New Arrivals.

久々の登場、Le Minor (ルミノワ)。
元々フランスのバスクシャツをつくるメーカーですが、日本の商社さんによるライセンス展開もいろいろとあります。
その中から、グレンチェックのコートがよかったのでセレクトしてみました。

 

トラディショナルな雰囲気のブラウン系グレンチェックは、柄ものではありますが、とても落ち着いています。華やかさがりつつ、落ち着きもある、というのがトラッドなものたちの魅力でしょう。

 

素材はポリエステルの軽いもので、胴部にはキルティングでシンサレートの中わたが薄く入っています。シルエットが膨らむほどの厚さではなく、モコモコ感は感じられません。

 

シルエットは標準的なものではありますが、ジャケットの上から羽織ることを考えられたサイズ感になっていて、すっきり系のかたちをしているわりにはサイジングはやや大きめの設定となっています。

 

意外とどのように解釈してもよさそうです。
ベレー帽などかぶって、太いパンツと合わせてフレンチシックな雰囲気もよければ、細身のジャケット、パンツと合わせてダンディにパリッとトラッドにというのもいいでしょう。
そしてもちろん、いつもスーツの上に着て、ビジネスユースというのもいいと思います。

ファッション的にベーシックであると、アイテムそのものに思惑がなくなり、飽きずに使いやすかったりするもので、まさにそういう類いのコートではないかと思います。

 

Le Minor – Check Coat
col : Brown Check
size : 38 / 40 / 42
price : 32,000 (+tax)

 

ARMEN は久しぶりのキルトジャケット。
今季は少し前に新しくできたノーカラーのモデルをセレクトしました。

 

特徴としては、キルティングがステッチではなくてパンチングであること(ステッチほつれがありません)、リバーシブルであること(裏面はあまり使いません)、裏面がフリースであること。

キルティングの薄い中わた、プラス裏フリースで、温かさはなかなかのものです。

 

襟なしになることで、レイヤージャケットとしての使い方もできそうで、この上からガバッとコートなどを羽織ってしまうのもありでしょう。
あるいはマフラーなどの巻きものをより楽しめるジャケット、という見方もできそうです。

そして、春先、春の気配だけ強まっているけどまだまだ寒い、というような梅春といわれる時期に、襟まわりがさっぱりした暖かいアウターが重宝するというのもあります。

 

僕はハイネックのタイプを着ていますが、なんだかんだで毎シーズンよく着ます。イマドキのファッションとはやや離れたところにいるアイテムでしょうが、着合わせに気を遣うこともなく、便利で安心感があるような気がします。
クルーネックになると、ややイマドキに近づいている感もあり、より使いやすいのではないかと思います。

 

ARMEN – No Collar Quilt Jacket
col : Grey / Navy
size : 2
price : 24,000 (+tax)

 

・ ・ ・ ・ ・

 

●おしらせ

今週末の3連休は全日営業致します。
(11月4日が月曜日ですが営業します *12:00 – 20:00)

 

New Arrivals.

GICIPI のタートルネックが入荷しました。
今シーズンは、コットンにカシミヤをブレンドした GICIPI オリジナルの生地としては最高峰の生地によるプロダクトです。

 

コットン85%、カシミヤ15%の混率で、やはりルックスはニットのように仕上げています。
実際に編み立てもニットのように柔らかいので、やさしく自然に伸縮し、タイトなフィットながらも締めつけ感はまったく無く、快適に着ていただけます。

 

ものとしてはカットソーの部類に入りますので、肌に直接着ていただいて大丈夫(敏感肌の方は分かりませんが)、また洗濯機での洗濯も大丈夫です。

カシミヤが入ることで、見た目がよりニットに近寄るということに加えて、保温性と通気性が高まり、吸水性が低下することで乾きを促進する効果があります。

ジャケットのインナーに最適で、ウールニットよりも手軽な取り扱いができて、より着心地もやわらかです。

 

GICIPI – Turtle Neck Long Slv. *Cotton Cashmere
col : Brown / Green / Navy / Black
size : 3 / 4 / 5
price : 8,800 (+tax)

 

こちらは初登場となります、イタリアの軍用衣料メーカーの DEFCON 5 というブランドのミルスペックのジャケットです。現行のリアルな軍モノをつくるメーカーで、このジャケットも実際に NATO軍に納められているものとまったく同じ製品となります。

●DEFCON 5
2006年、イタリア・ベニスから 50km 離れたポルデモーネにて軍用衣料メーカーとして創業。
ブランド名は 『平時態勢』 を意味する軍の造語で、世界が平和で穏やかになることを理想に掲げています。
ミルスペックをクリアした製品は NATO軍や UN Missions (国連派遣団)などで正式に採用されています。

 

このソフトシェルジャケットは、伸縮と撥水の利いた強靭なファブリックによるもので、裏側がフリースです。スマートなシルエットながら動きやすくて肌触りもやさしく、なかなか使い勝手がよさそうです。

 

ポケットも多くて、日常生活でもたしかに使いやすそうです。
アナログな古いミリタリーウェアの魅力とは正反対の、現行ハイテクミリタリーウェアのおもしろさが感じられ、意外と便利に使っていけそうな気がしています。

 

DEFCON 5 – Soft Shell Jacket
col : Black
size : S / M
price : 21,000 (tax)

 

こちらは珍しくアメリカもの。以前も別アイテムでありましたが、Thousand Mile というアウトドア系のブランドです。
こちらはアウター、インナーと好き勝手に使えるクルーネックの中わたジップアップジャケットとなります。

 

実はこちら、国内のインポート商社さんのライセンスによる製品で、僕としてはブランドとして熱心にシンパシーを感じているわけでなく、完全に内容が気に入ってピックアップしたものです。

もちろん保温性ではダウンに劣りますが、このくらいがいい、というのが、まったく個人的にですが、ありまして、この手のアイテムであればこのくらいのものが欲しかった、という感覚でした。

 

シェルも裏地もストレッチが利いているので動きやすくていい、中わたもボリューム少なめで、厚みがさほど出ないのがいい、という感じ。
室内着として考えた時、伸縮が利いているのはありがたいし、襟が邪魔にならないので寝転がるにもいい感じでしょう。

カーディガンのような感覚で、スポーツウェアのような感覚で、ミドルレイヤーのジャケットという感覚で、室内外問わず、フレキシブルに使っていけると思います。
素材としては高価なものを使っていないので、プライスもいい感じで落ち着いています。

 

Thousand Mile – Wave Jacket
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 11,000 (+tax)

 

quotidien – Crew Neck Cardigan.

quotidien のクルーネックカーディガンが入荷しました。
ブランドの定番アイテムということもあり、Fuzz でも何度目かの入荷となります。

 

カーディガンといえば、メンズでは特にVネックが多いところですが、あえて丸首で、というもの。
ポケットもない非常にシンプルなデザインで、シルエットは全体にコンパクト。
Vのシャキッとした雰囲気がやわらいで、やさしげな印象になり、よりカジュアルなコーディネイトに使っていただけると思います。

秋冬は裏起毛のやや厚手のコットン生地となります。裏パイルではないのでスウェット生地とは異なりますが、厚さや質感、雰囲気はかなり近いです。

quotidien – Crew Neck Cardigan
col : Navy / Black
size : 1 / 2 / 3
price : 13,000 (+tax)