BRENA – String Trouser.

BRENA の新作入荷もスタートです。
オールシーズン対応のコットンパンツが入荷しました。

 

昨季よりスタートしたモデル、String Trouser。めでたくレギュラーモデルとなりました。
イージーパンツ仕様のルーズなテーパードシルエットは、カジュアルで使い勝手が好く、きちんとした素材感であるために、きっちり着ればそれなりにきっちりキマります。
チノパンのくくりで認識していただいて大丈夫だと思います。

 

生地は上質なウエストポイント、通称 “ウェポン”。しっかり詰まった綾織り生地ですが、これがミリタリールーツでの呼び名で、チノ生地の上級のものという認識してください。

 

高密織りで腰とハリ感があり、高密ゆえのほのかな光沢が見られます。コットン素材の上品な生地として認知されていて、ドレス系のトラウザーなどではおなじみです。

 

ベルト仕様でも、ベルトレス仕様でも、どちらでもいけるつくりになっています。

 

鏡越しで恐縮ですが、僕が穿いてみた写真です。
股上はしっかり深く、股まわりはたっぷり、裾に向けてテーパード。上品な生地感で、適度なルーズ感だと思いました。

 

BRENA – String Trouser *West Point
col : Black / Brown
size : 44/ 46/ 48
price : 18,800 (+tax)

 

New Arrivals.

gardens of paradise のリネンシャツが入荷しました。
久しぶりとなります、Gerdener というスタンドカラーモデルです。

 

サボテンマークがアイコンの gardens of paradise は、SOUTIENCOL の別レーベルです。トラッドベースからカジュアルウェアを展開する SOUTIENCOL に対して、ライフスタイルベースでアイテム展開するブランドと言えるでしょうか。SOUTIENCOL より、もう少し肩の力を抜いて着る日常着というイメージです。

 

その gardens of paradise の定番モデルとなるのがこの Gerdener というチビ襟のシャツです。襟は立てて着るためにかなり小さめにしていますので、嫌味な感じにはなりません。その名の通り、ガーデニングの際に着るシャツをイメージしていますが、そういった日常着でもスタイリッシュさは忘れずに、というところかと思います。

 

生地は SOUTIENCOL ではおなじみとなっているカンクリーニの薄手のリネン生地です。細番手の糸による薄地で、非常に上品で、かつ涼しげ。

ブラックリネンはそれだけで何やらつい惹きこまれる魅力があると思います。そこへサボテンの刺繍がいいくらいの存在感で、印象を和らげてくれていると思います。

 

gardens of paradise – Gerdener
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 20,800 (+tax)

 

こちら、似たような感じになりますが、BRENA のブラックリネンのシャツです。

付け襟タイプでプルオーバー、ワークシャツベースでテールがスクエアカットということで、古い古いヴィンテージシャツのような雰囲気もありつつ。

 

シルエットはゆったり型で、肩はドロップせず。
サイドのぐりが大きく、背面がスクエアカットになっていることも大きな特徴で、そのままニュアンスになっています。

 

付け襟というのは、古いシャツでよく見られた仕様で、襟を外すと台襟が残り、そのままバンドカラーに、というものです。二つの襟型が楽しめシャツになっています。

 

生地はフランスのもので、French Clear Linen という薄手リネン生地となります。カンクリーニ同様細い糸でやや甘めの織りとなっており、繊細で上品な雰囲気です。しんなりとした質感でやわらかさがあります。

 

BRENA – Atlier PO
col : Black
size : 39 / 40 / 41
price : 18,800 (+tax)

 

こちらは Universal Works のシャツジャケット、Bakers Overshirt という定番モデルです。
薄手のコットンポプリン生地で、ライトウエイトジャケットとして便利に使っていただけるユーティリティアイテムです。

 

ここでよく触れますが、日本の夏は暑く、室内は寒く、という環境で、これからの時期にこういったシャツと同じくらいのウエイトの一番軽い、薄いジャケットというのは便利がいいです。
電車が混んでいれば暑いし、空いていれば寒い、冷房の効いた屋内でうたた寝するにはTシャツ一枚では心もとない、とか。出がけにバッグにねじ込んでという習慣にしてもいいと思います。

 

今回は Blue Print という色の名前がついていて、いわゆるインクブルーということが言いたいのだと思います。得意の製品染めとなります。

 

カバーオール型で合わせやすく、ポケットが多いのも普段着として魅力的です。どんな格好にもひょいっと羽織れる気軽さがあり、またはくるっとしてバッグに押し込むという気軽さもあり、日々の相棒になってくれるのではないでしょうか。

 

Universal Works – Bakers Overshirt
col : Blue Print
size : XS / S / M
price : 20,000 (+tax)

 

BRENA – STAND.

