BRENA – COQ.

BRENA の定番モデル COQ バックサテンver. が久しぶりに入荷しました。
ズドンとストレートシルエットの太パンツとして、実は Fuzz では唯一の存在です。

 

生地はコットン素材のバックサテン。サテン織り生地の、通常裏側とされる面を使っているのですが、生地面に適度に表情が出るのが特徴で、生地厚としてはしっかりめの中厚地となります。
オールシーズンアイテムとして設定されていますが、生地はウエイト感がありますので、どちらかというと秋冬寄の通年生地と言えます。

 

ウエストはゴム+ドローコード。ベルトループなしのイージーパンツの仕様です。
股部分の縫い合わせ部分が、ガゼットクロッチとかダイヤモンドクロッチなどと呼ばれる別布を入れる仕様になっていて、これは動きやすさと強度を高める仕様となります。

 

まっすぐ太めのシルエットで、足し算的デザインの無いシンプルなパンツです。名前が示す通り、ルーツをフランスのワークパンツにとしている点において、ごくごくシンプルではありながらも、なんとなくの薫りを漂わせることに一役買っています。

同じルーズストレートシルエットのパンツにしても、ミリタリーやアメリカンワークなどとは若干ニュアンスが違うということが、気分的洒落感をほんのりと満たすような気がしています。

 

BRENA – Coq
col : Olive / Charcoal
size : 44 / 46 / 48
price : 15,800 (+tax)

 

----------

 

世間は4連休ということですが、Fuzz は通常通り月曜日(21日)をそのまま定休日としてお休みさせていただきます。
天気が少し心配ですが、新作チェックのご来店をお待ちしております!

 

comm. arch. – Sweat and Pants.

comm. arch. の新作が入荷しました。
秋冬シーズンらしいダークな色合い、柔らかで暖かそうな素材感、今季も素晴らしいです。

 

オーガニックコットンを素材とした、吊り編みの裏毛スウェット。
素材と製法にこだわった極上のスウェットを、今の気分で着れるシルエットで。

 

素材はインドで少量生産されているオーガニックコットン、編み立ては国内で有名な旧式の吊り編み機、要は Filmelange さんを手がけている工場。したがいまして、スウェット生地としては最上級と言える水準で仕立てられた生地となります。

 

生地に余分なテンションをあたえずにやわらかく、ふんわりと仕上げられていて、裏毛のキックバック(押し返し)と相まって、やさしく包まれているような着心地になります。

 

『ニットをルーツとするブランドがつくるスウェット』 という意味で、しっかりと他との違いは見せられているように思います。そもそもスウェットというアイテムは、違いを感じさせることが難しいと思いますが、素材感やシルエット、色合い、そして見た目では分からない着心地、それぞれに対する誠実なこだわりによって、comm. arch. らしいオリジナリティを備えているように思います。

 

comm. arch. – Organic Cotton Pullover
col : Burnt Nut
size : 3 / 4
price : 23,000 (+tax)

 

ここのところ好評がつづく comm. arch. のパンツ。今回はブラックモールスキンで、やはり穿きやすくて使いやすいという、万能感さえ感じる仕上がりとなっています。

 

フレンチワークのジャケットの扱いが長いので、モールスキンというと光沢のあるフレンチ・モールスキンを連想する人も多いと思いますが、こちらは毛足のある、いわゆるブリティッシュ・モールスキンの態です。

インド産超長綿を素材とし、ストレッチ素材を混紡して、ふんわりと。起毛加工にシャーリング加工で毛足を短く揃え、起毛感によるモールスキン独特の光沢をたたえています。
起毛のモールスキンですが、詰まった感じの厚地ということではなく、地厚はさほどでもありません。ですから真冬だけという感覚ではなく、秋冬シーズン通して広く活用できると思います。

 

ずしっとした生地ではなく、穿いてみると意外な軽さに驚きます。もともとゆったりしているうえに、生地にはストレッチが効いていますので、動きやすさはかなりのものとなっています。

 

シルエットはルーズで緩めのテーパード、ブランド定番のバランスです。
実は尻まわりにかなりの余裕をとっていて、ルックスとしてはそこまで太くて緩いという印象ではないのに、穿いている本人はすごく緩いパンツを穿いているような、楽ちんな感覚になります。これが大きな特徴で、そのまま魅力になっているように思います。

今回はややミリタリーテイストのデザインになっており、フロントトップのボタンが2つ、サイドにアジャスターのベルトが備えられています。
バックギャザー(後側にゴム入り)で、サイドのアジャスターと合わせてベルトレスで穿く仕様になっています。

 

生地感が好くて、穿き心地も好くて動きやすい。尖ったようなクセはないですが、でもベーシックという枠に入っているとは言えないでしょう。とにかく、独特の絶妙なバランスをつくりあげていて、他にはない魅力を感じさせてくれます。

 

comm. arch. – Moleskin Bakled Trousers
col : Black Out
size : 2 / 3 / 4
price : 22,000 (+tax)

 

SOUTIENCOL – Shirts.

