SOUTIENCOL – Ivy League.

SOUTIENCOL の大定番シャツ、オックスの IVY LEAGUE が入荷しました。
意外と、久しぶりの入荷です。

 

もはやけっこうな種類となったシャツのモデルですが、デザイナー三浦氏本人が一番気に入っているのがこの IVY LEAGUE 型となり、長年継続展開しています。
つい数シーズン前には、昨今のサイジング感覚を考慮して、このアイビーリーグ型をほんのわずかに大きくした Re IVY LEAGUE というモデルを新しくつくりましたが、今回のこのモデルは Re ではない方の原型です。

 

Outline
ブランド定番のボタンダウンシャツ。
均整のとれたボタンダウンカラーにジャストサイジングのスタンダードフィット。
スーピマコットンのオックスフォード織り、国産生地となります。
ごわつきのない滑らかなオックス生地は、快適な着心地です。洗いざらしでラフな着こなしから、きちんと感のあるスマートな着こなしまで幅広くこなします。

 

ジャストサイジング、ジャストフィットのシルエットとサイジングで、肩が少し小さめであることが特徴です。
ボタンダウンカラーはジャケットと合わせた時にしっかりと映え、かつノージャケットでカジュアルに着た時にも緊張感が出過ぎないよう仕立てています。具体的には、襟の高さ、襟先の広さを細心の注意を払ってバランスを取っているということです。

対してここのところ少しリリースの減ったサンフランシスコ型は、アイビーリーグより襟が高く、少し襟のロールが強調されていて、つまりジャケットを羽織った時により映えるシャツとしてつくられています。ボディもごくわずかの差ではありますが、肩が大きく、ウエストのシェイプを強くして、多少、押し出しの強さを持たせています。

 

定番モデルとして継続展開されている都合上、ブランドラベルが2種類混在しています。こちら製品としては同じものとなります。

 

ジャストサイジングの白シャツの定番としておすすめです。
フォーマルでないけれどスマートなジャケットスタイルや、オックスならではの洗いざらしの白シャツで軍パンやワークパンツと合わせたカジュアルなスタイルなど、活躍の場は多いかと思います。

 

SOUTIENCOL – Ivy League *Supima Ox
col : Off White
size : 1 / 2 / 3
price : 19,580 in tax

 

----------

 

今日あたりも2月とは思えない気候でしたが、来週はまた冷え込みが復活するようで、三寒四温がジェットコースターのようですね。
ですがやっぱり、上がったり下がったりしながらも、全体的には例年より春が早いのだろうなという気がしてしまいます。
エルニーニョがもうすぐ終わるとか、終わった後の方がさらに気温が上がるとか、はっきりしないことがいろいろ言われていますが、今年の春夏の気候はいかに。
昨年のように暑過ぎるのは勘弁ですが、雨の多い冷夏という方が、僕は嫌だなと思います。

そらそら、ムダ話をしている場合じゃない、今日が締切の展示会発注を済まさねば。
みなさんも少なくない人が年度末の繁忙期に入っていくと思いますが、体調管理には充分お気をつけ下さい。

明日は定休日。
わたくしは Fuzz商品開発部の在宅ワークでござる。

 

*********************

■2月の営業時間
平日(火-金) 14:00 – 21:00
土曜        13:00 – 21:00
日/祝日      13:00 – 20:00
月曜定休

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
2月19日(月) 定休日

New Arrivals.