BRENA の新作ジャケットが入荷しました。
昨春夏に登場して定番モデルとなりました、スタンドカラージャケット、STAND。晩春から初夏にかけてサラッと羽織れるライトウエイトのジャケットです。

 

デザインから佇まいまで、カバーオール的なジャケットと映ると思いますが、身返しのついたテーラードジャケットの手法でつくられたジャケットです。もちろん、芯地が使われてパリっとしているわけではなく、あくまでソフトでカジュアルな着地点ではあります。

 

生地は先行のパンツで使われているコットン80、リネン20の綿麻カルゼです。薄地でしなやかな綾織り生地となり、肌当たり良好、爽やかな生地感です。

 

このラベルが付いている製品は、一人の職人が完成まで縫い上げてつくっているということを表しています。

 

胴まわりは少しゆったり、微妙に肩を落として、というバランス。緊張と緩和と言いますか、テーラードジャケット的なアプローチをしつつも、必ずしもパリっとはしていない、むしろユルッとした感じを持たせているのが BRENA 独特の面白さであり魅力でしょう。
正統派のテーラードジャケットは別の話となりますが、カバーオール系統はこういったニュアンスが多いようです。

 

リネンシャツの上からふんわりと羽織ったり、あるいはカットソーの上からラフに羽織ってもいいでしょう。これからもう少し気温が上がっていけばまもなく出番が来て、梅雨時も重宝するようなウエイト感です。

 

BRENA – STAND
col : Beige / Black
size : 44 / 46 / 48
price : 29,000 (+tax)

 

---------------

 

このような状況ですし、天気も崩れたり寒暖の差もありで、なかなか季節感を感じにくいですね。しかし忘れてはいけないのは、ここからしばらくの間、湿度が上がる前の今時期は、気候としては最高にいい時期です。例年のような楽しみ方はなかなかできないと思いますが、近所の散歩などでいい季節を身体で感じたいものですね。

個人的な話になりますが、この時期になると、ようやく次のシーズンの仕込みが終わり、店頭業務に専念できるような状態になります。すると日々の生活が一段階ほど楽になり、少し余裕ができます。まだ入荷は多く、今度はゴールデンウィークを意識しなくてはなりませんから、商品アップの作業などはまだまだハードではありますが、自宅で発注のためにエクセルを開くということは無くなります。
すると、例年そのタイミングで、ニットや冬のアウターを洗ってしまい込む作業をはじめるのが常で、ああ、今年もやらなくては、というのがまさに今なのです。自分で洗うものとクリーニングに出すものとを分けて、何回かに分けて、洗濯機をまわし、風呂場で手洗いをしたりなど、休みの日にやり始めなくてはなりません。靴磨きなどもそうですが、やってしまえば意外と楽しいのに、やるまでは面倒に感じてなかなか手をつけられないものです。
みなさんもそんな活動をしておられることと思います。ああ忘れていたとゴールデンウィークに気がついて慌てて、というのが恒例という人もいるかもしれませんね。
いずれにしても、いい服は長く着たいし実際着れますから、最低限のケアはしっかりやっておきましょう。自戒を込めて。

 

BRENA – Pants.

