SANDERS – Military Derby Shoe.

SANDERS の Military Derby Shoe が入荷しました。

長らくの定番として位置づけていますこのシューズ、カジュアルで履くしっかりした黒の革靴として全方向対応でおすすめしています。
ガシガシ穿くデイリーな革靴として、スマートに履くお洒落用として、自分なりのイメージで、思い思いの使い方でOKです。

(過去の記事よりいつもの説明文を再掲します)
==================

軍納入のオフィサーシューズをモデファイして、本格的な英国靴でありながらも “ミリタリー” のニュアンスを備えさせています。
ドレス感とカジュアル感の適度なバランスは、結果的に幅広いフィールドで使えてしまうユーティリティな革靴として着地しています。

アッパーレザーは、ポリッシュレザー、アウトソールはダイナイトソール(イギリスのITSHIDE製)、革靴の中でも比較的手間のかかならない使いやすい仕様となっていることも嬉しいポイントです。

==================

春の入荷は 5H からのスタートとなっております。

 

SANDERS – Military Derby Shoe *Polish Leather
col : Black
size : 5H / 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 46,000 (+tax)

 

SANDERS.

遅れておりました、SANDERS の入荷です。
今シーズンは秋冬のおなじみ3型、発注分すべて揃って届きました。短靴のミリタリーダービー、ミッドカットのミリタリーチャッカ、ハイカット、サイドゴアブーツのミリタリーチェルシーブーツ。
定番的なモデルなので見覚えのあるものばかりかと思いますが、それだけ間違いないと言えるシューズたちです。

 

ミリタリーチャッカ。
ポリッシュレザーのチャッカブーツということで、それなりに強くミリタリー感があり、その分、カジュアルユースで使いやすくなります。シュッとしたきれいめという印象もありますが、ルーズでラフなパンツとの合わせまでこなせるのは、ミリタリーテイストあればこそでしょう。
もちろん、シャープなコーディネイトできれいに合わせても格好いいです。

 

SANDERS – Miltary Chukka
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8
price : 50,000 (+tax)

 

ミリタリーチェルシーブーツ。
ここ数年来、秋冬シーズンの定番として継続しています。合わせやすさと物理的な履き脱ぎのしやすさを備え、ブーツというアイテムでは Fuzz の一番手です。

ジャケット+スラックスから、アウトドア+軍パンスタイルまで、どこにどう取り入れても自然に落ち着き、しっかり格好いいというブーツです。

 

SANDERS – Cap Toe Chelsea Boots
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8
price : 52,000 (+tax)

 

ミリタリーダービーシュー。
年2回、必ず入荷するオールシーズンの定番という位置付けとなります。

まず確かなつくりの英国靴であり、シンプルなのにしっかり存在感がある。いわゆる高級なイギリス靴が総じてドレス的であるのに対し、デニムスタイルなどのカジュアルな使い方ができるというのが一番の魅力だと思います。スマートでカジュアルというこのポジションが意外と稀有のようで、やはりミリタリーというテイストが適度なスパイスになり、解釈の仕方しだいでいろいろなコーディネイトにすぽりとはまり、年齢問わず、スタイル層問わずに喜ばれています。

 

SANDERS – Military Derby Shoe *Polish Leather
col : Black
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8 / 8H
price : 46,000 (+tax)

 

SANDERS – Butt Seam Lofer.

SANDERS より新作登場です。
ミリタリーコレクションではないカジュアルラインから、コインローファーをセレクトしました。

 

OEM(あるブランドから生産を請け負う)こともしている SANDERS はいろいろなブランドと付き合いがあり、実はアメトラブランド旺盛のその当時、かなりその面のブランドの靴をつくっていたそうです。そんな背景からちょっとアメリカン・トラディショナルの線でいくつかモデルをつくりましょうということでできたうちの一つです。

端正なブリティッシュ・トラッドもいいですが、ことカジュアルシーンでシーズン性なども出しつつコーディネイトを、となると、やはりアメリカに着地したものたちは強いです。イギリス生まれのトラッドを、独自に進化させて “ファッション化” したものと考えれば、さもありなん。
トラッドの空気を残しながら、上手に丸みや艶などを加えて、合わせやすく、楽しみやすく、といったところでしょうか。

 

つま先の丸みが物語ります。
やはりイギリスやイタリアのローファーはもう少し尖りがあって、ボリュームもレスだったりしますが、この柔らかさが、カジュアルスタイルではやりやすさにつながり、より身近な存在にしてくれるのだと思います。

それでもコバの張り出しが意外なほどしっかりあって、ああイギリス靴だね、というのも分かります。

 

アッパーは上品なグレインレザー。かつてミリタリーコレクションで使われていたゴツい型押しレザーではなく、とても繊細なものです。
アウトソールはおなじみの ITSHIDE社製コマンドソール(通称ダイナイトソール)でグリップが利くラバー製。
オーソドックスなビーフロールタイプのコインローファーのデザインで、コバの張り出し感やソールのボリューム感が相まって、よりカジュアルなテイストを強めているように思えます。
思いきったカジュアルスタイルにも合わせられそうな懐の深さを感じます。

 

SANDERS でローファーというだけでも、なんとなく新鮮です。ヨーロッパ的なきれいめローファーと、Paraboot のノルウェージャンのローファー(ランス)の中間くらいの立ち位置で、どちらにも振れるような自由さがあるような気がしています。

 

SANDERS – Butt Seam Lofer
col : Black / Brown
size : 6 / 6H / 7 / 7H / 8
price : 50,000 (+tax)