FLAMAND.

FLAMAND の新作カットソーが入荷しました。
秋のカットソーとして、2型で各3色、ご用意しました。

 

七分袖、ボートネック。
わずかに肩が落ち、わずかにルーズ、というバランスで、個人的にはこのくらいが現段階での 『ちょうどいい感じ』 のサイズ感なのかなと思っています。

 

特徴的な襟ぐりに、サイドに小さなスリットが入り、シンプルに着て単調にならず。しっかりとニュアンスを感じさせてくれます。

 

そして、着心地の好さと色味の感覚、ここは間違いありません。

 

FLAMAND – Boat
col : Black / Smoke / Oil Khaki
size : 2 / 3 / 4
price : 7,500 (+tax)

 

長袖のモデルは昨年と同じモデルのハイネック。
これまた微妙なサイズ感で仕上げられており、低めのハイネックやリブづかいと相まって独特のバランスとなっています。

 

はっきりと肩は落ちて、身まわりはややルーズです。着た時のシルエットは大げさなルーズにはならずに、多少緩いかなというくらい。
長袖のカットソーというアイテムは、着たいと思う時期はあるものの、なかなか単調さの壁を越えるが難しかったりしますが、こういったちょっとした変化があると、俄然一枚でも着れる感じになると思います。

 

FLAMAND – High Neck Long Slv.
col : Black / Smoke / Oil Khaki
size : 2 / 3 / 4
price : 8,500 (+tax)

 

NOVESTA – Star Master.

スロバキアのシューズブランド、NOVESTA のキャンバススニーカーが入荷しました。
この秋冬は数シーズン継続した Marathon ではなく、ブランド定番のローカットのキャンバスシューズをセレクトしました。

 

カラーはベージュ系の Platan、ホワイトソールの Black の2色です。
どちらかというとアイテムそのものが地味ですので、コーディネイトで使いやすいと思われる現実的なカラーを選びました。

 

フランスの spring court と比べると、ちょっと地味で、より素朴な感じに映るのは気のせいでしょうか。ミリタリーのスニーカーをつくっていたメーカーであることも起因してか、無骨な感じもします。

 

底付けはバルカナイズド製法。アッパーとソールを直接ゴムで接着するので、ソールの返りが柔らかく、頑丈であることが特徴です。ゴムとキャンバスの縁(へり)の部分に滲みがあるのはこの製法ならではでもあり、やや処理が甘いことも否めずではありますが、そこに愛嬌と素朴さを感じることもまた事実であります。

 

昔の spring court に通ずるようなアウトソールのボリューム感が特徴でしょう。今では他にないNOVESTA ならではのバランスになっているのではないかと思います。

 

それぞれ白の替え紐が付きます。同色のシューレースでは秋冬スタイルにも馴染みやすい落ち着きが得られ、白に替えればたちまちキャンバスシューズならではの軽快さが出せることでしょう。

 

NOVESTA – Star Master
col : Platan / Black
size : 41 / 42 / 43
price : 9,250 (+tax)

 

TUFFA – CARLOW.

2年連続2回目の出場、イギリスの TUFFA のレザークロッグです。

コンフォート・クロッグとでも言ったらいいでしょうか、クラシックなレザーのクロッグに実用的なラバー製アウトソールを装着した乗馬関係者用につくられたアイテムとなります。

● TUFFA
1997年イギリス・ノーフォークにおいて Michelle Girling が創業。主なユーザーは、ジョッキー、調教師、獣医などの乗馬関係者です。
独自のデザインで着脱しやすい仕様であり、 プロフェッショナルな道具として愛用されています。

 

昨年の同じ時期、謎のブランド枠で予選を勝ち抜いた TUFFA ですが、本戦でなかなかの好評を博し、めでたく連続出場と相成りました。
昨年はブラウンでしたが、今年はブラックを選んでおります。

 

作業用の、いわゆるリアルなワークシューズとしてつくられたプロダクトです。ですから、これそのものがお洒落でしょう、ということではなく、道具としてのアイテムであることが、ひとつポイントでしょう。

ヨーロッパのクラシックなスタイルのサンダルであり、履きやすさ、頑丈さがあります。
これをファッション的にどう使うか? それとも道具として特定のシーンで活用しようか? などは個々人に委ねられている次第であります。

 

かかとをフックできる仕様になっていて、そうするとホールド感はかなりのものです。アウトソールはクッションとグリップが利き、インソールはレザーの仕様で通気と湿気にも強いと。

道具であるだけに、まずスペックがいいです。あとはスタイルとして使えるかどうか、というところで、『面白く使えそう!』 とイメージできるなら、それはもう強くおすすめしたいです。

 

TUFFA – CARLOW
col : Black
size : 40 / 41 / 42 / 43
price : 21,000 (+tax)

 

ちょうど丸一年使いました。
思えば一年前のこの時期、今の店舗に移転するための準備を始めたのですが、さまざまな作業、活動を余儀なくされるなか、僕は相棒にこの靴を選んだのでした。
そこからすっかり気が合い、オン・オフを問わずにへヴィーな付き合いになっていきました。

夏には素足やシューズインのソックスを履き、冬には厚手のウールソックスなどを履き、年間を通してよく履いたなという実感があります。
これから移転を予定している人には特におすすめですが、移転しない人も是非お手に取ってみてください!

