラシックです。

クラシックだけでは少し堅苦しい、ファッションだけでは少し軽々しい、両者を自分なりのバランスで混ぜ合わせることこそが “スタイル” に対する Fuzz 的なスタンスであります。
しっかり好みを反映して、いろいろな要素をミックスするのが楽しく、またその結果として個性というものが生まれるのだと思います。ですからシンプルやベーシックが直ちに没個性であるということもありませんし、その逆もしかりです。

いやいや、そんなに深く考えることはないのですが、ワンポイントの鹿の子ポロシャツでも、いや、だからこそなのか、一歩深く踏み込めば、話はどんどん膨らんでいくもので面白いです。

 

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : White / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 15,950 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Glacon – Boat Neck L/S Tee.

Glacon のバスクシャツが入荷しました。
久しぶりの登場となります、ラグラン・リブ付きの定番モデルです。

 

一応モデル名にボートネックという言葉が入っていますが、あまり前が詰まっていない、クルーネック寄りのネックの仕様となっています。これが大きな特徴の1つ目。

2つ目が、ラグランスリーブであること。
3つ目が、袖と裾にしっかりめのリブが付いていること。
どちらもこの手のカットソーでは珍しい特徴かと思います。

4つ目の特徴は、フラットシーマで縫われていること。アンダーウェアやスウェットなどで見かけることが多いですが、縫い合わせ部分で生地を重ねず、シーム部分に厚みが出ない、フラットな仕上がりになる縫製です。

シルエットはずっと変わらずです。ごくごく普通のタイトでもルーズでもないフィットで、心もちアームホールから袖全体がすっきりしています。
昨今のカットソーのシルエット事情からすると、全体にすっきりしたシルエットであると言っていいのではないでしょうか。

実はずいぶん久しぶりの登場です。
Glacon では、バスクシャツで2つのモデルがあり、ここ数シーズンはこの型ではない方がラインナップされ続けていたのですが、今シーズンは久々にこの型に入れ替わりました。

具体的にこのかたちが好きなんだというお客さんが幾人かおられますし、実際僕も古いものですがこれを2着所有しています。
なんとなく SAINT JAMES とは別物の感覚で、Glacon の方は、”フランスのちょっといいもの” という勝手な思い込みが、個人的にですがあります。SAINT JAMES ウェッソンは、デイリーウェアで、けっこうラフに扱ってしまうような感じでしょうか。実際クオリティで SAINT JAMES の方が劣るということはないのですが。

 

あるいは、SAINT JAMES のボートネックがきつすぎる、という方々にも喜ばれています。ボートネックになんとなく抵抗があり、でもバスクシャツが着たいという人にはしっかり刺さります。

はたまたあるいは、有名どころのバスクシャツではつまらん、あまり人が着ていないブランドのものを着たいのだ、という愛すべき服好きへそ曲がりの皆様方にも、ばっちり刺さるはずです。
バスクシャツで Glacon というのは間違いなく少数派であるはずで、しかしながら、本格派であることは意外と定着しているのが不思議なところです。

一気に春めいて、しばらく何を着ようか迷う季節かと思いますが、そういう時期にこそ重宝するのがバスクシャツだと思います。

 

Glacon – Boat Neck L/S Tee
col : Navy / Navy*Blanc / Noir*Blanc / Etain*Noir
size : 3 / 4
price : 13,200 / 14,300 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 21:00 (平日・土) / 13:00 – 20:00 (日・祝)
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

Glacon – Round Collar Polo Shirt.

Glacon のラウンドカラーポロが入荷しました。
こちら長らくおなじみ、Fuzz の夏の定番。今期は白、紺、黒、テッパン3色をご用意しました。

 

グラソンのポロシャツのポイントは、『丸襟でかわいいね』 ということではありません。
大きく言えばシャツの方法論でつくられた鹿の子ポロシャツでありまして、元々テニスをルーツとするスポーツアイテムであることから、シャツと違って襟がペタッと平面的であることが特徴であるところを、あえてシャツの方に引き寄せたという性質のものです。

誤解を恐れずに言ってしまうと、鹿の子生地を使ったプルオーバーのシャツと言えましょう。
でもまあ生地は編地だし、着た時のバランス感はやっぱりポロシャツだから、シャツとポロシャツのハーフというような位置づけでどうでしょうか。

 

台襟の付いたラウンドカラーというのは、女性のブラウスのようではまったく無くて、むしろトラディショナルです。かわいく着るのではなく、格好よく着るということになります。

 

ポロシャツとしては袖もやや長めで、アームホールはシャツと同程度の広さがあり、袖口に向かって細くなっています。スポーティーなポロシャツとはこの部分もかなり違うポイントです。

 

そういうことですから、ワンポイントのごくシンプルなルックスではありながらも、実は着てみるとたたずまい異なり、まただからこそ、もうカラーは白、紺、黒と、基本的かつ普遍的な色を堂々と着ればいいのかなと思います。

性質としてはコンサバではありながらも、フランスのものらしいニュアンスと品の好さがあり、服好きが気持ちよく着られるポロシャツになっていると思います。

 

今期はサイズ展開を 3、4、5、と大きい方へ一つずらしました。
(ネイビーのみ、2のサイズが一着残っていました)

 

Glacon – Round Collar Polo Shirt
col : White / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 14,500 (+tax)

 

---------------

 

Belle、たいへん充実してきました。このような状況ですから、小底の作業がはかどっているようで、事前の想定よりもずいぶん早いペースで商品アップが進んでおります。
ただ、このような状況もありますから、事前の想定よりも販売については苦戦しているようなので、まだまだみなさんのお力を借りなくてはなりません。今回は、3人くらいのまったく知らない女性に話しかけて、Belle のことを教えてあげていただきたいのです。
ただ、このような状況ですから、知らない女性に話しかけるにも、外に出る機会が少ないと思いますので、やはりそれは結構です。知っている人におすすめをお願いできたら幸いです。

冗談はさておき、Belle も一つの独立したお店として見て頂けるのに充分なくらい、しっかり商品が並びました。ちょうど今のものと、これからのものと、いいバランスになっていると思います。
いやいや、手前味噌ながらいい店になってきたなと思います。僕は品々をセレクトするところまでで、その後は Fuzz で手一杯になってしまい、一度ブログを書いたという程度の、かなり薄い関わりになってしまっているのですが、ああ、こういう感じになったのかぁ、と感慨深いものがあります。

我々としては順調な仕上がりにつき、早く認知が進まないものかとヤキモキしているというのが正直なところなのです。
ああ、このような状況なんて、早く終わってしまえばいいのに。

ということで、時々、Belle の宣伝も入れさせていただきます。
ひきつづきご協力をお願いいたします。