SOUTIENCOL の新作シャツ。
生産遅れがあり、コートより遅れての入荷となりましたが、今シーズンも無事届きました。インポート生地(イタリアcanclini)による San Francisco 型が2種です。

 

オールシーズンのツイル生地、チェック柄。ヨーロッパらしい色柄で、これはこれでやはり SOUTIENCOL らしい雰囲気です。

シャツ地としては薄からず厚からずの標準的なもので、ツイル織りの分、やわらかです。ジャケットやベスト、カーディガンなど、着合わせでの色づかいが楽しみです。
ここのところの全体的な傾向として、こういった多色で色が充分に使われている印象のものが少なかったので、そういう意味でも新鮮です。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *canclini
col : Red Check / Green Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,800 (+tax)

 

こちらも canclini の生地で、微起毛の秋冬ファブリックです。起毛は細かくて毛足はごく短く、肉厚地でもないので、冬だけの生地という感じではありません。

 

素晴らしいソフトタッチに、こちらは落ち着いた印象のベージュベースのチェック柄。一見地味な印象ですが、しっかりと色数を使っていることで上質であることがうかがい知れます。いいものはしっかりと “凝っている” ということであり、またそれがこれみよがしでなく、さりげないのです。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *canclini
col : Beige Check
size : 1 / 2 / 3
price : 19,000 (+tax)

 

定番のスーピマ綿のオックスフォード、白。毎シーズン入荷する定番品番ですが、次シーズンに久しぶりの見直しが入るそうで、この仕様では最終シーズンになります。

 

SOUTIENCOL – San Francisco *OX
col : White
size : 1 / 2 / 3
price : 16,000 (+tax)

 

-----------

 

SOUTIENCOL のコートが入荷して、一気に秋のムードが高まりました。新作の入荷もようやく本格化してきたので、店頭の商品入れ替えを進めつつ、新作紹介もできるだけ急いで進めていきたいと思います。

夏の終わりはなんとなく寂しいものの、しばらくして朝晩が涼しくなると、今度は秋のワクワクが湧いてきますよね~

 

SOUTIENCOL – Slip On.

今年も入荷しました、SOUTIENCOL のマスターピース、Slip Onコート。
トラディショナルでありながら、しっかり格好いい、そして実用性も高い。ブランドを代表するアイテムとして名高いですが、評判に違わず、しっかり中身の詰まった素晴らしいコートです。

 

今年も早めの生産予定を組んで、秋冬一番の納品が実現しました。秋冬のアウターがいろいろある中で、はじめから大将が登場といった様相です。

今季、変更点はほとんど無く、ライニングの柄くらいです。ファブリック、カラー展開、サイズ展開、ディテール、そしてプライス、昨年とまったく同じです。
カラーは今年もベージュとネイビーの2色展開となります。

 

Fuzz 公式の商品説明となります。

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。

ファブリックはクラシックなOlmetex 社のイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

ファスナー留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。

=================

 

ということで、初見の人もいれば、今年こそ、という人もいらっしゃるでしょう。いずれにしても、在庫のあるうちに、じっくりとご覧になってみてください。

現代ではなかなか難しくなってしまった、”洋服に対して感じる男のロマン” といったものを感じさせてくれる稀有な存在ではないでしょうか。
そして、ロマン重視ゆえに実用を度外視して、しかたなく飾るしかない類いのロマンではあるまいか、という心配は必要ありません。共に過ごし、共にエイジングしていく素晴らしい相棒になってくれるはずです。

 

SOUTIENCOL – Slip On
col : Beige / Dk Navy
size : 42 / 44 / 46 / 48
price : 98,000 (+tax)

 

FUJITO – Fatigue Shirt.

FUJITO の新作が順調に届いています。
今回は初登場モデルとなる Fatigue Shirt のご紹介です。

 

ミリタリーシャツのデザインを採用し、両胸のフラップポケットが印象的な大人のカジュアルシャツといった様相。やはり FUJITO流のバランスでグッド・フィーリングで着られるシャツに仕上げられています。

 

ミリタリーのデザインは、どことなく無骨なイメージを彷彿とさせますが、その分かしこまらずに適度にラフな印象になるのが魅力です。
FUJITO では、ミリタリー感を上手に残しつつ、また同時に上手に離れるべく、柔らかな印象のファブリックをチョイスしています。

 

シルエットの緩さが絶妙で、ある程度オーバーサイズ感を持って着ていただく設定です。個々人のフィーリングとして、このサイジングがちょうど好いと感じる人も多いのではないかと思います。
自然な緩さ、大人の余裕、といった印象です。

 

生地はソフトなタッチの起毛生地、コットンフランネルです。秋冬の定番素材となりますが、寒くなったら肌触りの柔らかさと暖かさが心地好く感じられるはず。
合わせやすい単色チャコールと、ウォーミーな雰囲気のオリーブベースのチェック柄、2色の展開となります。

 

FUJITO – Fatigue Shirt
col : Charcoal / Olive Check
size : 1 / 2
price : 24,000 (+tax)