New Arrivals.

BRENA の新作もようやく届きました。
綿麻素材の渋いグレンチェックのイージーパンツです。

 

クラシックなグレンチェック柄で、ブラウン調の色合いがとても渋いです。
例えば、このグレンチェックが嘘だったとして、それが嘘だと事前に分かっていても、僕は発注してしまうでしょう。そういう魅力です。
いや、余計分かりにくいですね、、、
ともかく、この生地の色柄の渋さが一番のポイントになることでしょう。

 

モデルとしては、String Baker というベーカーパンツ型のイージーパンツ。数シーズン前からはじまったブランドの定番型です。
フロントのパッチポケットでベーカーパンツ型となり、シルエットはルーズで緩めのテーパードです。腿まわりに充分な太さがありますが、意外と腰・尻部分はさほどの緩さではなく、太いシルエットではあるものの、腰まわりがすっきりしていることが特徴です。

 

ウエストはゴムとコードでベルトレス。イージーパンツではあるものの、クラシックな風情ですから、ラフなカジュアルスタイルにはならずに、落ち着いた着こなしができることと思います。

 

BRENA / String Baker *French Work Glen Check
col : Brown Check
size : 44 / 46 / 48
price : 23,100 (税込)

 

つづいて Ordinary fits からもイージーパンツの入荷です。
ライトオンスのデニム生地による、その名の通りのイージーなパンツ。勝手の良いパンツとして、Ordinary fits らしい絶妙な加減でつくられています。

 

特筆事項はほとんどありません。イージーパンツの仕様で太めのテーパードシルエットです。
股上がしっかりあって、家でリラックスして座って、立って、寝転んで、という動作にも耐えるようなシルエットです。

足るを知る、という潔さがいいと思います。結局よく使って、結局このくらいシンプルでいいんだ、となることが予想できる気がします。

 

Ordinary fits – Pajama Pants
col : Indigo
size : 1 / 2 / 3
price : 14,000 (税込)

 

GICIPI のカットソー、長袖シャツとカーディガン。
こちら少し前に入荷していましたが、ここで触れておきましょう。

今回は生地もかたちも初登場となる完全な新モデルです。生地はとても雰囲気が好く、かたちはリラックスフィットを取り入れ、これまでの GICIPI の流れからは少し意外な感じのするイマドキな仕上がりになっています。GICIPI の進化は、”ファッション” の方向でした。

 

やや光沢感があって上品な感じのする生地は、GICIPI では珍しい天竺編みです。
面(つら)が上品なのは糸が細いから、それでも透けてしまうような薄地にならないのは強撚の双糸(2本撚り)だから、そして、むしろ厚みがある感じになっているのは、さらに最後にパワフルなタンブラーをかけて、できるだけ詰めているから、というものです。

厚地のカットソーというのは、太番手の糸を使ってゴワゴワになるのが本道ですが、こちらはハイゲージの厚地ということになり、よりきれいめな印象になっています。
がっちりとかなり強くタンブラーをかけているということなので、生地そのものは上品ですが、洗いとタンブラーによって、くたり、アタリが多少出ています。また、洗濯縮みを考慮する必要はまったくありません。

 

クルーネック、長袖、ポケット付き。
胴まわりがルーズで、肩は落ちるシルエットです。インナーとしてだけでなく、単体でいけるロンTというイメージでつくられています。

ブラックはやや抜けていてスミのような感じ、もう1色はややブラウン気味のチャコールといった色味となっています。このあたりの色感度はヨーロッパ的でよろしいです。

 

GCIPI – Crew Neck Long Tee
col : Nero Velato / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 7,480 (税込)

同じ生地、同じ色展開で、Vカーディガン。
カットソー地のカーディガンは、ニットカーディガンとはまた少し違ったノリで使えるので、いくつかあると重宝すると思います。

 

こちらもゆったりシルエットです。カチッと着るような一般的なカーディガンとは違い、ゆったりと、今のカジュアルを反映したバランスとなっています。

 

