BASISBROEK – Unite.

BASISBROEK の新作ジャケットが入荷しました。
らしい雰囲気満載の春アウターです。

 

オーバーサイジング、ビッグシルエットのブルゾンジャケットです。
着てみると丸みのある曲線的なシルエットがなんとも独特で、ゆるっと着るジャケットの好さが感じていただけると思います。

 

エイティースからナインティースなバランスを、さらに極端にしたようなガバガバな身まわりとアームホールです。もたつきを持たせながら、ルーズに着るのがイマドキ。

 

生地と色合いも好いです。
コットンにリネンとシルクが混ざり、独特の生地感になっています。リネンのしんなり感、シルクのネップと光沢感が加わり、複雑な風合いとなっており、スモーキーな中間色もセンス好し。

独特な風合いの生地感と何色とも言えないような色味は、洒落人好みと言えましょう。

 

厚地とは言えませんが、目が詰まってしっかりしていますので、涼やかなファブリックという感じでもなく、ミドルウエイトのアウターという感覚の方が近いと思います。

 

トータルでダボッとゆるっと着るのもいいですし、細いボトムとメリハリを付けて着るのも好さそうです。クセは強いが意外と合わせやすい、というタイプではないでしょうか。

 

BASISBROEK – Unite
col : Smoky / Moss Grey
size : 2 / 3
price : 27,000 (+tax)

 

New Arrivals.

BASISBROEK のウールジャケットが新たに入荷しました。
ショート丈でゆったりシルエット。BASISBROEK らしい独特のデザインが健在です。

 

大きな特徴は、ダブルのライダースのように斜光するフロントジップ(ダブルブレストではありません)。これが襟を中央から分けずに、襟を開いた時に左右非対称になります。

 

ゆったりルーズでドルマンスリーブ気味の袖、肩はドロップ。
アシンメトリーの襟と相まって、なにやらモード服のような世界観を感じさせる雰囲気になっています。

 

デザイン性もさることながら、生地はしっかりウールメルトン、袖までの総裏仕立てでウエイト感もなかなかのものです。
フロントはダブルジップ、背中はヨークが入り、かなり贅沢に生地の分量を使い、凝ったデザインを入れているにもかかわらず、プライスは庶民的です。ここはモード服とは真逆の違い。

 

ブラックでこのデザインではやや圧があるかなと思い、今回はダークブラウン1色です。
濃いブラウンですので、落ち着きがあり、ここ最近セレクトを増やしているブラックのパンツ群との合わせも考慮しています。
同じ BASIS のパンツはもちろん、Riccardo Metha のウールパンツなども好相性だと思います。

 

ゆるっとした感じでも、雰囲気はクール。襟はいっぱいに閉めてしまってもいいですが、軽く開いて、というくらいが調子よさそうです。

 

BASISBROEK – Hody
col : Dk. Brown
size : 2 / 3
price : 24,000 (+tax)

 

この春から取り扱いをはじめたイタリアのニット Fassina Luca。
秋冬はウールニットです。

 

いかにもヨーロッパのカジュアルニット、という雰囲気です。
編みで立体感のあるちょっと変わったボーダーで、派手すぎず、地味すぎず。
これを細身のパンツとすっきり合わせて、ステンカラーコートだったり、ダッフルコートだったりをシンプルに羽織る、というのがある種のヨーロッパ的カジュアルスタイルのイメージです。盛りすぎないで、気張らずにさらりと、というのが格好いいと思います。

 

Fassina Luca – Border Knit
col : Grey / Red
size : S / M / L
price : 13,000 (+tax)

 

New Arrivals.

秋冬新作入荷も本格化してきました。
まずは HARROW TOWN STORES のコートからご紹介します。

 

厚手コットンのオーバーサイズのコートです。
がばっとかなり大きいサイズで、イマドキのオーバーサイズかと思いきや、着てみるとやはりHTS らしい独特のニュアンスを備え、何か一般とは違う、50年代とか40年代とかの薫りがほんのりと漂っているような、不思議な雰囲気を備えています。

だいぶオーバーなバランスですが、計算し尽してか、偶然なのか、これがえもいわれぬ格好よさを感じさせてくれます。

 

生地はコットンダック。厚地のしっかりしたものですが、製品染めによる染色なので、見た目ほどのごわつきはなく、腰はありつつも柔らかさがあります。

 

デザインそのものはオーソドックスということもあり、なかなかマネキンの写真で伝わりにくいですが、かなり大きいサイズをがさっと着る感じになります。
好き嫌いがはっきり分かれると思いますが、他にはない独自の魅力のあるコートですので、嫌い以外の人には是非試していただきたいです。

 

HARROW TOWN STORES – Cotton Over Coat
col : Coconut Brown / Black
size : 44 / 46
price : 36,000 (+tax)

 

BASISBROEK の新作コート。
こちらもならではの独特な世界観をもったブランドですので、他にない感じとなっています。

 

一見するとオーソドックスなきれいなステンカラーコートですが、ドロップショルダーで、かなりボリュームのあるシルエットです。ゆったりオーバーサイズですが、上品なバランスで仕上げられ、さほどのアクの強さは感じません。

 

ボタンが少なく、襟まわりも実は独特。袖口にドローコードが仕込んであったりと、実際はカジュアルなコートであることが分かります。

 

生地も凝っていて、細糸の高密織りでナチュラルな光沢があり、かつ天然素材ならではのしなやかさを備えたグッドファブリックです。

クラシックでエレガントな雰囲気、でも着てみると気軽なカジュアル感でとっつきやすい、という感じのコートです。いい具合に遊びがあり、オーソドックスなコートではつまらないかな、という方々におすすめです。

 

BASISBROEK – Espeler
col : Khaki / Black Brown
size : 2 / 3
price : 30,000 (+tax)

 

ブランド定番のパンツ、Bravo。
今シーズンはウール系のきれいめファブリックです。

 

股上が深くお尻が落ちて、膝下からキュッと細くなっているという独特なシルエットが特徴です。
生地感と相まって、なんとなくモードな雰囲気。

 

ウエストはゴムとコードのベルトレスです。完全にイージーパンツの仕様で、楽ちんであることも魅力です。

 

生地は厚手のウールではなく、普通の厚さなので、真冬だけという感じではなく、広いシーズンで使っていただけます。

BASISBROEK – Bravo
col : Black / Black Check
size : 3
price : 18,000 (+tax)

 

最後は FUJITO の Half Zip Shirt。
生地を変えてここ数シーズンたてつづけに登場していますが、今季はコーデュロイとなります。その手があったか、という感じです。

 

一応シャツとしてつくられたモデルですが、中厚のコーデュロイを使うと、ゆったりシルエットと相まって、かぶりのジャケットのような様相を呈します。
なので、シャツの上から着たり、タートルネックのカットソーと合わせたり、着合わせの幅はかなり広がるのではないかと思います。

 

無造作とも思えるボックスシルエットは、極端にオーバーサイズというわけではなく、『微妙に大きい』 くらいの設定です。80年代頃のシャツのように、アームホールもゆるめにつくられています。

着てみると、すごく品のあるスモック、というような印象も受けました。

 

FUJITO – Half Zip Shirt
col : Brown / Navy
size : 1 / 2
price : 26,000 (+tax)