New Arrivals.

初登場、BETA のTシャツをご紹介します。ちょっと面白いグラフィックTシャツです。

●BETA(ベータ)
ファッションデザイナー星健介氏、グラフィックデザイナー田中裕亮氏によって立ち上げられたデザインプロジェクト。ブランド名 BETA の由来でもある、”べた塗り・べたネタ・ベータ版”をコンセプトに、ドイツのデザイン思想の源流であるバウハウスの手法を用いて、あらゆるイメージをデザインに落とし込んでいます。

 

ブランドというよりは、プロジェクトものという感じです。Tシャツなどではよくあることですが、企画ありきのプロダクトという類いのアイテムと言えるでしょう。

 

この図版で PIN と来てしまう人もいるでしょう。
クラッシュのロンドンコーリングのジャケットを図形的グラフィックに変換したものとなっています。

こういった具合で、名盤ジャケットを抽象図形に置き換えるシリーズでグラフィックTシャツを展開しています。いろいろとあった中から、やはり一応ファッションの目線でのセレクトを心がけ、ルックスの好さでピックアップしてきました。

 

一定の年齢を超えていると、誰でも一度は見たことがあるジャケットではないかと思います。
これをああすると、ちょうど分かるか分からないかくらいになると。

 

もう一つも超有名盤です。分かるでしょうか。

 

ということで、プリントTシャツをご紹介している時によく言っていますが、Fuzz はプリントTシャツがあまり得意ではありません。どうしても、お店のルーツとの関わりから、無地やボーダーのものが増えてしまい、また僕自身もあまり着ないということもあり、毎シーズンのセレクトはほんのわずかです。

しかしながら、このこと自体が分かりやすく特徴となっていて、Fuzz で用意するプリントTシャツは、①王道から外れていて、②やはり普段あまりプリントTシャツを着ないという人に響く、という傾向にあるようです。
どうしても王道はアメカジ勢で、その層の厚さには敵いません。しかし、ここをノータッチにしてきたことで、逆説的に “Fuzz らしい” と言われるようになり、実際に意外と評判がいい、ということが起こっていたりします。

ただ、ここ最近は僕自身、プリントTシャツを着たくなっている傾向にあり、希望としてはもっと増やしたいと思ってはいます。結果的になかなかですが。

 

BETA – Print Tee
col : CALLING / ABBEY
size : S / M / L
price : 6,300 (+tax)

 

こちらもある意味企画もの、Thousand Mile の巣篭もりセットアップでございます。

 

巣篭もりというのは冗談で、元々はリゾート用として、旅先で着るためのアクティブウェア、という考え方でつくられました。
国内インポート商社さんによる Thousand Mile のライセンス生産です。

 

実際は、旅行や出張の際に、パックして持ち歩き、ルームウェアとして、あるいはちょっとランニングにも出られるということがイメージされています。
友達や彼女の家に泊まりに行く時に着るルームウェア、という使い方も想像できますね。

バッグもメッシュの部分を入れて蒸れないような気配りがあり、かなり実用的なアイテムという位置づけです。

 

生地はストレッチの利いた化繊系です。
トップスはイマドキなフォルムでオーバーサイズのルーズシルエット、パンツも尻と股をルーズにしたテーパードシルエットで、ファッション的に安心できるシルエットです。

本気のスポーツウェアまではちょっと、、、だけど、軽く身体を動かすという時などに着る服がない、何なら無理やり見つくろったら急に DASA くなってしまう、、
そういった心配から開放されることにもなりそうです。

 

Thousand Mile – Summer Vacation Set Up
col : Navy / Black
size : S / M / L
price : 9,000 (+tax)

 

-----

 

マスクが暑苦しいくらいになってきましたね。
それにしても、こんなに長い時間マスクをしているわけですから、もうずいぶん耳が前に移動してきたような気がします。
紫外線も強くなってきていて、そろそろもう目がしんどくなってきたので、サングラスをかけようと思ったら、やっぱりマスクをしてサングラスをかけると、ちょっと何かヤバさが出てしまって躊躇われます。

耳は前に来るわ、サングラスがかけにくい世の中になるわ、、
おっと、文句が多すぎますね。

明日4日(月)は祝日ですが、定休日とさせていただきます。
恐縮ですが、通販の返信や発送は翌火曜日とさせていただきますのでご了承ください。

 

VESTI – Sweat Zip Jacket.