ルーズであれば、昨今増えてきたルーズなTシャツの上からでも、ばたつき無しで羽織れることでしょう。もちろん、やはりカーディガンですから、シャツと合わせるのが一番ではあります。布帛(織地)のシャツに、ジャージー(編地)のカーディガンというのは、素材の相性も好しです。質感と発色が異なりますから、コーディネイトに奥行や趣が生まれるというものです。

 

GCIPI – Cotton Cardigan
col : Nero Velato / Marrone Velato
size : 3 / 4 / 5
price : 9,680 (税込)

 

**************************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
03-6273-1172
Open 13:00 – 20:00
月曜定休
Family : FENEST Belle

 

New Arrivals.

BRENA の新作ジャケットが入荷しました。
今季新作モデルとなります DEAR はブルゾン型の冬ジャケットです。

 

ドッグイヤー型のカラーを採用したブルゾンジャケットということで、伝統的なスウィングトップブルゾンというルックスではありますが、きっちりと BRENA らしい独自のバランスで仕上げられています。

適度なゆったり感と丸みを与え、現代的なのか古典的なのかよく分からない、それがつまり BRENA らしいバランスです。それは格好良く細身ということでもないし、今っぽいルーズということでもない、という意味で、ちょうど中間くらい、悪い言い方をしてしまうと中途半端ですが、なんとなく味がある感じになるのがこのバランスです。
これは他のジャケットにも共通するポイントですが、支持する人はけっこう多いです。

そして何より目を惹くのがファブリック。
上質なメルトンかと思いきや、実はカシミヤ混のツイード生地です。充分な地厚があり、カシミヤのおかげでソフトで滑らか。野趣溢れるツイードではなく、しっとりと高級感を感じさせてくれるツイード生地となっています。

 

袖の付き方はスプリットラグラン(前身がセットインで後身がラグラン)、きれいに裏地が付いた総裏仕立て、袖口はシャツカフで上品に。
このジャケットも一人の職人が一着全てを縫い上げる丸縫いの方法でつくられています。

シャープな格好よさではなく、渋さと味のある格好よさ、という印象です。元々男っぽいジャケットなのかもしれませんが、質感や色味と相まって、落ち着きと優しさを感じさせてくれるような気がします。

 

BRENA – DEAR
col : Dk.Brown
size : 44 / 46 / 48
price : 39,000 (+tax)

 

Universal Jacket も新作入荷です。
前回同様カバーオールタイプ、Bakers Chore Jacket というモデルとなります。いちばんの定番 Bakers Jacket とほとんど同じかたち、デザインです。

 

大元はワークジャケットをルーツにするのかもしれませんが、しっかりファッショナブルに仕上げたモデルです。ワークジャケット的な気安さに適度なファッション性、スマートさを加えたような感じでしょうか。

生地はポルトガルのウール織物のメーカー Burel のメルトンです。腰のある中厚地で、厚すぎず、でもしっかり感のある冬向け生地です。裏無しの一重(ひとえ)のつくりとなっています。

 

スラリと上品に着こなせるカバーオール型ジャケットは、意外と僕が見わたしている日本のブランドのプロダクトでは少ないです。格好よく着こなせて、でもラペルドのジャケットよりカジュアルな雰囲気になりますので、実際着やすく、使いやすいのではないかと思います。

 

Universal Works – Bakers Chore Jacket *Burel Wool
col : Black
size : S / M / L
price : 38,000 (+tax)

 

冬物入荷もはじまって、いよいよお店としては一年を通じて最も商品が充実する時期になってきました。秋冬のトップシーズン、みなさんの元気な物色を期待しています!

 

New Arrivals.