SOUTIENCOL のウールスラックスが入荷しました。
定番モデルの Piped Stem、今シーズンはウールギャバ。

 

Outline
安定感、安心感抜群のブランド定番の大人のベーシック・スラックスです。
クラシックなトラウザーのディテールに、スリムテーパードシルエット。
『パイプドステム(煙突)』 の名の通り、テーパードは最低限となりますが、全体にすっきり感のある細身型のカジュアルトラウザーとなります。
生地は 『ウールミリタリーギャバジン』。軍用の制服などで使用されていたウールギャバジンをイメージしてつくられた、中厚でごわつきのないソフトなウール生地となっています。
裾は未処理(ロックのみ)となっています。

 

カラーは Amber、琥珀色。
琥珀色で PIN と来ない場合には、ブリティッシュ・ミリタリー・ブラウンというのか、キャラメルブラウンというのか、キャメルというのか、そういう感じの表現になると思います。
とてもヨーロッパ的カラーだと思います。

 

すっきりしたフォルムですが、名前の通り、煙突型パンツなので、テーパードはあるものの、最低限です。細身の印象ですが、裾幅としてはそれほど狭くありません、ということは、どちらかというと、尻まわり、腿まわりが細いということになります。

わたくしもウエスト的には2でなんとか入るはずですが、ちょうどよいと感じるのは3で、さほどの余裕を感じませんでした。

 

シンプルなので、いい素材、いいカラーを、というアイテムかと思います。
上品なのでビジネスユースもアリだと思いますし、トラッドな堅さを感じませんので、カジュアルでも格好よく穿きこなしていただけるはずです。

 

SOUTIENCOL – Piped Stem *Wool Military Gabardine
col : Amber
size : 1 / 2 / 3
price : 27,280 in tax

 

もう一品、こちらはイギリスのトラディショナルなアイテム、シェットランドセーター。
ケーブルニットのシャギードッグです。

Outline
シェットランドウールによるミドルゲージのケーブルニットにシャギーを入れて起毛させています。
表面起毛は、アザミの実によって編地表面を掻いて起毛させるというイギリスの伝統的なニットの加工です。
ケーブル編みとシャギーの分、厚み、ボリュームが通常より増していますが、元々軽いシェットランドウールの特性もあり、ふんわりと軽いニットとなっています。
クルーネックに昔から変わらないクラシックなボディは、ノーマルなシルエット。
伝統的なブリティッシュ・ニットは流行り廃りのないトラディショナルなアイテムです。サイズ選びによって好みのフィットやサイジングを決めてください。

 

濃色という影響もあってか、ケーブル柄は判別しにくくなっていますが、遠目で見るとけっこう分かります。

 

カラーは Mole、つまりはモグラ、すなわちスパイ。
モールスキンというのは、モグラの皮、つまりスパイの面の皮。

とても見栄えがよく、コーディネイト的にはけっこう使いやすいかと思います。
それこそモールスキンのフレンチワークのインでもよさそうな気がしますがいかがでしょう。このくらいのニットを着たら、厚手のアウターは冬に入ってもしばらく不要で、遮風性の高いしっかりした生地のアウターがちょうどいいと思います。
この後しばらくは、ニットを着て地の厚くないしっかりめのアウターを羽織るか、あるいは肉厚のアウターを羽織ったら、インにはシャツやハイネック系のカットソーを着るか、という感じになるかと思います。

しかし冬の足音は聞こえますが、今日あたりはずいぶん穏やかで、空も秋の雲でしたねぇ。

 

John Tulloch – Cable Shaggy Crew Neck PO
col : Mole
size : 40 / 42 / 44
price : 26,400 in tax

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
11月27日(月) 定休日

New Arrivals.

SOUTIENCOL の新作コートが入荷しました。
Slip On の横に並ぶ新しい選択肢。やはり SOUTIENCOL のコートは素晴らしいです。

 

Outline
ウトドアテイストを組み入れて、カジュアルユースにウエイトをかけたステンカラーコートです。
ブランドを代表するアイテムであるステンカラーコートを、こだわりの仕様やバランス感はそのままに、生地づかいやちょっとしたディテールワークにアクセントを加え、アウトドア系のトラッドテイストで仕上げました。

ファブリックは “サバイバルクロス” と銘打たれた洗い加工がかけられたベンタイルとなります。ベンタイルはコットン素材でありながら、超高密の打ち込みによる撥水効果があり、透湿撥水機能と天然素材の風合いを兼ね備えたファブリックです。
高密織りの頑丈かつ上品な生地に、洗い加工による波打ちを加えることで生地に表情をつけ、きれいすぎないカジュアルなニュアンスにしています。
フロントのスナップボタンと相まって、フィールド(アウトドア)向けのトラッドなコートといったテイストでまとめています。

