Zilla – Canvas Ruck Sack.

初登場となります、イタリアの Zilla のバッグをご紹介します。
見たことあるようで見たことない、ヨーロピアンなクラシックを感じさせながらも、堅苦しさのないファッショナブルなバッグとなります。

 

●Zilla
イタリアのバッグ専業ブランドです。
創始者の シルビア・ピヒラー は、イタリア・ボルツァーノにて建築家や芸術家の家計に生まれ、自身も建築を学びましたが、2005年、自身のバッグブランドをスタートさせました。
ミニマルで革新的な Zilla のバッグは、ユニークでありながらタイムレスであることが特徴です。

 

ヨーロッパ的感性におけるクラシックなテイストが根底に流れつつも、何やらヘヴィーデューティーとは違いそうだ、どことなく上品だ、という第一印象。その不思議な魅力はデザイナーが女性で、なおかつ建築系の人であることにヒントがありそうです。

このバッグはある展示会の片隅に毎シーズン置いてあったもので、ということは定番モデルとして継続しているものになるのでしょう、これを何シーズンもずっと気にしていたのですが、なかなか発注するに至らず、気にしている間に諸般の理由でジリジリと値上げが続き、とうとう今季、発注を入れたという次第です。しかし思い返してみれば、おそらく5年か6年くらいは迷っていたことになるようです。

 

 

ちょっと変わった形式でかたちを変えることができる 2WAY バッグ、リュックサックがメインのミドルサイズとなります。
素材はコットンキャンバスとレザーパーツとなり、ゴテゴテした感じのないスマートな素材づかいが光ります。これがアウトドア系であると、どうしても頑丈さを誇りたくなるのですが、そういう路線ではなく、あくまでシティなファッション志向。一見して品の好さを感じると思いますが、エレガントなジャケットスタイルで映えそうではありませんか。

 

口の両端をパチンと留めて台形のフォルムが出来上がるのが、何ともいえずセンスの好さを感じますし、レザーのパーツの使い方などに女性デザイナーならではと思える雰囲気があり、このあたりが効いているように思います。

なんかいいな、何故か気になるな、というような、言葉で説明することが難しい類いの魅力というのは、モノそのもののルーツの違いがそうさせるのでしょう。違う歴史を持つ違った人種の人間がつくったものだからこそ生まれる、はっきり認識しにくい魅力。是非とも積極的に感じていただきたいところです。

 

Zilla – Canvas Ruck Sack
col : Beige
price : 49,000 (+tax)

 

PESCADOR – Leather Sneaker.

PESCADOR というブランドのレザースニーカーをご紹介します。
ポルトガルの無名ファクトリーブランドですが、なかなか面白いプロダクトです。

 

『ポルトガルの靴工場ですよ』 ということだけ聞いていて、他に特筆することは無いようです。ポルトガルとスペインには、請負で靴をつくるファクトリーが数多くあり、その中の一つということです。いろいろなブランドのいろいろな靴をつくっていて、自社ブランドでもいろいろとつくっていて、とにかくファクトリーとして、いろいろな靴がつくれます、というようなメーカーがこの界隈にはたくさん存在し、かなりの種類の靴が存在する中から、こういう輝きを放つ一足が飛び出してきたりするわけです。

 

テニスシューズタイプのレザースニーカーは常に探していて、こちらもその一環です。
厳密にはカジュアルシューズをつくるメーカーなので、スポーツブランドがつくるスニーカーとは多少ニュアンスが違っているのですが、でもやはりテニス感はとてもあるように思います。

このスタイルのこの佇まいは、どんなコーディネイトにもしっかりはまってくれて、とりわけ上品な着こなしにも使えるのが嬉しいポイントです。巷ではハイテクスニーカーの人気があるようですが、我々のベースはやはりローテクです。

 

大きな特徴としては、ライニングのない一枚革でつくられているところです。履き口は切りっ放しで、クッションも入っていなければ折り返しの縫製も無いので、非常にすっきりしています。
ただ、切りっ放しの仕様のため縁に腰がありませんので、この部分に余裕が生まれると波打つ感じにはなってしまいます。そこは愛嬌として捉えてください。

 

ワイズはやや広めと言え、甲の高さはしっかりあります。アウトソールもほどほど厚く、つま先も尖りが緩いので、シルエットとしてはぽってり型の部類に入るかと思います。
さっぱりデザインに、ぽってりフォルムということで、ファッション的には使いやすいバランスになっていると思います。

 

白のレザースニーカーは、年間を通してあらゆるコーディネイトで使えますので、着こなしの部分で重宝すると思います。特にこれからの春夏シーズンは、気分として白いスニーカーが履きたくなることが増えると思いますので、来るべき春に向けて、是非チェックしてみてください。

 

PESCADOR – Leather Sneaker
col : White
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 14,800 (+tax)

 

New Arrivals.