BRENA の新作です。
昨年も展開がありました、ミリタリーのパーカコート(モッズコート)タイプの “MODS” が仕様変更をして登場です。今季はバックサテンの生地が使われています。

 

ガサッとオーバーに羽織るミリタリー調フーデッドのコートです。
昨年はナイロンタフタでしたが、今季はコットンのバックサテン生地です。これは定番パンツの coq で使われているものと同じなのですが、地厚、ウエイトしっかりの、タフなファブリックとなります。

 

仕様変更というのはシルエットです。着丈を長くして、よりモッズコート的になっています。

ディテールとしては、裏地がついて総二重、フードがボタンで付け外しができて、表側ポケットはフラップが付き、裏側に内ポケット有り、という感じ。とにかく質感としてもずっしりでしっかり、裏付き、内ポケット付きといった細かいところも堅実なつくりとなっていて安心です。

シルエットはボリュームがあるにはありますが、行き過ぎないようなバランスで整えられています。BRENA 的解釈により、本格感と安心感がベストのバランスでミックスされているように思います。

 

独特なニュアンスが自然と出てくるミリタリーパーカですが、だからこそなのか、意外とスタイル層を問わずに広く親しまれています。
実は実用性の高いコートアイテムと言えると思いますので、是非トライしてみてください。

 

BRENA – MODS
col : Olive
size : 44 / 46 / 48
price : 38,000 (+tax)

 

FUJITO からはフリースのジップアップジャケット。
あえてシンプルなデザインで、着る人に多くを委ねているような、不思議な魅力のあるジャケットです。

 

裾がラウンドカットということもあってか、実際に着ると驚くほど軽いということもあってか、感覚としてはシャツジャケットに近いです。非常に軽量で、厚手の、シャツジャケット。ふわっと、さらっと、どんな格好にも羽織ってOKな懐の深さを感じます。

シルエットはややゆったりで、オーバーサイズ気味。さりげなく気を遣ってくれていますので、今の感覚で着やすくもなっています。
アウターとして、ミッドレイヤーとして、いろいろな使い方で楽しんでいただきたいジャケットです。

 

FUJITO – Zip Blouson
col : Brown
size : 1 / 2 / 3
price : 32,000 (+tax)

 

4年ぶり2度目の出場、イギリスの Keela の 定番モデル、Kintyre Jacket です。

完売してそれなりに時間が経ち、特にお客さんから声が挙がったわけではありませんが、相変わらず個人的おすすめアイテムということは変わらず、使命感を持ちましてご用意した次第です。

 

正確にはスコットランドのアウトドアウェアメーカーです。インターナショナルな感じがせずに、警察や軍などにプロダクトを供給し、ファブリックの自社開発などもしている、というローカルな本格派。そういったバックボーンからして好きです。

 

透湿、撥水生地、遮風性高し、の “RAIN LIFE 5000” という生地らしいですが、しっかりした厚みがあります。

襟にフードが内蔵され、ポケットも多く、背中にメッシュの裏地が付き、機能性も素晴らしいです。ファッションアイテムではなく、アウトドアアイテムとなりますので、格好つけていない、素朴さというか無垢な雰囲気があります。リアルな非ファッションアイテムなので当たり前ではありますが、そのニュアンスがどこから来ているかというのが重要で、スコットランドの東側の海岸から来ているというところに、勝手にロマンを感じて、悦に入るというシステムとなっております。

 

“オーバー” のジャケットなので、身幅もアームホールも無造作でゆったりしています。何かのジャケットを着た上からいってしまえるところが魅力です。
シェルが薄地のシャカシャカでなく、厚みのあるしっかりしたものなので、インにどれだけ着るかで広い期間にわたって使っていけますし、実際のアウトドアシーンなど、タフな場面でのアウターとしても頼りになります。

 

4年前、飛ぶように売れた、ということではまったく無かったですが、わたくしを含め、購入者の満足度はかなり高かったのは事実です。
シンプルなアイテムではありますが、実は好き嫌いがはっきりしているアイテムで、全方向型のおすすめではありません。ですが、アンテナが震えた人には是非ともチェックをおすすめしたい、インポートアイテムならではの趣のあるジャケットです。

 

Keela – Kintyre Jacket
col : Black / Navy
size : XS / S / M
price : 21,000 (+tax)

 

BRENA – STAND.