ベストバランスのナチュラルショルダーのラグランスリーブ、一枚袖といった SOUTIENCOL ならではのディテールは健在。他に、着脱可能のライナー、チンストラップ、ストームフラップ、袖のアジャスタータブ、ボタン付きで深めのバックスリット、といった細やかなディテールが見られます。

シルエットはスマートでゆるやかなAラインに膝の長さのコート丈。定番モデルの Slip On とはまた少し違ったバランス、違った佇まいです。
しっかりしたつくりでトラッドがベースのコートを、よりカジュアルに使うことを意図したモデルとなります。普段のカジュアルスタイルに自然と溶け込み、しかし凛としたトラッドの芯を感じさせるステンカラーコートです。

 

といことで、『SOUTIENCOL のコートである』 という大きなベースの部分は変わらないとして、生地の感じからシルエットまで、Slip On コートと違ってきます。
秋冬の SOUTIENCOL については、Slip On の注文で予算のほとんどが埋まってしまい、それ以外の大物新作アイテムになかなか手が出せない状態でした。しかし、今季は多少無理してでも取りたい!と思えるこのコートが現れ、たいへんフレッシュな風が吹いたように思います。

 

コートとしてはすっきり型で、Slip On がクラシックなゆったりしたAラインシルエットなのに対し、こちらはスマートなAラインです。全体にゆるっとした感じではなく、丈が膝がしっかりあることも手伝って、スッとスリムな印象になります。

 

『サバイバルクロス』 と名付けられたこの生地も、高密織りの生地ならではの高級感と品の好さが基本的にありながら、表面に波打ちがあり、独特な風合いが感じられて非常に魅力的です。

 

裏地はタッターソール、着脱式の胴部のライナーはファスナーの仕様。これも SOUTIENCOL コートのアイコン的なディテールでしょう。

 

全体のシルエットバランス、生地の雰囲気、そして細かいディテールのアレンジにより、アウトドアのトラッドな風情をたたえます。
これによって、合わせるボトムやシューズの幅、ひいてはコーディネイト全体の幅が広がり、よりカジュアルなテイストのアイテムとの合わせが想像できるかと思います。

 

もちろん、Slip On もカジュアルユースは推奨していますが、どちらかというと、カジュアルでもシティのテイストでしょう。こちらはまた少し路線が違ってくるように思え、いつも気軽に着ているアウトドア系のベストやワークブーツなどとも簡単に合わせられるというような、そんなイメージです。

いかがでしょう、Slip On を迷っている人も多いと思いますが、強力なライバル出現で、悩み直す人も出てくるのではないでしょうか。
いずれにしても、秋から冬、春としっかり長い期間使え、またトラッドをベースにしているがゆえ、流行とは無縁で飽きにくく、どれだけ年齢を重ねても変わらずに使うことができるコートです。
つまり、安心して長年使えるコートである、ということで、こちらも安心しておすすめできるコートとなっております。

 

SOUTIENCOL – Field Soutiencol
col : Beige
size : 2 / 3
price : 121,000 in tax

 

もう一つ、遅れていた GICIPI のカットソーが届きました。
定番生地の定番タートルネック。今季はシルエットに変更があります。

 

 

 

Outline
ブランド定番のリブ編み生地によるタートルネック長袖カットソー。
生地はやわらかく伸縮するコットンフライス生地。襟、袖口、裾は締めつけ感のないリブが備わり、袖口と裾のリブは縫い合わせでないシームレスとなり、ニットのようなつくりとなっています。
シルエットはやや身頃に余裕を持ったスタンダードなものとなります。肌に直接着るインナーとして考えられていますので、着丈は短め、リラックスして着られるよう、肩と胸まわりは緩め、といったバランスです。
やさしい肌触りにやわらかなストレッチでストレスのない着心地。ベーシックアイテムという位置付けのタートルネックのインナーです。