イタリアの VESTI のスウェットジャケットが入荷しました。

シンプルなジップアップのスタンドカラータイプ、好評に付き 3回目の登場となります。
継続のネイビーとブラック、新色のグレー、カーキを加えて4色での展開となります。

 

ごくごくシンプルで、もっと言ってしまえばなんということもないスウェット地のジャケットです。裏パイルでさほどの厚みはなく、より正確に言えばフレンチテリーという生地なのですが、肉厚の裏毛スウェットとはやや趣が異なり、使い方も多少違ってくるかと思います。

襟は立てても寝かせてもどちらでもという感じで、シルエットはややゆったり気味。決してタイトではなく、イマドキなオーバーサイズを狙ったものでもなく、アームホールの緩さなどを見ると昔ながらの無造作なゆったり感であることがうかがえます。

 

気張って着るような雰囲気でもなく、プライスから察しがつくと思いますが、吊り編みとかコットンの品質が、というものでもありません。(むしろポリエステルが30%入ります)

ですからスウェットというアイテムに強いこだわりがある人には勧められませんが、そうでもない人や使い分けを考える人には、一着持っているといいですよ、というスタンスでけっこう強くお勧めしたいです。
実は僕自身があまりスウェットに思い入れが強い方ではないので、このあたりにまったく抵抗がなく、むしろポリエステル混だと縮まなくていいや、気兼ねなく洗えていいや、というスタンスなのです。平日の開店前の時間に写真を撮ったりなどの作業をするのですが、実際にこういう動きやすくて脱いだり着たりしやすいものは重宝しますので、けっこうな割合で着てしまっております。

高級なスウェットというのはやはりしっかり格好いいですが、ではそこを求めない場合の 『そこらへんにあるスウェット』 というものが、実はけっこうしっかり格好よすぎたり、イマドキすぎたりです。求めていないのですから、ちょっと野暮ったさがあって、ヨーロッパのものである、というのが実は絶妙な解答である、ということのようです。

実際は、なんてことないこういう羽織りは、オフィスやリビング、ちょっとすぐそこまでの外出など、何かと重宝するものなので、手に入れてしまうと悔しいほど着てしまうことになったりして、多少、不本意に思ったりもするとかしないとか、、。

 

VESTI – Sweat Zip Jacket
col : Navy / Black / Grey / Khaki
size : S / M / L
price : 7,800 (+tax)

 

MIDA – Harrington Jacket.

MIDA のハリントン・ジャケットが入荷しました。
ブランドオリジナルのスペシャルファブリックを用いたブルゾンジャケットとなります。

さりげなく、スマートに、そして男っぽく、というタイプのジャケットです。

 

ドッグイヤー型の襟が特徴の短丈ジップアップブルゾン、大人が好むカジュアルジャケットとして確固たる地位を築いているハリントンジャケット。イギリスの Baracuta のジャケットを祖とするため、そのモデル名になっている G9ジャケットなどとも呼ばれます。
アイビーリーグ的な文脈だったり、モッズ的な文脈だったり、さまざまなシーンで登場してきたことで、ファッションの歴史にその名を刻んできたトラディショナルなカジュアル・ジャケットと言えるでしょう。

 

MIDA では、このハリントンジャケットのデザインを奇をてらうことなく再現して、ファブリックでオリジナリティを表現しています。
イタリアルーツのブランドながら、ジャパニーズファブリックの素晴らしさに惚れ込んでいるという背景があり、日本のテキスタイルメーカーと共同でオリジナルの生地をつくったりしています。

この生地はブランドの代名詞的なものとなっていて、ポリエステル+ナイロンのマイクロファイバー糸を強固に織り込んだハリ感充分な生地に、後加工によって適度なパッカリングを起こさせた特殊なファブリックとなっています。
極細糸の度詰めの度詰めなので、地は薄くてもしっかりした強さが感じられ、薄くて軽くても、『しっかりしたジャケット』 という印象となります。

 

ディテールも丁寧につくりこまれ、シルエットはスマートに。
コンパクトでシャープなルックスですが、大人向けのパターンは胸周りは意外ときつくないつくりになっていますので、パチっと合わせてしまって大丈夫です。(お腹の方は自己責任でお願いします。笑)

なんだかんだで残っていく、メンズならではの定番アイテムのうちの貴重な一つでしょう。定番とされるにはそれなりの理由があるはずで、歴史的事実やらディテールの秘密やら、さまざまあるのでしょうが、どんな定番でも、やはり一番にくる理由というのは 『格好いい』 というシンプルなものかと思います。
あらゆる年代、あらゆる場所で、男達に支持されてきたということですね。

 

MIDA – Harrington Jacket
col : Beige
size : 44 / 46 / 48
price : 33,000 (+tax)

 

SHU – Bomber.