 

MAC IN A SAC – Packaway Jacket.

新登場となります、イギリスの MAC IN A SAC のレインジャケットをご紹介します。

パッカブル仕様でオールマイティに使えるすぐれもの。案外シーズン性のない、ギア的要素の強いアイテムかと思いますが、着てみるとなかなか格好いいです。

 

● MAC IN SAC
1987年創業、イギリスは北アイルランド、ベルファストを拠点とするアウトドアウェアメーカー Target Dry 社が運営するブランドです。
ブランドのコンセプトは収納可能なレインウェアの展開です。

 

ヨーロッパではちょくちょく見かけるのですが、いわゆる昔ながらの薄手一枚地のレインウェアの類い。今でもいろいろなメーカーがあります。
素材はポリエステルですが、昔はナイロンのものが多く、『ナイロンジャケット』 という呼び名の方がしっくりくるかもしれません。スポーツルーツではなくアウトドアルーツのものがほとんどで、その素材感からシャカシャカとかシャカジャンとか呼ぶ人もいるかと思います。

 

Fuzz でもいろいろなメーカーのものを扱ってきた歴史がありますが、今回はこれにしました。
しっかりした仕様で内容も良し、プライスも良し。昔と違ってファブリックの機能性が高まっていますので、実用面でも満足度が高いと思います。

 

撥水・透湿のポリエステル素材の生地、襟にフードが収納、腋の下と背中のベンチレーション、フードと裾のゴムのドローコード、裏面のシームテープ、といった仕様で、なかなかしっかりしたスペックです。

このようなスペックもさることながら、ウエストがわずかに絞られ、アームもすっきりしており、スタイリッシュなフォルムも高評価です。
マジマジなレインウェアであると肩まわりや身幅がかなりゆったりとられているところですが、100%リアルなレインウェアではなく、ファッション性を考慮していることがうかがえます。

パックしてバッグにしのばせることができ、がっちり街着としても使っていけるはずです。雨用、アウトドア用、ストリート用、、シーンレスでいろいろ活躍できるのではないでしょうか。

 

MAC IN A SAC – Packaway Jacket
col : Khaki / Black
size : XS / S / M
price : 8,800 (+tax)

 

New Arrivals.

FUJITO の新シーズンもスタートしました。
今季の最初の入荷は、定番のワイドスラックス。Fuzz でもすでに数シーズン続けて展開していますので、おなじみになってきたかと思います。
今回もマイナーチェンジは無く、生地も同じです。色展開と、(残念ながら)若干プライスを変えての登場です。

 

アイテム説明は、前回入荷時のものを引用します。

================

ちょうどいい太いパンツ、やりやすい太いパンツ、店頭でもさまざまな意見をいただきつつ、しっかり評価が定まってきた感があります。
普段細いパンツをメインに穿いている層からも評価が高く、そういう状況を踏まえれば、『ワイドシルエットの一つのスタンダードになりうるのではないか?』 というところまで言えるような気さえします。

インプリーツのワンタックにやや短丈の裾 5 cm ダブル、スナップボタンのボタンフライはミリタリールーツか。ファブリックは中厚地でウエイトしっかりめのコットンサージ、強めの洗いをかけて部分的な小さなアタリも見られます。

―― というのがアイテムのディテールで、総合的には、適度にパリッとしていて、でも堅苦しくなく、という着地点になっており、気軽に気持ちよく着合わせができる雰囲気です。

================

男っぽい無骨さと、太いのにエレガントなシルエットが同居するという、いろいろな要素がミックスしたブランドである FUJITO だから生まれた傑作でしょう。

 

FUJITO – Wide Slacks
col : Beige / Navy
size : 30 / 32 / 34
price : 21,000 (+tax)

 

そして SOUTIENCOL からも定番アイテムの入荷です。
San Francisco のスーピマ綿オックス、白。季節の変わり目に、間違いない定番を。

SOUTIENCOL – San Francisco *Ox
col : White
size : 1 / 2 / 3
size : 15,000 (+tax)