 

インナーウェアとして位置付けられていますので、基本的にコンパクトなつくりでありましたが、今季は横に少し大きくなりました。肩と胸まわりをけっこう大きくして着用感を緩くしています。

また、サイズピッチ(サイズ間の差)も大きくなり、Mが普通とすると、Sはけっこう小さい、Lはけっこう大きい、という感じでサイズのメリハリが強くなりました。

 

襟のリブが小さく見えると思いますが、締めつけ感のない、やわらかいリブになっています。
ボディもやわらかいリブ編み(フライス生地)で、元々アンダーウェアのファクトリーである GICIPI のメインプロダクトと言える生地です。

 

GICIPI – “TIGRE” Rib Turtle Neck LS Tee
col : Bianco / Nero
size : 3 / 4 / 5
price : 8,580 in tax

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
11月6日(月) 定休日

SOUTIENCOL – Slip On.

SOUTIENCOL のマスターピース、Slip On コートが今年も入荷しました。
いよいよ秋本番です!

 

今シーズンのカラー展開は、ベージュとネイビーということになりました。ベージュはここ数年使われてきたベージュの継続、ネイビーはこれまでいくつかの種類が使われてきましたが、最も定番的に使われてきた、濃い、暗いネイビーとなります。

昨年の玉虫カーキがネイビーに差し替わったということで、悲喜こもごもかと思います。
実際に、玉虫カーキを楽しみにしていた人もいらっしゃれば、ネイビーの復活を喜ぶ人もいらっしゃり、また、昨年ベージュとカーキを大迷いした人にとっては、ベージュの1択ができて助かったということもあるでしょう。
まあとにかく、いずれにしても間違いない2カラーとなっております。

 

恒例の Fuzz 公式の説明文です。

============

SOUTIENCOL のマスターピースと呼ばれ長年展開されているステンカラーコート “Slip On”。

ファブリックはクラシックなOlmetex 社のイタリア製バーバリークロス(コットンギャバジン)。 しっかり目が詰まり、滑らかで強靭な生地となります。

Slip On が評価される大きなポイントでもあるラグランスリーブのナチュラルショルダーは、肩から袖にかけて自然な曲線を描き、肩の大きい、小さいを問わずに美しく見せます。ジャケットの上からのオーバーコートとして定義されていますので、アームホールは相応の大きさがございますが、この肩まわりの秀逸なパターンニングによって、ばたつかず、ジャケットを着ても、着ていない状態でも、美しいシルエットをつくり出してくれます。
スリーブは一枚袖のつくりで、これもこだわりのディテールとなりますが、シームを最低限にすることでより美しく見せるためのものです。

ファスナー留めのデタッチャブルのライナー、袖口のベルトの仕様、クラシックなAラインシルエット、などなど、すべてがクラシックな仕様でつくられており、流行に左右されずに、時代の変化にも揺るがない内容となっており、 20年前からパターンやディテールを変えずにつくりつづけられていることがこれを証明しています。

確かな品質、トラディショナルなディテール、そしてSOUTIENCOL の真骨頂でもあるベストバランスなシルエットと3拍子揃い、間違いなく長く愛用していただけるコートであると言えます。

=================

細かな仕様変更などは今年もありませんが、サイズ表記とライナーの柄が変わっています。
昨年、1、2、3、4、という表記でしたが、分かりにくいという声があったのか、もとに戻りました。
44、46、48、の3サイズ展開となります。

 

袖のベルトのアジャスターにフラップポケット。

 

今年のライナーの柄は、ブラックウォッチ。
やりました、間違いないですね。

 

ライナーは胴部のみのタイプで、ファスナーによる着脱仕様です。

 

内ポケット。

 

バックのアンブレラヨーク。

 

ボタン付きのスリット。

 