BRENA の新作パンツが入荷しています。
真夏まで仕様の薄地のイージーパンツ、2型各2色です。

 

まずはブランド定番の COQ というワイドストレートのモデル。
フレンチワークの隠れ定番とも言えるコックパンツ(料理人の仕事用パンツ)がベースをしてつくられたワークパンツテイストのイージーパンツです。

 

今回使われている生地は綿麻のカルゼ織りというツイル生地です。
コットン80、リネン20、目が詰まった薄地で、しんなりと質感も好いです。
僕が個人的に好きな生地で、リクエストをしたら叶えてくれました。もちろん、ブランドとしての意向と合致したからであることは間違いないですが、悪い意味でなく、小さなブランドさんなので、耳を傾けてくれる姿勢を強く持っておられます。

 

ずどんとまっすぐに太いシルエット。
ウエストはゴムとドローコードのベルトレス仕様、稼動域の確保と耐久性の向上のため、股部分はガゼットのつくりです。

 

好き嫌いがはっきり分かれるワイドストレート。一般的にはアメリカンワーク路線が王道なのかもしれませんが、あえてフレンチワークでいきましょうというのが Fuzz としても共感できるところです。

BRENA – COQ
col : Marine / Black
size : 46 / 48
price : 16,800 (+tax)

 

こちらは今季新設モデルの String Baker。
前述の通り、ワイドストレートの COQ は好き嫌いがはっきり分かれ、どちらかというと玄人好みのパンツであることから、『もう少し楽に合わせられるかたち』 にしたのがこのモデルです。

太めのシルエットではありますが、裾を少々絞って、緩やかにテーパードを利かせています。
こちらもしっかり太いですが、全体のコーディネイトでバランスをとりやすいかと思います。COQ より少々丈感が短く設定され、ちょうどジャストから9分丈くらいの感じになる長さになっています。

 

ウエストはこちらもゴムとコードのベルトレス。ポケットをベイカー方の大きなパッチポケットにして、ルックスでのアクセントにもなっています。

 

シンプルで気が利いていて、生地が好い、そして気軽に穿けるパンツです。

 

BRENA – String Baker
col : Marine / Black
size : 46 / 48
price : 17,800 (+tax)

 

New Arrivals.

Charpentier de Vaisseau の新作、アノラックが入荷してきました。
どこかレトロで愛嬌があり、シャルパンティエらしいアイテムです。

 

生地はコットン60、ポリエステル40、ロクヨンクロスのようなアウトドアのテイストです。ロクヨンクロスはコットン・ナイロンなので、また微妙に違うは違いますが、だいたいそんな雰囲気です。
ポルトガルの生地メーカーのものということで、色味、質感はいい感じです。

 

ハーフジップのスタイルで、フーデッド、ラグランスリーブでボックスシルエット。裏地のない一枚地となります。
いつものメンズワンサイズ展開で、サイジングはだいたい小さめのMサイズといったところでしょうか。ゆったりしているのでサイズを特定するのは難しいですが、袖がさほど長くなので、痩せていても高身長の人には難しいと思います。
と言っても、袖を短めにしているのは狙いなのかもしれませんので、これもはっきり言い切るべきではないかもしれないのですが。。

アノラックというアイテムには、不思議な懐かしさがつきまとい、言葉にできない魅力を感じてしまうものかもしれません。あまり着こなしに頓着していない態で、ザクッとかぶると格好いい気がしてなりません。

 

Charpentier de Vaisseau – Anorak
col : Beige / Dk.Grey
size : 2
price : 19,000 (+tax)

 

Ordinary fits からも新作です。
新型のシャツなのか、シャツジャケットなのか、とにかく Gardener Cardigan と名付けられ、バンドカラーでゆったりシルエットのシャツ的なものとなっています。

 

薄くて軽いコットン生地で、製品染めによる染色のため、また独特の質感になっています。
色落ちしたブラックのイメージで、スミクロのような色合いに、明るいところではややグリーンを感じるような気がします。

 

バックにギャザーが入り、ボリューム感をつけていますので、軽い生地と相まって、ふんわりした感じで着るイメージです。

シャツとして着ても、羽織りのイメージで着ても、というアイテムです。

 

Ordinary fits – Gardener Cardigan
col : Black
size : 1 / 2 / 3
price : 18,000 (+tax)

 

BRENA からは先日ご紹介した RAF というモデルの別生地ver. が届いています。
“French Pin Ox” という生地で、このフレンチブルー。ヨーロッパの薫りが好きな人には響いてしまうシャツだと思います。