ロシアからの刺客が入荷しました。

● SHU
2012年、Andrew Kravtsov により、モスクワにて創業。アウターウェアを専門とするロシアのブランドです。
テクノロジー、デザイン、ピープル、この3つをブランドにとっての最重要事項と捉えています。
シンプルなカットラインを特徴として、ミニマルなデザインに機能的な素材を用い、ウォータープルーフと保温性に優れたウェアを展開しています。

 

寒冷地ロシアが生み出したファッションアイテムとしての中わたジャケット。どうやら今シーズン初上陸ということです。ロシアブランドというのはここまで Fuzz では初めてで、それだけでも珍しく感じますが、内容もルックスも充実しております。

 

シェルはUS製、メンブレン生地という防水透湿素材を使用。撥水ではなく防水ということで、通気性のある防水生地となります。インサレーションはこれもUS製でデュポンの素材です。水洗いして乾きやすいという化繊素材が使用されています。
外側は防水で、水洗いができる、というテクニカルなジャケットです。

 

フードは取り外しが可能です。
これが変わった仕様で、フードと前身頃のファスナー周辺部分がひとつづきになっていて、フード装着時はフロントジップ部分が二重構造となります。

 

取り外すとこうなります。
この部分にもわたが入っていますので、防寒の意味合いになるのでしょう。

 

フードの無い状態では、ボンバージャケットのスタイルです。
淡色ということも手伝って、印象としては軽くなりますから、春先のまだ寒い時期などには気分的に使いやすいのではないかと思います。

 

あえてロゴを付けず、シンプルでミニマルなデザインを信条としているとのことです。
ミニマルデザイン+ハイテク素材、というのがこのブランドの特徴になるでしょう。

ダウン(中わた)スタイルのジャケットは興味はあってもなかなか、、という人が多い(Fuzzでは)という話を以前にしましたが、そういう感覚でもいっちょ本格的なものを、となったら P.H.Designs がおすすめになりますが、いやいや、実際それほどは着ないだろうし、本当に寒い時に着るための何かいいくらいのがあれば、、いやぁ、それでも街でよく目にする○○はちょっと着れないしなぁ、、という、そこまで本気じゃないけど求めちゃうよね系のみなさん、要チェックです。

 

SHU – Bomber
col : Lt.Beige
size : S / M
price : 33,000 (+tax)

 

New Arrivals.

BASISBROEK のウールジャケットが新たに入荷しました。
ショート丈でゆったりシルエット。BASISBROEK らしい独特のデザインが健在です。

 

大きな特徴は、ダブルのライダースのように斜光するフロントジップ(ダブルブレストではありません)。これが襟を中央から分けずに、襟を開いた時に左右非対称になります。

 

ゆったりルーズでドルマンスリーブ気味の袖、肩はドロップ。
アシンメトリーの襟と相まって、なにやらモード服のような世界観を感じさせる雰囲気になっています。

 

デザイン性もさることながら、生地はしっかりウールメルトン、袖までの総裏仕立てでウエイト感もなかなかのものです。
フロントはダブルジップ、背中はヨークが入り、かなり贅沢に生地の分量を使い、凝ったデザインを入れているにもかかわらず、プライスは庶民的です。ここはモード服とは真逆の違い。

 

ブラックでこのデザインではやや圧があるかなと思い、今回はダークブラウン1色です。
濃いブラウンですので、落ち着きがあり、ここ最近セレクトを増やしているブラックのパンツ群との合わせも考慮しています。
同じ BASIS のパンツはもちろん、Riccardo Metha のウールパンツなども好相性だと思います。

 

ゆるっとした感じでも、雰囲気はクール。襟はいっぱいに閉めてしまってもいいですが、軽く開いて、というくらいが調子よさそうです。

 

BASISBROEK – Hody
col : Dk. Brown
size : 2 / 3
price : 24,000 (+tax)

 

この春から取り扱いをはじめたイタリアのニット Fassina Luca。
秋冬はウールニットです。

 

いかにもヨーロッパのカジュアルニット、という雰囲気です。
編みで立体感のあるちょっと変わったボーダーで、派手すぎず、地味すぎず。
これを細身のパンツとすっきり合わせて、ステンカラーコートだったり、ダッフルコートだったりをシンプルに羽織る、というのがある種のヨーロッパ的カジュアルスタイルのイメージです。盛りすぎないで、気張らずにさらりと、というのが格好いいと思います。

 

Fassina Luca – Border Knit
col : Grey / Red
size : S / M / L
price : 13,000 (+tax)