しっかりした襟腰が付いているのが大きな特徴です。襟に高さと立体感が出ることで、トラッドな風情が滲みます。

 

シルエットはややゆったりのAライン。タイトではなく、あえてルーズにしたというものでもなく、クラシックなフィットです。

 

おそらく、このシルエットは本当のクラシックと呼んでいいものだと思います。誰にとっても細すぎず、緩すぎず、着た人のほとんどがこれはスタンダードなフィット感だと感じられるという。
これは太宰治を読んで、読んだ人のほとんどが 『これは俺のことだ』 と思うのと同じで、古典と呼べるかどうかのものさしになるものだと思います。

シルエットをまったく変えることなく、タイトでなければ悪であるという時代を生き抜き、ルーズ全盛の時代も生き抜いてきたわけですから、トレンドとは一線を画して、安心して長く着られるという感覚が持てる、やはりこれは大きいと思います。

 

SOUTIENCOL – Slip On
col : Beige / Navy
size : 44 / 46 / 48
price : 129,800 (税込)

 


 

最後に、昨年にデザイナーの三浦さんが Slip On について語った文章を再掲しておきます。昨年も載せているので、覚えている人もおられると思います。読んでいない人は是非。

 

『Slip On コートについて』 by 三浦俊彦

素材も型紙もサイズも中の芯地に至るまで、25年前から何ら変わっていない。デザインした当初はベーシックなステンカラーコートの拘りノウハウをこの新型に落とし込んだ。「男のコート姿は後姿に色気がある」が持論で、特に裾が歩くたびに揺れることに粋を感じる。この部分の芯地が重要で理想の芯地を使っている。コートの襟の型紙は外回りのバランスが重要で、地衿は 1mm 控えてある。地衿芯は以前は、エラス芯といってテーラードと同じホルマリンで加工されたジュート麻をバイアスにカットして使っていたが、現在このエラス芯が劇薬指定で使えなくなり、似かよりになった。

コートづくりのノウハウはデザイナーになる以前、生産の経験によるところが大きい。もちろんAラインのシルエットと絶妙な着丈のバランスがこのコートの真骨頂。コートは他のアイテムと違い、打ち合わせが深くボタンが奥に付いている。台衿付きなので第一ボタンにかけて微妙にカーブしている。これは服の基本を熟知している証拠。
雨ブタのフラップ(ガンパッチではない)や雲型フラップ、背のヨークなどは古い英国のトレンチコートのデザイン。1枚袖ラグランはナチュラルショルダーを標榜するデザイナー三浦の拘りでもあり、研究され尽くしている。

素材はイタリアのコート素材の老舗 Olmetex社のバーバリーに拘り、同じクオリティを当初から使い続けている。使うほどに風合いも良くなり経年変化を楽しめる素材です。この会社は環境にも関心が深く、数年前には撥水加工の溶剤を環境負荷の高かったデュポン社製を止めて他社に切り替えました。撥水効果の劣化は少なく、少々の雨でもはじき快適です。
昔はレインコートの老舗B社も使っていましたが、今が高価で使えません。これだけ打ち込みのいいバーバリーは Olmetex社だけ。
数年前、このOlmetex社と三浦のコラボした素材がパリのプルミエール・ヴィジョンで発表されたことがある。長年築き上げられた信頼関係もあり、バーバリーの別注色でオリーブやラズベリーレッドをオリジナルでつくって好評だった。

縫製工場は、元々B社のバーバリーのコートを縫っていた工場で、近年最高のコートが仕上がった。工場泣かせの目の詰まったバーバリーで縫いづらく、ライナー付きでパーツも多く嫌がられる要素いっぱい。年々国内の縫製も難しくなる中、貴重な工場でマスターピースはつくり続けています。

 

*********************
Fuzz
東京都新宿区新宿1-7-3
三栄ビル4F
13:00–21:00 (平日・土) / 13:00–20:00 (日・祝)
月曜定休

Real Shop
Online Shop
Instagram

----------
10月30日(月) 定休日