 

BRENA の新作ジャケットが入荷しました。
定番型のスタンドカラージャケット、STAND の今シーズンモデルです。

 

ファブリックは French Giza Moleskin と銘打たれた国産の上質モールスキン。キメの細かい起毛があり、スエードレザーのような高級感のある生地面です。適度な腰と厚みがあり、どっしりとしっかりしたファブリックとなっています。

カバーオールのスタイルですが、テーラードジャケットの方法論で立体感をもって仕立てられ、堅さと柔らかさが同居するBRENA ならではのバランス感となっています。
全体にややゆったりした設定となっているのも BRENA 独特のサイズバランスです。適度なきっちり感があり、また適度に抜けた感じもあり、独特のニュアンスをもって羽織っていただけます。

 

きちんとした上質のモールスキンがまずとても魅力的です。ほんのりと起毛からくる光沢があり、光の量や角度によって色合いが違って見えたりもします。
シンプルなデザインながらも、ワークとミリタリー、そしてテーラードを融合したような複雑さが奥深さを感じさせてくれ、カジュアルなカバーオールというアイテムを一段上に押し上げているように感じます。どことなく静かな佇まい、いい雰囲気ですね。

 

BRENA – STAND *Moleskin
col : Black
size : 44 / 46 / 48
price : 39,000 (+tax)

 

BRENA – COQ.

BRENA の定番モデル COQ バックサテンver. が久しぶりに入荷しました。
ズドンとストレートシルエットの太パンツとして、実は Fuzz では唯一の存在です。

 

生地はコットン素材のバックサテン。サテン織り生地の、通常裏側とされる面を使っているのですが、生地面に適度に表情が出るのが特徴で、生地厚としてはしっかりめの中厚地となります。
オールシーズンアイテムとして設定されていますが、生地はウエイト感がありますので、どちらかというと秋冬寄の通年生地と言えます。

 

ウエストはゴム+ドローコード。ベルトループなしのイージーパンツの仕様です。
股部分の縫い合わせ部分が、ガゼットクロッチとかダイヤモンドクロッチなどと呼ばれる別布を入れる仕様になっていて、これは動きやすさと強度を高める仕様となります。

 

まっすぐ太めのシルエットで、足し算的デザインの無いシンプルなパンツです。名前が示す通り、ルーツをフランスのワークパンツにとしている点において、ごくごくシンプルではありながらも、なんとなくの薫りを漂わせることに一役買っています。

同じルーズストレートシルエットのパンツにしても、ミリタリーやアメリカンワークなどとは若干ニュアンスが違うということが、気分的洒落感をほんのりと満たすような気がしています。

 

BRENA – Coq
col : Olive / Charcoal
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

----------

 

世間は4連休ということですが、Fuzz は通常通り月曜日(21日)をそのまま定休日としてお休みさせていただきます。
天気が少し心配ですが、新作チェックのご来店をお待ちしております!

 

BRENA – String Trouser.

BRENA の新作入荷もスタートです。
オールシーズン対応のコットンパンツが入荷しました。

 

昨季よりスタートしたモデル、String Trouser。めでたくレギュラーモデルとなりました。
イージーパンツ仕様のルーズなテーパードシルエットは、カジュアルで使い勝手が好く、きちんとした素材感であるために、きっちり着ればそれなりにきっちりキマります。
チノパンのくくりで認識していただいて大丈夫だと思います。

 

生地は上質なウエストポイント、通称 “ウェポン”。しっかり詰まった綾織り生地ですが、これがミリタリールーツでの呼び名で、チノ生地の上級のものという認識してください。

 

高密織りで腰とハリ感があり、高密ゆえのほのかな光沢が見られます。コットン素材の上品な生地として認知されていて、ドレス系のトラウザーなどではおなじみです。

 

ベルト仕様でも、ベルトレス仕様でも、どちらでもいけるつくりになっています。

 

鏡越しで恐縮ですが、僕が穿いてみた写真です。
股上はしっかり深く、股まわりはたっぷり、裾に向けてテーパード。上品な生地感で、適度なルーズ感だと思いました。

 

BRENA – String Trouser *West Point
col : Black / Brown
size : 44/ 46/ 48
price : 18,800 (+tax)