 

少々光沢のあるピンオックスの生地となります。ロイヤルオックスはしんなりした生地感ですが、ピンオックスはハリ感があり、目が詰まっていることが特徴です。普通のオックスフォードよりも細い糸を使うので、カジュアルなオックスよりも上品な見え方がします。

 

また、このモデルの特徴は、付け襟仕様で2通りの襟型を楽しめることです。
レギュラーカラーとバンドカラー、ボタンで襟の付け外しができますので、気分によって使い分けができます。

 

しばらくは何を着ようかと悩む日々が続く季節かと思います。となると何を買ったらいいか分からない、となりそうですが、男は迷ったらシャツでしょう。

 

BRENA – RAF *French Pin Ox
col : French Blue
size : 39/ 40 / 41
price : 16,800 (+tax)

 

●おしらせ

姉妹店 Belle のお知らせとなりますが、もう一度告知させてください。

今週の土曜日、28日に Belle in FENEST でワンデイ・ショップを開催します。新作入荷が続き、商品も増えてきましたので、かなり見ごたえのある感じになるかと思います。
今のところは運営上の問題で、希少な機会となりますので、是非この機会をご利用ください。

3月28日(土) 11:00 – 19:00 @FENEST

 

BRENA – Jacket, Shirt, Pants.

BRENA から新作入荷が続きます。
まずはホップサックの正統派テーラードジャケット。

ウールのオーセンティックなホップサップによる、着まわしの利くテーラードジャケットです。
本来はメタルのボタンでしたが、別注扱いで同色系のナットボタンに変更していただきました。これでより着こなしの幅が広くなり、ピシッとキメればキマるし、太いラフなパンツとカジュアルに、という使い方もしやすくなると思います。

 

薄地ではありますが、サマージャケットのような薄さではないので、着れる時期は広いと思います。サラサラで通気性に優れたウールのホップサックは、ジャケットの定番的な素材となります。

 

やや深めの段返り3ボタンに、袖本切羽、フックベント、大身返しに肩にも芯地が入り、パリッとした佇まいです。ですが、ウエストの絞りが緩いため、エレガントというよりはカジュアルなバランス。

裏地の感じなどはアイビーテイストですが、金ボタンのブレザーから少しテンションを落としたことで、いろいろなコーディネイトで使っていただけると思います。
Candidum のジャケットともまた全然違う雰囲気です。少しの違いが全体の違いにつながっているのが分かり、またそれがこのあたりのジャケットの面白いところでしょう。

 

BRENA – DORIOT JKT *Hop Sack
col : Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 32,000 (+tax)

 

シャツは Royal Air Force をモチーフにした珍しい付け襟タイプです。

 

襟のつけ外しができるクラシックな仕様で、レギュラーカラーと外した状態のバンドカラーの2通りの着方ができます。

シルエットは身まわりがかなりゆったりしていて、肩を落とさないふんわりしたかたちです。着丈も長め、サイドのぐりが大きいのがミリタリーを感じさせます。

 

生地は End on End、いわゆる刷毛目(ハケメ)です。薄地でサラサラ、肌当たりの気持ちいい生地で、ドレスシャツの方でよく使われる上品系です。

総じて服好きが好むファブリックかと思いますが、やはりドレスもののクラシックなシャツ地は品があるので、カジュアルで使ってもいいものです。洗いざらしで、こういったシルエットのシャツで使うと、また違った好さが見えてくるのではないかと思います。

 

BRENA – RAF *End on End
col : Lt.Blue
size : 39/ 40 / 41
price : 17,800 (+tax)

 

パンツもかなり季節先取りで薄地ものです。
ダークなブラウンが上品なコットンリネンの軽やかパンツです。

 

ゆったりめのテーパードシルエットで、ウエストはベルトループも備えますが、サイドギャザーにドローコードでベルトレスでも大丈夫です。

 

コットン80、リネン20、シャリっとしたハリ感のある薄手の軽い生地。真夏もいけるようなウエイトです。

 

BRENA – String Trouser
col : Dk.Brown
size : 44/ 46/ 48
price : 19,800 (+tax)