P.H.Designs – Delta Hooded Jacket.

P.H.Designs のダウンジャケットが入荷しました。
今季も定番の Delta Hooded Jacket で、カラーはブラックにしました。もう少し後でご紹介しようと思っていましたが、いよいよお問い合わせが増えてきて、出動と相成りました。

 

●P. H.Designs
“Mountain Equipment” の創始者として、またフィルパワーの表示を初めて行ったダウン・マイスターとして有名なピーター・ハッチソンによるダウンジャケットをメインとしたイギリスのアウトドアウェアのブランドです。
著名な冒険家の北極点へのノンサポート歩行世界新記録樹立時のウエア、ギアを製作した経歴を持つピーター氏のダウンジャケットは、15人程のスタッフによって生産されている為、日本国内への供給量はごくわずかとなります。

 

ずごく、シンプルなデザインのダウンジャケットです、このモデルは。
非常にダウンらしいダウンで、モノの良さで勝負しているということでしょう、いい意味で余計なことをしていません。

それでも細かい気は利いていて、特徴的なディテールとしては、、
●フードが着脱可能である。
●フロント、ポケット共に止水ジップを仕様している。
●襟の内側、ポケット内がフリースになっている。
●寒気の進入を防ぐため、袖口は隠しリブになっている。

といったことが挙げられます。

 

生地は今回も別注として選ばせていただきました。単に特別なことをしたいということではなく、提示された今季の生地が薄地で柔らかいものでしたので、しっかりしたものに変更させていただきました。

ナイロン素材で、撥水性を発揮する高密のタフタ織りのものです。滑らかな表面で、光沢はマット、しなやかでしっかりした厚さのある上質なファブリックです。ブラックは質感が命です。落ち着いた光り方なのに高級感が感じられて、とてもいい生地だと思います。

これは純粋に好みの問題で、ここのところの PHデザインでは、薄地ソフト系の生地が続いていて、代理店さんの意向としてそういう流れというだけです。もちろん、PHデザインですので、この薄地ソフトも上質な生地ではあり、よりカジュアルなファッションに向いた生地であるはずです。
ですが Fuzz としてはできればしっかり系で高級感のあるものが好み。毎回言っていますが、実際にそれをするかどうかは別として、PHデザインのダウンは、ウールのスラックスや革靴と合わせてもしっくりくるというところを守りたいと思っていて、凛としたものを求めたいと考えています。

機能性やカジュアルスタイルでの映えを求めるのであれば、もっと相応しいアウトドア系ブランドのものがあると思いますので、(そうしようと思えば)シティでスマートに映える、というこの線は守りたいと思っているのです。毎度代理店さんにはわがままを言って申し訳ないとは思っているのですが。。

 

本来ならフィルパワーなどの話も駆使してパワープッシュをするべきなのかもしれませんが、そこは間違いないので、あえて触れません。どちらかというと、スペック重視というよりファッション重視という感覚で展開していますので、逆にもう少し本質的な部分での理解を求めたいと思ってしまっています。
でもそれが難しくて、イギリス製だからいい、というのも短絡的に過ぎるような気がするけれど、いやイギリス製だからいいというところはこれは大事なところだ、とか、その背景から、ほら、湧き上がってくるこのなんとなく感じる独特のほら、どうしてこんなにシンプルなのに何か格好いいのか、みたいなことが一番言いたいのですが、これはもう、感じ取る人は感じ取るし、興味ない人は興味ないと、そう言ってしまえば元も子もないのですが。。

ということで、今年もおすすめ、PHデザインのダウンジャケット。流行らない程度に、しかし継続していける程度で、いい人たちに愛されることを期待しています。

 

P.H.Designs – Delta Hooded Jacket
col : Black
size : S / M / L / XL
price : 88,000 (+tax)

 

P.H.Designs – Delta Hooded Jacket.

今年も入荷しました、P.H.Designs のダウンジャケットです。
例年より少し早いですが、急にお問い合わせが増えてきましたので、ご紹介します。

 

年に一回、しかもほぼ1型だけの入荷となりますのでブランドプロフィールをおさらいです。

●P. H.Designs
“Mountain Equipment” の創始者として、またフィルパワーの表示を初めて行ったダウン・マイスターとして有名なピーター・ハッチソンによるダウンジャケットをメインとしたイギリスのアウトドアウェアのブランドです。
著名な冒険家の北極点へのノンサポート歩行世界新記録樹立時のウエア、ギアを製作した経歴を持つピーター氏のダウンジャケットは、15人程のスタッフによって生産されている為、日本国内への供給量はごくわずかとなります。

 

昨年につづき、ブランドを代表するモデルとなる Delta Hooded Jacket をご用意しました。
実はまたお願いしてファブリックを変更していただいています。今回は、というより今回もと言った方がいいかもしれません、過去に使われていて気に入っている HM Amber のダークブラウンでお願いしています。やはりこの落ち着いた暗いブラウンが素晴らしいです。

この生地は2年前と3年前に違うモデルで展開していたのですが、覚えているでしょうか? 極細の糸による高密織り、これによってハリがありつつもしなやかで、高い撥水性を実現している、というものです。いかにもアウトドアのごつい生地ではなく、繊細で上品なファブリックとなっております。

 

ということで、フード付きのダウンジャケットです。見たとおりオーソドックスではありますので、さほど深く突っ込んでいくところはないのですが、考え方だけ少々。

Fuzz では元々あまりアウトドア的なダウンジャケットは一生懸命ではなく、僕もほとんど着ないなぁという感じだったので、そういう人たちに響くダウンは何か、これでしょう、という流れで P.H.Designs の取り扱いをはじめました。
ある種の基準として、ウールのスラックスと合わせられるか、ということを考えています。もちろんそうやって合わせてくださいということでなく、あくまで基準として、きれいに着ることができるか否かを判断しているということです。ウールのスラックスに合わせたときに、スマートな印象で着れるダウンなら、本気のダウンを扱ってもいいのではないかという考えです。

そういう考え方なので、P.H.Designs のダウンは、元々ダウンにあまり関心がなかったような人が、何かのきっかけで興味を持ったときに強く響くようです。今まで興味なかったけど、イギリスのもので、何か上品だ、これなら着たい、と。
しっかりしたダウンが欲しいけど、なんとなく欲しいものが無い、何を買っていいか分からない、という人にこそおすすめしたいと思っています。

 

ディテールについて軽く触れておくと、まず襟裏のフリースが気持ちいいです。肌当たりもよく、化繊であるために色褪せにも強いでしょうから、とても理にかなっています。
ポケットの中も同様のフリースになっています。

 

袖は隠しリブで、寒気の流入を防ぎます。本当に寒いところでは、けっこう重要なディテールです。

 

フロントはダブルの止水ジップ。ポケットも止水ジップです。

 

フードはファスナーで着脱が可能です。フードにもダウンが入っています。

 

巷にあふれているものでなく、しっかりした内容で、しっかり格好いい。
P.H.Designs のダウンジャケットは今シーズンもおすすめです。

 

P.H.Designs – Delta Hooded Jacket
col : Black
size : S / M / L
price : 85,000 (+tax)