Francesco の冬向けスニーカーが入荷しました。
時たま登場するスペインのスニーカー専業メーカー、不意におもしろいプロダクトを生み出してくれます。

 

なんといっても特徴はインソールがボアになっているということ。厚手のソックスを履いているかのような感覚なので、逆に言うと厚手のソックスを履かなくて済むと。厚地ソックス嫌いにはたまらないことでしょう。

 

スリッポン型でさっぱりしていて、脱ぎ履きもしやすく、気取らないスニーカーとしてお使いいただけます。
また、アッパーはスエードなので、プライスほどチープではありません。むしろルックスとしてはクールと言えるでしょう。
クールでウォーム、混乱をまねきそうですが、分かりにくいもの好きにもたまらないはずです。

 

Francesco – Winter Slipon Sneaker
col : Dk.Brown
size : 41 / 42 / 43 / 44
price : 7,900 (+tax)

 

こちら、久しぶりの登場となりますドイツの帽子です。
2年ぶりとなりますが、Kopka というブランド名になっていました。いつから Kopka なのかは不明で、以前、Fuzz では違う名前でご紹介していました。謎系インポートブランドであるため、ブランド名自体はさほど重要ではないと思いますが。。

 

好き勝手システムを採用し、思い思いのフォルムでトライできるウールフェルトの帽子となります。
なんとなく自分の好きなスタイルが生み出せそうな気がして、ついつい手が伸びてしまいます。プロダクトとしてかなり優秀だと思いますので、是非お試しになってみてください。

 

Kopka – Wool Felt Hat
col : Black / Charcoal
price : 6,800 (+tax)

 

こちら恒例 Hihgland Tweeds のラムウールのマフラーです。
メーカーはウールブランケットのミルなので、単純にブランケットをマフラーサイズにしているということで、安価で供給してくれます。

 

ごく一般的なマフラーのサイズで、伝統的なタータンチェック柄でさまざま、というスタイルです。この色目持っていないな、このアウターだけ合う色柄がないんだよな、値段の割にはきちんとしたプレゼントになるな、等々、細かいニーズで気軽にどうぞ。

Highland Tweeds – Wool Muffler
col : various
price : 4,000 (+tax)

 

New Arrivals.

この時期の恒例、巻きもの類をご紹介します。
まずは初登場となりますが、あまり初めてという気もしないイギリスのメリノウールのマフラー。ツイードで名高い MOON社のブランドです。今回はあえて大判サイズを選んでおります。

●Bronte by Moon
1837年創業のイギリスの老舗生地メーカー Abraham Moon 社が展開するブランドです。
毛織物専業として長い歴史を持ち、紡績から染色、織りまでを一貫してイギリス国内にある自社工場でとり行うことができます。

 

単純に、いい感じの色味があったという理由でのセレクトです。
大判、小判と用意があり、小判の方は恒例の Highland Tweeds というブランドで今年も発注していますので、このブランドでは大判サイズということにしました。

大判サイズはマフラーに限らず、膝掛けや女性ならショールのように肩からかけてという使い方もできます。
僕も別のブランドではありますが、ドレスゴードンのチェック柄のこういったウールのブランケットを膝掛けとしてリビングで使っています。この季節になるとソファに掛けておいて、ちょっと寒いなという時や、うたた寝の際など、意外としっかり使います。これが普通の毛布やタオルケットになってしまうと、リビングの景観が崩れますので、やはりタータンチェックのウールブランケットである必要は大いにあると思います。

 

普通にボリューミーなマフラーとしてもいいでしょう。
膝掛けとしては、前述のようにリビングに、またはマイカーの車内用にもいいです。また、サッカーやラグビーなどの冬の屋外スポーツ観戦、その他アウトドア関係に。
レディスは肩からマントのように羽織っていい感じですので、そう、レディへのギフト、あるいは奥さまのご機嫌とりなどにもよろしいのではないでしょうか。

 

Bronte by Moon – Wool Muffer Large
col : Camel / Natural Check / Orange Check / Black Watch
price : 11,000 (+tax)

 

Khata のカシミヤ50、ウール50の薄手大判のストール。ここ数年続けているので、もはや定番アイテムといえるかもしれません。
ナチュラルなやわらかい色合いに加え、とても肌触りがいいです。

 

こちらも男女問わずといった雰囲気。そう、レディへのギフト、あるいは奥さまへの献上物としてもいいかもしれません。

もちろん基本はメンズ用として考えていますので、安心して使ってください。通勤用にしている人もいらっしゃり、普通にクラシックな風情でも合わせられます。キュッと巻くとさほどのボリュームになるわけでもなく、おさまりもいいです。
とろける系のやわらかくて滑らかな肌触りですので、チクチクが苦手な人も気持ちよく使っていただけます。

 

Khata – Cashmere Wool Scarf
col : Taupe / Dk.Brown
price : 13,000 (+tax)