Black Sheep.

Fuzz の冬の風物詩、Black Sheep のウールアイテムが入荷しました。
今年もそんな時期になりました。

======================

『ブラックシープ』 とは、実際に生息する羊の品種の名前です。
その名の通り黒い毛を持ち、標高の高い山地に生息しているそうです。寒いところに住んでいる羊の毛だから温かいだろう、というところが説得力の部分です。

また、極力脱脂を控えめにしたピュアウールの状態で製品にしており、いかにもイギリスのトラディショナルな防寒用ニット製品といった趣が感じられる品々です。

======================

毎年の定型文となりますが、年に一度の入荷なので律儀に繰り返しておきます。

 

今年の新アイテムとなります、ウールニットタイ。
防寒についてはちょっと脇に置くしかないですが、でも冬っぽさという意味では、しっかり冬ならではのアイテムでしょう。気分として、お洒落しているな、と思えるということも大切な要素ではないかと思います。

 

ボリューム出すぎないかとか、フォルムは美しいかとか、ちょっと心配かもしれませんが、意外と大丈夫です。もちろん芯地のないものですので、パキッとはいきませんが、Black Sheep ならではの毛糸の腰が利いていますし、またニットなので伸縮が利きますので、絞ったり緩めたりでノットの大きさも調節できます。

コーディネイトに季節性を入れて、よりカジュアルでラフなタイドアップスタイルがつくれます。実際にはスタイルのアップに使うか、ダウンに使うかは人それぞれですが、柔らかな印象で、愛嬌みたいなものが加えられるのは共通しているように思います。

 

Black Sheep – Wool Knit Tie
col : Derby Tweed / Dk.Brown / Cinammon
price : 5,200 (+tax)

 

ボーダータイプはFuzzの別注ということで色を組みました。ローコントラストで地味ですが、渋さがあると思います。単色やソリッドなジャケットやアウターにはこれくらいの変化が心地いい気がしました。

単色はV型ですが、ボーダーはスクエア型となります。
ややワイドめなボーダーなので、より愛嬌が出るのではないでしょうか。

このくらいのニットタイですと、第一ボタンを開けて、ちょっと緩く締める感じでもしっくりくると思います。力の抜けたタイドアップがなかなか絵になります。

 

Black Sheep – Wool Knit Tie
col : Brown Border / Denim Border
price : 5,400 (+tax)

 

そしていつもの指ぬきグローブ、今年は4色。
こちらも長年の定番として継続しております。

 

Black Sheep – Open Finger Knit Groves
col : Derby Twist / Grey Twist / Black Welsh / Charcoal
price : 2,400 (+tax)

 

-----------

 

Black Sheep が店頭に並ぶと、いよいよ冬の始まりという気分になります。
今日あたりは真冬に近い寒さで、いよいよ服装も本格的に冬仕様にシフトする時期になってきましたね。

今年は NANDA-KANDA の影響によって、予定していたニットやアウターが納品されないということがいくつか起こっていますので、このタイミングで新作入荷の方はだいたい済んでいます。
これからは、今後のみなさまの買いっぷりによってですが、何かメーカー在庫が無いかとか、おもしろいミリタリーアイテムがないかとか、探っていくという流れになります。
実際どうなるか分からないですが、今年は寒い冬になるという噂はありますので、冬の服をじっくり物色していただけたらと願っております。

僕自身も商品アップとブログ更新に急き立てられるプレッシャーから解放され、時間を見つけて店頭の品々を物色しはじめました。初めての扱いになる J&S FRANKLIN EQUIPMENT のジャケットを買って昨日から着ていますが、けっこういいですね。みなさんの邪魔にならない程度にコソコソと買っていきたいと思います。

NANDA-KANDA の方がなかなかな状況となっていますので、是非ご来店くださいということがまた言いにくくなってしまいましたが、実店舗は普段通り営業しており、当店の基本的なスタンスも変わっていません。ご来店の際にはマスクと消毒と節度を、ということでお互い気をつけていきましょう。気をつけている者同士なら問題ないと思っています。
もちろん、いや出ずらいよなぁ、ということも重々分かりますので、その場合には、落ち着いてからゆっくりいらしていただくか、通販の方も是非ご利用ください。

気がつけば
師走じゃないか
服買おう
(小林一茶)

 

Black Sheep.

Fuzz における冬の風物詩、Black Sheep のアイテムが入荷しました。
少し前には暖冬予報が出ていましたが、むしろこの時期としては例年よりしっかり寒いような気がする今日この頃。ブリティッシュのあたたかアイテムはいかがでしょう。

以下、当店のオフィシャルの説明文です。

======================

『ブラックシープ』 とは、実際に生息する羊の品種の名前です。
その名の通り黒い毛を持ち、標高の高い山地に生息しているそうです。寒いところに住んでいる羊の毛だから温かいだろう、というところが説得力の部分です。

また、極力脱脂を控えめにしたピュアウールの状態で製品にしており、いかにもイギリスのトラディショナルな防寒用ニット製品といった趣が感じられる品々です。

======================

見事なくらいずっと変わらないです。

 

新アイテムとして、今季はスヌードが出ましたのでとっております。
リング状になっていて、ぐるぐると二重に巻いて垂れ下がるものなし、というつくりです。そもそもチューブ上になっているためローゲージニットの生地が二重になっている状態で、それを2回巻きますから、しっかりボリューム感があります。

 

数年前にありました Derby Tweed というミックスカラーが復活しています。
それと定番の Grey Tweed の2色展開です。

 

Black Sheep – Snood Low Gauge
col : Derby Twist / Grey Twist
price : 7,000 (+tax)

 

昨年ご好評につきアゲイン、ニットのハット。

Black Sheep – Knit Hat
col : Brown / Black
price : 5,300 (+tax)

 

こちら恒例、指貫きのグローブ。

Black Sheep – Open Finger Knit Groves
col : Derby Tweed / Grey Twist / Twist
price : 2,400 (+tax)

 

毎年12月に入るのを見計らって投入しているのですが、Black Sheep を店頭に並べると、ああ、師走だ、今年もここまで来ちまった、と思い、時間が経つのが速い速いと騒ぎつつ、今シーズンの入荷案内の終点が見えはじめることによる安堵が広がります。

展示会巡りから発注作業、新入荷商品の紹介と通販ページづくり、これを同時に進めていかなくてはならない怒涛の忙しさが落ち着きだして、パッとまわりの景色が視界に広がるのもこのタイミングです。
すると街角にはクリスマスツリー、お店に入ればクリスマスソング、という状況で、自然、なんとなくウキウキするではありませんか。

しかし、それにしても時の経つのは速いですなぁ。
平成より令和の方が、物理的に1秒とかが速いんですね、きっと。